MENU

2017年 11月

子ども同士で

2017/11/28

最近、ルーブルのお友達は

自分のことは自分でしよう!という

気持ちが芽生えています。

15時のおやつ後、

自分のおしぼりをたたんでケースに

片付けることを覚え、

CIMG0360_R CIMG0361_R

自ら片付けを行っています。それを、見ていた

プラド(0歳児クラス)から来た女の子が

見よう見まねで

自分のおしぼりをケースに入れ始めました。

CIMG0440_R

保育園という集団生活で

何事も意欲的に取り組み、

子どもたち同士で刺激し合えるような

異年齢保育を今後も行っていきたいものです。

「チャレンジ」

2017/11/27

 

 

ある日のお散歩です。

今日はいつもと違う公園に遊びに行きました。

するとある男の子が滑り台を見つけ

登りはじめました。

IMG_0302_R IMG_0305_R IMG_0303_R

何度も何度も自分から階段を登り

すべり台をすべります。

自分で登りすべることができ大満足の男の子。

まだ難しいかなと思いついつい止めてしまいがちですが

自分でチャレンジすることで出来るようになり

楽しさへとつながっていきます。

子どもたちの「やってみたい」気持ちを大切にしながら

様々な経験が保育の中で出来るように日々取り組んでいます。

意欲に繋げる

2017/11/25

押す、つまむ、ちぎる、めくる、

破る、描く、貼る・・・

子どもたちは、日常の中の様々な経験を通して

指先の機能が発達していきます。

IMG_0209_R

IMG_0238_R

IMG_0240_R

指先の機能の発達によって

自分で出来ることが増えてくると、

身の回りのことを自分でしようとする

意欲に繋がります。

食事、衣服の着脱、排泄など

生活の中の様々な場面で

子どもが示す意欲や関心を

しっかり受け止めるとともに

子どもが「できた!」と

達成感や嬉しさを感じることができるような

保育や活動を今後も行っていきたいと思っています。