みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2016年8月31日 水曜日

 

ある女の子が

1枚の絵を持ってきて…..

DSC09032_R

「〇〇かいた」

頭の中でそのものを思い浮かべながら描いたものでしょうか

それとも偶然この形になったのでしょうか

目、鼻、口のようにも見えますね

子ども達は自分を表現するために描いたりつくったりします

偶然を利用した絵のほうがはるかに広く可能性を秘めているといわれています

これからも自由な発想を大切にしていきたい思います

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月30日 火曜日

ブリティッシュとトウモロコシ

皮むきを見て、興味を示した

ルーブルのお友達

 

IMG_4023_R

トウモロコシに触れ、感触を楽しみ

意欲を持って食に関わる体験をしました。

 

IMG_4024_R IMG_4021_R

最近は、友だちや周囲の人への興味や関心が高まってきたので、

子どもたちのやってみたい、見てみたい、触ってみたいという

好奇心や探究心を大切にしていきたいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月29日 月曜日

こどもの知的好奇心は

常にあるわけではありません。

 

学ぶ意欲に満ち溢れているときもあれば

気乗りしないときもあります。

赤ちゃんがどんな時に

知識を得ようとしてるのか?という

明確な研究結果は、まだありません。

 

ですので

知りたがっているという気持ちを

発見して伸ばしてあげることを大切にしています。

IMG_5423_R

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールで

太陽の暖かさを感じていると

動くものが・・・・

 

興味を示したので

保育士が手で鳥を作ってみる。

IMG_5426_R

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

その鳥に

反応して触っていました。

動くもの形あるものへの反応

これはなんだろうという好奇心。

 

「触りなさい」

ではなく

触りたくなる 動きたくなる わくわくする

といった

環境をもっともっと

つくりだしたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月25日 木曜日

 

朝、保育園に来ると飼っていた

オタマジャクシが亡くなっていました。

 

お集まりで

命の大切さを話したり

問いかけると

真剣に話を聴いていました。

 

・・・・・

その後 園庭遊びで

DSC06072_R

ダンゴムシの

お墓を作っていました。

 

DSC06070_R

「天国に行きますように。」と、

願う姿。

 

生命の大切さ、

今を生きていることのありがたみを感じることは

簡単ではありませんが、繰り返し考えていきたいものです。

 

子どもだけでなく、

大人も

今日を生きられることに

感謝していきたいですね!

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月24日 水曜日

DSC08826_R_R

体全体を使ってえのぐ遊び

をしました。

DSC08790_R_R

DSC08813_R_R DSC08776_R_R

DSC08800_R_R

DSC08804_R_R DSC08787_R_R

これは好き これは嫌い

これは出来る これはできない

これは得意 これは苦手

えのぐ遊びを通してで新たな気づきにもなります。

多様な経験が積み重なる事により、

豊かな感性とともに好奇心、

探究心や思考力が養われます。

これからも、日々の経験や体験を大切にしていきたいと思います。

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月23日 火曜日

暑い日が続く毎日

水遊びは大人気

水遊びの玩具といえば、

バケツやジョウロ、水鉄砲などが浮かんできます。

が、

日常の環境と一緒で

違う玩具も選べるようにしてみました。

この日は、氷や貝殻、ビーズ、

ペットボトルなどを出して遊びました。

中には初めて見るものもあり、大喜びでした。

IMG_4032_R  IMG_4028_R

水遊び ゆうま_R  IMG_4026_R

子どもは、遊ぶことによって

満足感や充実感を得ていきます。

子どもの感性を揺さぶり、目を輝かせて遊んでみたくなる

環境構成を、

今後も行っていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月22日 月曜日

プラドの部屋にNewゾーン。

月年齢や発達段階の違いから

一人ひとりが

安心して

ゆったりと過ごすための

環境を新しく作りました。

  IMG_5711_RIMG_5738_R

IMG_5715_RIMG_5708_R

 

 

これからも子どもの目線になって考え

子どもの様々な発達段階や成長に合わせて

一人ひとりが

伸び伸びと生活できるような環境にしていきたいです。

IMG_5742_R 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月20日 土曜日

2階は吹き抜けになっているため、

廊下が二手に分かれています。

子どもたちは、透明のクリア版から

反対側の友達に会話をしている姿を

よく見かけます。

 

DSC06384_R

そこで、向こう側と会話が出来る

臨時“糸でんわ”を作ってみました。

DSC06388_R

 

DSC06391_R

紙コップから、声が聞こえる・・・

なぜ?どうして?

DSC06385_R

 

現代、携帯電話が普及し、

顔を見なくても会話が出来る時代。

糸電話なら、

相手の顔を見ることができます。

笑っているのかな…

怒っているのかな…

そんな表情も間近で見えます。

 

 

「言葉」

経験したことや考えたことなどを

自分なりの言葉で表現し、相手の

話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、

言葉に対する感覚や

言葉で表現する力を養う。

保育所保育指針より

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月19日 金曜日

 

 

「お手伝いしてくれる人?」

と聞くと、

DSC06040_R

「はーい!」と元気に

答えてくれる年長さん。

窓拭きやお布団敷き、

積極的にやってくれます。

図1_R 図2_R

積極性もたいせつですが同時に

自主性も伸ばしていきたいですね。

 

DSC05291_RDSC05295_R

給食の配膳も自分の役割として

丁寧に行っています。

 

 

そんな年長さんに憧れて、

ぼくもしたい!わたしもしたいと言う

姿もちらほら。

 

 

お手伝いをする中で、

自分の役割ができ”

人の役に立っている”という

貢献という体験は、

とても大きな自信になります。

そしてその自身は、自尊心を育て、

人のために何かしようと考えるようになります。

DSC06042_R

 

大人がやったほうが早かったり、

やり直しをしなければいけなかったりする

場合が多いものですが、

決して失敗を叱らずに、

”役に立ちたい”という子どもの気持ちを

大切にしていきたいと思っています。

 

見守る。

そして適度な援助と声のかけかた。

DSC05571_R

 

ちらかったスリッパ

もちろん一人ひとりが

整理整頓することが大切ですが

全員が

出来ないこともあります。

 

そんなとき優しく気付いてくれる人に

ありがとうを!!

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年8月18日 木曜日

DSC05906_RDSC05749_R

DSC05818_RDSC05815_R

絵の具が落ちる

渦ができる

ボールが転がる

「なぜ?」「どうして?」

不思議に引きつけられる子どもたち、

子どもの好奇心や探究心を

知識として伝えることも

大切な保育です 。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について