MENU

みやけ保育園の取り組み

身近な自然

2018/06/06

「今日も暑いね。」

「お花も、喉カラカラやない?」

「水あげよっか。」

そんなやりとりをお友だちとした後、水やりを始めた子どもたち。

水をあげては、花の様子をじーっと眺め、

変化が起きるか観察している様子でした。

DSCN1772_R

子どもたちにとって、

安心して日々自然と関わることができる場所の一つが園庭です。

様々な植物や生物に出会い、

植物や生物にも命がある存在と認め、

その命を大切にしたいという気持ちが芽生えていきます。

そんな心の育みを大切にできる保育を目指します。