MENU

みやけ保育園の取り組み

テラスから見えるもの

2020/11/18

冷たい空気がいよいよ冬がくることを感じさせる季節になってきましたが、今日も子どもたちは元気いっぱい

テラスで遊ぶ姿が多く見られます。

夕方になると人通りも多くなり、子どもたちは外の様子を気にし始めます。

空を飛ぶ飛行機の音がすれば、指を差し「あっ!」「ひこうき」とみんなに知らせます。

今日は

猫がお散歩をしていました。 「あっ!」「にゃんにゃん」

思い思いに知らせ、じっと様子を観察します。

今度は・・・

これは、なんだろう?

小学生が走らせるかっこいいラジコンでした。

興味津々、車の右往左往に合わせ、つられて近くに向かう子どもたち。

降園する年長のお姉さんが寄り道してくれたり

自転車でお迎えにくるお母さんを見つけ喜んだり

見える景色にはまいにち発見があるね。

子ども達の好奇心から起こる指差しの仕草や表情を読み取り、しっかりと応えることで

「なぜ?」「どうして?」に繋がる興味へとつなげていきたいなと思っています。