みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2016年10月31日 月曜日

ある日の園庭にて。

年少さんに

「今日はなにしたい?」と問いかけると、

「つなひき!」

との答えが・・・・

 

早速綱引きスタート!

dsc07496_r

その様子を見ていた年長さんが

勝負を挑んできました。

dsc07495_r

よいしょ、よいしょ!!

dsc07500_rdsc07499_r

結果は・・・年長さんの全勝!やっぱりすごい!

 

年少さん、

勝負には負けてしまったけど、みんな笑顔で、

「また遊ぼう!!」と満足そう。

他人の力を認めることも

大切な力のひとつですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月31日 月曜日

成長・発達には個人差があります。

しかし

歩いて

ハイハイで

好きな所、行きたい所に

自分の力で行くことはみんな大好きです。

最近、子どもと一緒にハイハイをして部屋を移動してみると。

驚きの運動量でした。

img_4863_rimg_4876_r

這えば立て、立てば歩めの親心といいますが、ちょっと待ってください。

ハイハイは

両手で体を支えるので、腕の力がつき、バランス感覚や反射神経も身に付き

足腰も鍛えられます。

また、全身運動なので脳が刺激され言語能力や集中力まで養うことができます。

ということは、

ハイハイをたくさん経験した子どもは「身体能力」の強い芽が

育っているとゆうことになりますよね。

img_7169_rimg_7172_r

心と身体の両面をサポートすることが大切ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月30日 日曜日

dsc09870_r_r

dsc00116_r_r

低い位置

高い位置

目線が異なると見える世界も変わってきますね

子ども達の目からは何が見えるのでしょうか?

何か新しい発見があったかな?

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月29日 土曜日

園庭にあるジャングラミング。

この前日には雨が降っており、朝になってもまだ少し濡れていました。

すると、それに気づいた年長さんが「ふかなきゃ!」と一言。

dsc07622_r dsc07628_r

すぐにタオルを用意すると。保育士が拭く前に率先してやってくれました。

 

「なぜ拭くの?」と尋ねると、

「ぬれとるけん!!」

「濡れてるままじゃだめなの?」

とさらに質問してみると・・・。

 

「だってこのままだとすべってけがする!あぶないもん!」

dsc07631_r   dsc07625_r

”濡れているから拭く”で終わるのではなく、その先のことを考え、

思いやりを持って行動してくれているのだとわかりました。

 

そしてその行動に対して周りのお友だちから「ありがとう!!」

という言葉が聞こえてきました。

思いやり、優しさの連鎖。

大切にしていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月29日 土曜日

 

おやつでミカンが出たある日

これまでは先生に皮をむいてもらっていましたが

ミカンの皮を自分で剥こうとする姿が・・・

img_4719_r

img_4718_r

大人がした方が早いから

机が汚れるから

を少し忘れてみる

自分で行うという選択を大切にしています。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月27日 木曜日

つかまり立ち!

img_7099_r

音の鳴る玩具を置いてみると

以前までは “取ってー!” と言うように

泣いていましたが

今では自分で玩具を取ろうと手を伸ばしてみます。

img_7103_r

届かない・・・

背伸びをしてみよう!

と考え方も日々成長しています。

届きそうで届かない

手に入れたいけど無理かな?!

そんなときの行動で人は成長すると思いませんか?

今ある力の120パーセントの環境を意識して用意することで

よりよい成長につながっています。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月27日 木曜日

探究心・・・知ることへの欲求、知りたいと思う心

虫探しは探究心を育てるのにわかりやすいですね。

 

dsc07564_r dsc07563_r

dsc07562_r dsc07557_r

dsc07565_r

dsc07560_r dsc07570_r

大人になったらこうやって本気で

何かを見つけることを忘れてしまいがち

知りたい欲求をすぐに行動に移せるようにしたいですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月26日 水曜日

 

朝の出来事

img_4558_r

テラスに出て秋の風を感じながら

遊んでいると、

突然・・・

「ねー見てー」

横を見ると、

組体操?

img_4559_r

凄い体勢になってポーズをとっていました

どこで覚えたのか分からないですが、

何人かで協力して1つの技に!

見て!という瞬間を見ることは

とても大切なことです。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月26日 水曜日

 

同時に二組の玩具の取り合いが始まりました。

dsc00214_rdsc00215_r_r

それを目の当たりにした他の友達は

二組の動向を見ています。

dsc00217_r_r dsc00218_r_r

どうしたんだろう

あっ取り合いをしている

見ているお友達はいろんな事を感じて

自分ができることを考え行動に移します。

dsc00222_r_rdsc00231_r_r

「泣かないよ大丈夫」と声をかける

頭を撫でて慰める

持ってたブロックをマットに広げておどけて見せる

そんやなりとりをしていると

取り合いをしていた二人も

いつの間にか 気持ちは切り替わって

何事もなかったかのように 遊び始めました。

dsc00225_r_r dsc00236_r_r

自分の気持ちを伝えたり

相手の気持ちを知り

問題を解決していく経験は

子ども同士の 人間関係を円滑にしていく

準備だと思います。

遊びもコミュニケーションも大人が

知らせることは簡単ですが 子ども同士で

気付いて成長できる経験をこれからも

大切に!

カテゴリー: 園の取り組み
2016年10月25日 火曜日

「おせっかい」と「おもいやり」は紙一重ですよね

「おせっかい」は、
相手の気持ちを無視したお世話

「思いやり」は、
相手の気持ちを汲んで思いやる心

相手の気持ちを考えるか考えないか・・・

大人は遠慮が先にくる場合もありますね

子どもは素直に行動にうつします。

給食を食べていると

先に食べ終わった子どもがお友達のお皿を手に取り

「あー」

といい友達の口の中へ。

パクッ!

img_7119_r

同じ年齢の子どもでも月齢の差で

少し早くスプーンが使えるようになり

お友達を援助しようという気持ちになったみたいです。

大人と子どもの関わりではなく

子ども同士の関わりの瞬間ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について