みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2018年7月17日 火曜日

0歳児の子供たちは、個々の成長に合わせて、食べる食材や、調理法を変えています。

食べ方も、同じクラスの中でも様々です。

初めは保育士がスプーンで口まで運びますが、子どもたちに“もっと食べたい“という意欲が出てきた頃から、

自分で食べる経験も出来るようにしています。

先ずは手づかみ。それから、スプーンという道具を使って自分で食べてみる。

手や顔、テーブルも沢山汚れてしまいますが、大人に食べさせてもらうより、美味しそうな顔をして食べていますね。

何より、生きる力が身に付きます。

IMG_0734_R IMG_0732_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月16日 月曜日

DSC02045_R

絵本ゾーンの所に、新しく2体のお人形!

人形へ絵本の読み聞かせをしています。

この遊びの中で育まれる目に見えない力や能力を

保育として提供しています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月15日 日曜日

積み木遊びをする

一人の女の子。

P1000737_R

集中して積み木を高く並べて一つ乗せると

笑顔で喜び友だちに「見て~!」と

嬉しそうに伝えていました。

そのあと友だちも一緒に積み木遊びを楽しみ

仲良く遊んでいました。

子ども同士で遊びながら積み木を縦に並べて

ドミノにしたりお家を作ったり色々な発想が

持てるようになりました。

1人の遊びがクラスに広がると

人とのつながりと遊びがつながります。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月14日 土曜日

明日のおやつは「えだまめ」ということで

茎から実をはずす作業をお手伝いしてもらいました。

IMG_0156_R

IMG_0169_R

IMG_0162_R

年長さんにもなるとみんな上手に早くはずせていました。

小さいお友達も興味深々。

IMG_0175_R

明日のおやつになるんだよ!というとみんな喜んでお手伝いしてくれました。

「これひとつしか入ってなーい!」「こっちは何も入ってない!」

という声が聞こえました。

自分たちが食べるものに少しでも関わってみるといろんな発見があると思います。

こういった発見をたくさんできるように食に触れる機会を増やしていきたいです。

                          Kitchen

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月13日 金曜日

コロコロ~

子どもの前で転がせてみると…

「先生これなーに?」 「やりたい」

捨てるはずだったテープの芯は子どもたちにとって

楽しいおもちゃとなりました。

ブログ写真

「いくよ~」

と、お友達の名前を呼びながら転がしたり

順番をみんなで守ったりしながら

大きな輪になってキャッチボールのようにして楽しみました。

うまく転がすことができなくても考え、

みんなで教えながら遊んでいました。

ブログ写真2

友達と一緒に遊ぶことで会話も多く、

小さなルールをみんなで守る事もできました。

また、このようなことからも

物を大切にする気持ちが生まれてくれるといいなと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月11日 水曜日

ある雨の日

ブリティッシュのお友達がキッチンに遊びに来ました。

その日はかいわれだいこんがあったので

調理前の状態をみんなに渡してみると

IMG_0141_R

子どもたちは

目で見て観察をするだけでなく、匂いを嗅いでみたり

IMG_0144_R

中には味見をしてみる子もいました。

IMG_0145_R

kitchen

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月8日 日曜日

牛乳パックが上手く畳めない男の子。

CIMG0341_R

隣の友だちに「して」と手伝ってもらうことに。

頼まれた友だちは笑顔で受け入れ、真剣な表情で一生懸命に畳み、

畳み終えると「できたよ」と言いながら渡していました。

CIMG0342_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月7日 土曜日

 

 

育てているトマトに実がつきました。

色はまだ緑です。

ルーブルの子どもたちに観察してもらいました。

「これが赤くなってトマトになるよ」と言いました。

IMG_0121_R IMG_0120_R

触って感触を楽しんだり、葉っぱを匂っていたり。

赤くなっていく様子もまた見せたいなと思いました。

成長過程を観ることにより

トマトに興味をもち、好きになる子が増えてほしいです。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月6日 金曜日

ひとりで黙々と

玩具を積み上げていた男の子。

IMG_2638_R

ひとつひとつ、慎重に。

IMG_2639_R

最後の一つをそっと乗せると、

「せんせーできたよ!」と

嬉しそうに教えてくれました。

IMG_2641_R

日々のあそびの様々な場面で、

達成感や喜びを感じたり、

共感したりすることが大切ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月6日 金曜日

とても天気が良かったある日。

「ねえ。この砂に足入れてみようよ。」

「いいね、入れてみよう。」

と二人で足を入れて砂山を作っていました。

「この砂って、あったかくて気持ちいい。」と二人で笑顔。

DSCN2185_R

同じ目的を持って遊ぶなかで、友だちとの共感があり、

言葉による伝え合いが育まれます。

また、身近にある砂、土、水などの自然素材が

肌に触れる心地よさを味わう経験に繋がります。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について