MENU

2019年 2月

ぼくがやるよ!

2019/02/18

 

園庭遊びから部屋に戻る時のこと。

 

年少さんが玄関で靴を脱ぐ際に、靴の砂を落としてしまいました。

 

それに気づいた年長さんの男の子。

 

「僕がやるから大丈夫だよ!」

 

と、ほうきとちりとりを手に掃除を始めました。

 

DSC00721_R

 

保育者が教えたり手を差し伸べたりする前に、子どもたちは気づき、考え、行動することができます。

 

誰かのために自ら行動に移せることは素敵なことですね!

 

いっしょに。

2019/02/17

♪「おふねがぎっちらこー

 ぎっちらこー ぎっちらこー

 なみにゆられてゆらゆらうごく」

0歳児の子どもたちが、保育士やお家の方と遊べるようにと取り入れた、

わらべ歌の触れ合い遊び。

IMG_5340_R

1歳児のお兄さん、お姉さんが手を取って遊んでくれると、最初は警戒してさっと手を引っ込めていた子も、

楽しそうな雰囲気に、一緒にやってみたくなりました。

今では、体を自分で揺らすのも上手になり、自分から手をつなごう!と手を伸ばして、クラスのお友達同士で遊ぶのが大好きな

プラド組の子どもたちです。

IMG_5332_R IMG_5328_R

すべり台が・・・

2019/02/10

この日はお散歩に行きました。

公園に着くと子どもたちが

「せんせい、すべり台が…」

見て見ると砂がたくさんかかっていました。

砂を落とし、

「遊んでいいよ~」と伝えると

遊ぶ前にてんとう虫の背中にかかった砂を

手ではらってくれていました。

DSC03625_R

DSC03626_R

皆が汚したわけではないけど、気付いたから…