みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2017年11月28日 火曜日

最近、ルーブルのお友達は

自分のことは自分でしよう!という

気持ちが芽生えています。

15時のおやつ後、

自分のおしぼりをたたんでケースに

片付けることを覚え、

CIMG0360_R CIMG0361_R

自ら片付けを行っています。それを、見ていた

プラド(0歳児クラス)から来た女の子が

見よう見まねで

自分のおしぼりをケースに入れ始めました。

CIMG0440_R

保育園という集団生活で

何事も意欲的に取り組み、

子どもたち同士で刺激し合えるような

異年齢保育を今後も行っていきたいものです。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月27日 月曜日

 

 

ある日のお散歩です。

今日はいつもと違う公園に遊びに行きました。

するとある男の子が滑り台を見つけ

登りはじめました。

IMG_0302_R IMG_0305_R IMG_0303_R

何度も何度も自分から階段を登り

すべり台をすべります。

自分で登りすべることができ大満足の男の子。

まだ難しいかなと思いついつい止めてしまいがちですが

自分でチャレンジすることで出来るようになり

楽しさへとつながっていきます。

子どもたちの「やってみたい」気持ちを大切にしながら

様々な経験が保育の中で出来るように日々取り組んでいます。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月25日 土曜日

押す、つまむ、ちぎる、めくる、

破る、描く、貼る・・・

子どもたちは、日常の中の様々な経験を通して

指先の機能が発達していきます。

IMG_0209_R

IMG_0238_R

IMG_0240_R

指先の機能の発達によって

自分で出来ることが増えてくると、

身の回りのことを自分でしようとする

意欲に繋がります。

食事、衣服の着脱、排泄など

生活の中の様々な場面で

子どもが示す意欲や関心を

しっかり受け止めるとともに

子どもが「できた!」と

達成感や嬉しさを感じることができるような

保育や活動を今後も行っていきたいと思っています。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月25日 土曜日

年長さんにお手伝いをしてもらい、

「ピザトースト」を作りました。

お手伝いでは、食パンにオーロラソースを塗って、

その上にたまねぎ、ピーマン、コーン、トマトの

具材をのせてもらいました。

PB170914_RPB170918_R

食パンの端まできれいにソースを塗る子、

具材を真ん中に積み上げる子などひとりひとりの個性が

よくでたピザトーストが出来上がりました。

PB170915_RPB170923_R

作り終えると

「できました!」

と元気な声で給食室まで届けてくれましたよ。

自分で作ったおやつはとても美味しかったようで、

「今日のおやつ美味しかった!また、お手伝いしたい!」

と言う声が多く聞かれました。

自分で食べるものを自分で作るという作業は、

食への興味や関心、食べ物への感謝の心を育むためにも大切なことです。

そういった心を育むためにも五感をつかった調理活動を

増やしていこうと思っています。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月22日 水曜日

DSC04458_R

室内に声のものさし表を掲示しています。

お友だちと遊んでいて、楽しい時、嬉しい時、怒っている時など

ついつい大きな声をだしてしまいます。

そんな時、なかなか自分では気づかなかったりします。

子どもたちは、声のものさし表を見ながら

「今の声の大きさは5だよ」と気づいたり

「ライオンさんの声だよ」と保育士が表を見せて知らせます。

社会にでても公共の乗り物であったり

図書館など場所によって静かにしないといけない場所もあります。

大きな声を出すのがいけないのではなく

その場に応じた声の大きさが大切です。

保育士がお手本となりながら

子どもたちにも自分で声の大きさを考えたり

その場に応じた声の大きさを選択できるようにしていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月21日 火曜日

積み木あそびの内容が充実してきました!

積み木など立体的なものを作るための遊具は、

子どもたちの脳を刺激するとともに

平面でない三次元の構造に対しても感覚を磨くことが出来ます。

自分の思い描いた形を表現するにはどのように積んだら良いのか、

一生懸命考えながら遊ぶことで想像力と集中力を養います。

また、悩みながらもうまく積めた時は

バランス感覚を身に付けながら達成感も得られます。

また、積み木をお友達と共に使って遊ぶことで

コミュニケーション能力も高められます。

IMG_0055_R

シンプルな遊びに見えますが、ひとつひとつの動作が

大切な力を育てる事に繋がっているのですね。

IMG_0057_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月20日 月曜日

子どもは、9か月頃になると

自分以外の他者を認識し、

お母さんやお父さんはもちろん

保育園のお友だちや保育士と

何かを共有したいという気持ちが芽生えると言われています。

ある日、公園に押し車を持ってお散歩に行きました。

男の子が押し車を押して歩こうとしますが思うように進まず、

どうするのかな・・・と見守っていたら、

1人の女の子が近寄ってきて男の子の隣に並び、

一緒に押し車を押して歩き始めました。

この女の子は、

他者認識をし、物に興味を持ち、思いやりの気持ちが芽生え

このような行動を見る事が出来たのではないかと思います。

成長するにつれて人と何かを共有したいという気持ちが、

人と協力して何かを成し遂げたいという気持ちに繋がるように、

人との関わりを意識した保育を今後も行っていきたいと思っています。

IMG_0017_R IMG_1722_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月16日 木曜日

水を使って遊ぶ遊具で

男の子は、集中してジョウロから出る水を見ています。

 

じょうろを大きく傾けて水を多く出したり

IMG_1019_R

 

傾け方を少し変えて水の出方を観察していました。

IMG_1024_R

 

この遊びはお茶を注ぐ際のやかんの傾け方や注ぐ量の加減を

調節する練習に繋がっています。

水の出方の不思議さを感じながら遊ぶ。というような

遊びの中で学ぶ事が出来るような工夫を今後も

行っていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月15日 水曜日

先日、収穫したお米を脱穀しました。

PB080896_R

牛乳パックの中にお米をいれ、

パックの口を閉じ上に引っ張ると、

お米だけパックに残ります。

PB080904_RPB080902_R PB080889_R

「お米ってこんなに黄色いと?」

「皮を剥いたらいつも食べるお米になるんだよ。」

みんな興味を持ちながら一生懸命やってくれました。

実際に体験することで新しく発見することができました。

お米はまた来年育てたいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年11月15日 水曜日

少し離れた公園までどんぐり拾いに行きました。

DSC04337_R

「どんぐりあった!」「こっちにもあるよー!」

と袋片手に楽しそうに

どんぐり拾いを始めた子どもたち。

帰る頃にはいろいろな種類のどんぐりが

DSC04355_RDSC04338_R

「ほらみてみてー」と嬉しそうに見せてくれましたよ

園に帰ってからも数名の子が図鑑と見比べて

「これかな?」

と一生懸命調べていました。

これからも季節ならではのものに興味が

もてるよう自然の中で自然に遊べる環境を

作っていきたいと思っています。

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について