みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2017年3月27日 月曜日

 IMG_9396_R

「つまむ」

指先の機能の発達により、出来るようになった動作です。

IMG_8872_R IMG_8868_R

日々の手掴み食べの成果ですね!

発達に必要な営みです。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月26日 日曜日

 

年長さんのお別れ会の時

0歳児さんのプラドからは

生活発表会で歌った歌をプレゼントとして

歌いました。

保育士が一人の女の子にマイクを

手渡すと

体を動かしながらノリノリな姿を見せてくれました。

IMG_9772_R

それを見ていた男の子は

アナウンサーのようにマイクを支え二人で

音楽を楽しんでいました。

IMG_9776_R

まるで歌手と

アナウンサーのようでした。

子どもの無限な将来が楽しみになりました。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月17日 金曜日

ルーブルの子どもたちは、

プラドのお友だちのことが大好きです。

毎日、顔をのぞき込んでは

「〇〇くんおはよー」と挨拶したり、

頭を撫でたりして、

ちょっぴりお兄さんお姉さんな姿が見られますよ。

IMG_6152_R IMG_6155_R  IMG_6156_R

お友だちが泣いていると

すぐに駆け寄ってきてくれます。

自然と生まれる、優しさや

相手を思いやる気持ち。

大人も子どもも、大切ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月15日 水曜日

ぽぽちゃん人形の靴を履かせようとしていた女の子。

ちょっと難しいみたいです。

IMG_6163_R

それをみていたお友だちが助けてくれましたよ。

子ども同士助け合えば乗り越えられることも沢山ですよね。

出来ないことは出来る人と一緒に学ぶ

良い関係ですね!

IMG_6166_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月14日 火曜日

DSC09965_RDSC09969_R

みやけ保育園には、跳び箱が大好きな年長さんがたくさんいます。

跳べなくても何度もチャレンジする姿は美しいです。

高い跳び箱を跳んだ時、跳べなかった高さを跳べた時、

自然と友達から拍手と歓声があがります。

友達の成功を喜び、共感できる事は素敵ですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月13日 月曜日

子どもの好きなように食べる。

これは放置しているわけではなく、

手先の準備運動です。

食べ物で遊んでいるようにも見えますが

食べ物の感触を感じ

食べることへの意欲にも繋がります。

そのうち、スプーンやフォークにも興味を持つようになります。

子どもの好奇心は壮大ですね。

IMG_9411_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月12日 日曜日

絵本コーナーがあるにも

かかわらずこの狭い場所で

仲良く絵本を読む二人。

IMG_6120_R

座ってゆったりと一緒に絵本を

楽しんでいました。

狭い場所や広い場所

身体を動かす部屋や落ち着く所をもっと

増やし自由に遊べる場所を

考え配置していきたいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月11日 土曜日

二歳児の女の子がボール遊びをしていて

転がっていったボールを男の子が持って行ってしまいました

女の子は「返して」と言いに行きましたが

「イヤ」と言われ・・・泣き出してしまいました

 DSC08288_R_R

泣いているところに年中のお姉ちゃんが

「どうしたの?」「転んだの?」「痛かった?」と

優しく声をかけてくれました

周りを見渡し・・・

DSC08284_R_R DSC08283_R_R

「あー!バスケットゴールにボールを入れたかったんだね」

「お姉ちゃんが教えてあげる」と言って連れて行ってくれました

二歳児の女の子は泣きやみ・・・

最初の「ボール取られて嫌だった」の思いとは

違ったかもしれないけれど

年中のお姉ちゃんの声掛けにより

遊びに戻ることができました

嫌なことが起きた時の・・・

気持ちの切り替え」

少しずつ学びます。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月10日 金曜日

IMG_0080_RIMG_0084_R

片付け場所を写真で表示していると

ちゃんと写真の場所に片付けをしている女の子。

IMG_0077_R

お友達にも「ここよ」と教えてくれているようです。

子ども達に「できた!分かった!」という

経験を日々の生活で

たくさん経験し達成感や次の意欲につなげたいものです。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年3月9日 木曜日

散歩に行ったある日、途中で靴が

脱げてしまった子がいました。

今にも泣きだしそうで・・・

そしたら、まずある男の子が・・・

そしてその後、女の子もやってきて・・・

またまた違う女の子もやってきて・・・

脱げた靴を履かせてあげようと集まってきました。

IMG_6147_R

「僕が!私が!」「僕も!私も!」

みんなで履かせ終わるまで見守ります。

泣きそうだった顔も笑顔になり

「〇〇君ありがとう。〇〇ちゃんありがとう。」

とお礼を言っていました。

日々の関わりから「友達」を意識していきます。

けんかをする事もあるけど・・・

共に過ごしていく中で互いの気持ちに気付いたり

相手の感情を理解していき、困っている友達を

助けようと思いやる気持ちを育んでいきます。

助けてもらった後は、感謝の言葉もしっかり

伝える事が出来るようになりました。

大人だったら・・・

一人が助けに行くと「もう、大丈夫か」

と安心し、一人に任せがち。

みんなで助ける気持ちって大切ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について