みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2018年1月19日 金曜日

1月11日は一般的に鏡開きが行われます。

鏡開きとはお正月に飾っていた鏡餅をさげ、

ぜんざいや雑煮などにして食べる行事のことです。

神様の依り代である餅を食べることで、

その力を授けてもらい、1年の無病息災を願います。

そのため、園でも子ども達の無病息災を願い

3時のおやつにぜんざいを提供しました。

本物のお餅を提供するとのどにつっかえてしまう恐れがあるため、

白玉粉と同量の絹ごし豆腐を混ぜ合わせた

柔らかく噛みきりやすい白玉団子にして提供しました。

IMG_0272_RIMG_0256_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月16日 火曜日

今年に入って更に玩具で遊び込めるようになった

1歳児クラスのルーブルの子どもたち。

ブロックをただ長く繋げるだけだった遊びも

マイクのようにしてみたり、掃除機のように動かしてみたり…

CIMG0718_R

ブロック同士を組み合わせてベットを作り

 人形を上に置いてトントンと

寝かしつけたり、お風呂に入れてあげたり・・・

CIMG0704_R

大人や友だちの真似をしながら

自分がしてもらったことを人形にしてみたりと、

自分の考えや気持ちなどを玩具で表現しています。

一人ひとりの遊びを見ながら、

何を考えているのか、どんな気持ちなのかなど

読み取りながらそれぞれに合った

環境作りをしていこうと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月15日 月曜日

近くの公園まで散歩に行ったある日・・・

すべり台にき興味津々でじっと見つめる一人の男の子。

「こわいのかな?」と思いきや、にこっと笑い

すべり台の階段をのぼり始めました。

最初は、手すりを持って・・・

IMG_0299_RIMG_0300_R

だんだん高くなってくると今度は手をついて

IMG_0301_RIMG_0302_R

最後まで一人でのぼり、すべり台を楽しみました。

自分で考えて自分に合ったのぼり方をする

途中思わず、手を貸しそうになりましたが

大人の心配は、いらないようです。

子どもの意欲を大切にしていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月10日 水曜日

ある雨上がりの日。

園庭に、みずたまりを発見!

DSC00333_R

そうだ!

魚つりをしよう!

DSC00341_R

「つれた~!鯛がつれたよ。」

DSC00345_R

「見て見て!イカがつれたよ。」

DSC00351_R

枯葉の魚をつって、大喜び。

大人にとっては気にも留めないものでも、

子どもたちにとっては大切な見立て遊びの材料になっています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月2日 火曜日

お友達がないていると「どうしたの?」と声をかける

楽しいことをした時に「楽しいね」と言葉で表現する

園生活で日々子ども同士でよく見られる光景です。

0歳の快、不快の感情から

成長するに伴って

”怒り、喜び、恐れ、悲しみ、愛情、嫉妬”

など感情が豊かになります。

そして1,2歳児くらいになると

言葉で表現しようとする子もでてきます。

ですが・・・

みんながみんな言葉で表現できるわけではありません。

性格も皆違うように発達も1人1人違います。

その子に合わせ

大人が言葉で表現してみせたり、

その時の感情を尋ねたり

子どもに見本をみせるのか、

自分で考えさせるのか

子どもによって違う対応をおこなっています。

保育をしていくうえで

その子に合った個別的対応が大切になってきます。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年12月27日 水曜日

DSC00321_R  DSC00315_R  DSC00299_R  DSC00296_RDSC00293_R   DSC00324_R

 

DSC00328_RDSC00211_R

DSC00207_R DSC00206_R DSC00205_R DSC00201_R DSC00200_R DSC00331_R

これは小麦粉粘土遊びの一場面

なんで小麦粉? なんで粘土遊びをするの?

と思った方は、ぜひブリティッシュの先生に聞いてみてくださいね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年12月26日 火曜日

ルーブルの子どもたちは

来年度に向けて少しずつブリティッシュのお部屋に

遊びに行く日が増えてきました。

IMG_0288_R  IMG_0276_R

  IMG_0267_R IMG_0273_R

ルーブルのお部屋にはない絵本、玩具に

子どもたちは興味津々です。

ルーブルのお部屋では、

赤色のどじょうを飼っているのですが

ブリティッシュのお部屋は金魚を飼っています。

不思議そうに眺めているルーブルのお友達に

「金魚よ~!」とブリティッシュの女の子が

教えてくれました。

すると、何かをひらめいたかのように

ブリティッシュの本棚にあった

「きんぎょがにげた」の絵本を持ってきて

「これよ~きんぎょって!」と

今度は絵本を見せながら教えてあげていました。

ルーブルのお部屋でもよく読んでいた絵本なので

ルーブルの女の子は「きんぎょきんぎょ~」と

何度も指をさして喜んでいました。

”人に伝える。”

”人から教えてもらう。”

異年齢の関わりならではの学び合いを

大切にしていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年12月25日 月曜日

 近くの郵便ポストに年賀状を投函しに行きました。

CIMG7729_R

 今年度年長組のは、年賀状のあて名を自分で書くことに挑戦しました!

2017年のわたしから2018年の私へ

届く年賀状を子どもたちは楽しみに待っています。

自分で投函した年賀状が、家庭に届くことで、郵便屋さんのお仕事を知るきっかけにもなるでしょうね。

CIMG7654_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年12月23日 土曜日

1歳児クラスで、小麦粉粘土あそびをしました

「つめたい」「のびのびする~」

などと様々な反応を示す子どもたち。

指先や手のひらを使って

丸めたり、伸ばしたり

こまかくちぎったりすると、

モールやストローを使って

「ケーキよ」「おだんごどうぞ」と

子ども同士で見立て遊びが始まりました。

IMG_0033_R  IMG_0034_R IMG_0037_R  IMG_0038_R

見立て遊びを行うことで、子どもの

観察力やイメージ力、創造力が発達すると

言われています。

見立て遊びが発展していくと、

お医者さんごっこやお店屋さんごっこなどの

「ごっこあそび」に繋がります。

子どもが成長していく中で大切な

「見立てあそび」。

子どもは、大人の行動をヒントに

何をしているのか、どんな物を使っているのか、と

イメージし、身の回りの物を使って

表現しようとします。

子どもの世界観が壊されないよう、

大人も意識した行動や関わり方が大切です。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年12月22日 金曜日

保育参観週間では、

保護者の方に給食の試食をしていただきました。

その中での一番人気だった

メニューは、

「肉団子と野菜のスープ」でした。

PC110924_R

普段、子どもたちが食べている給食を食べて、

どのように感じられたでしょうか?

私たちも普段の給食を知っていただけて、

いい機会になったとおもいます。

レシピが必要な方は声をかけてくださいね。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について