MENU

2019年 11月

子ども同士

2019/11/30

 友だちの遊びに興味を持って近づきます。

 「一緒に見たいな」

 そっと絵本を相手の方へ傾け、

 「うん。いいよ。」

まるでそんな言葉が聞こえてきそうでした。

 時には、思いがぶつかり合い、喧嘩になることもありますが、

それも子ども同士の関わり合いの上で大切なことです。

通じ合えるね。

みてみて

2019/11/29

ルーブル組(1歳児)のお友だちが園庭で遊んでいると、

座り込んで何かを見つけました。

これはなんだろう?不思議そうな表情で眺めています。

少しすると、「みて。」と近くにいたお友だちや保育者を呼びました。

葉っぱを置いてみたり、砂を近くに集めてみたり

様々な方法で触れようとしていましたが、なかなか触れられずにいました。

時には枝でつついてみようと試みていることもありましたが、

「お散歩しているのかな?」「お家に帰るのかな?」などやりとりをしていると、

触れずにただずっとみているだけでした。

このような関わりの中で、自然の中には様々な命があるということを知っていくのでしょうね。

 

 

2019/11/28

 

公園で一人の女の子が落ち葉を拾っていました。

両手いっぱいに落ち葉を持って、「おちばのシャワー!!」と遊び始めました。

 

それを見ていた友だちも一緒に遊びはじめ、「あきだからおちばがいっぱいだね」と

会話を楽しみ秋を感じながら遊ぶ姿が見られました。

園庭や公園などでたくさん自然に触れて遊んでいきたいと思います。