みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2017年6月25日 日曜日

先日、内科検診がありました。

すると、玩具の聴診器と注射器を片手に

ごっこ遊びが始まりました。

DSC09978_R DSC09979_R

「次の方、どうぞ」とお医者さんになりきり

患者さん役は椅子に座り自然とお腹をみせています 。

DSC09981_R

内科検診の時も「泣かなかったよ」と言う子どももいました。

大人にとっての日常も、子どもにとっては遊びになります。

子ども同士の関わりの中から生まれる経験。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月24日 土曜日

 

寒天遊びをしました。

IMG_9707_R IMG_9805_R IMG_9704_R

IMG_9696_R

最初は嫌がったり怖がってりしていましたが、

次第に慣れると

手で触ってみたり・・・

口の中に入れてみたり・・・

感触を楽しみながら、肌を刺激して冷たさを感じています。

これからも子どもたちの「楽しい」という気持ちを共有しながら

様々な遊びを取り入れていこうと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月23日 金曜日

IMG_6664_R

ある公園に遊びに行った日

「先生ーなんか音がする―」

IMG_6660_R

と言い不思議そうに叩いている男の子と女の子。

それに気付いた他のお友だちも近づいてきました。

IMG_6663_R

他の所は音聞こえるか試してみますがなりません

どうしてだろうと周りを見ていると一本だけ穴が開いていました。

IMG_6662_R

段々と少しの違いにも気付けるようになってきました。

IMG_6661_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月22日 木曜日

週に何度か 散歩に出かける2歳児クラス。

友だちと手をつないで歩くのも、段々上手になってきました。

今回は、遊具のある公園へ。

DSC00025_R

以前は高さが怖くて泣いていた子も、登れるようになってきました。

腕や脚の力を使って、バランス感覚も身に付けます。

DSC00018_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月21日 水曜日

ベランダでタライやビニール袋を使って

一足お先に水遊びを楽しみました。

手先で触って水の感触を楽しもう!と思っていたのですが、さすがルーブルさん。

手だけでは物足りなかったようで体ごとタライに入ってみたり、水をお顔にかけてみたりと大はしゃぎ!

ダイナミックに遊んでいましたよ。

また、ウォーターベッドに乗ったり触ったりして感触を楽しむお友達もいました。

IMG_2423_R  IMG_2425_R  IMG_2457_R

 IMG_2440_R  IMG_2441_R

来月から本格的に水遊びが始まりますね。安全で楽しく水遊びが行えるように環境を整えながら

一人ひとりのペースに合わせて水に親しみを持てるよう、工夫をしていきたいと思います。

IMG_2443_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月20日 火曜日

オルゴールやわらべうた、ピアノなど音楽に触れている毎日です。

時にはこんな様子も・・・

IMG_1399_RIMG_1349_R

「どんな音がするのかな?」と

興味を持ち、鳴らしてみます。

色々な楽器から奏でられる様々な音が子ども達にとって新鮮のようです。

これからも色々な「音」に触れ、音の多彩さや不思議さ、

美しさを感じられるようにしていきたいです。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月19日 月曜日

友だちと手をつないで散歩に行く2歳児の子どもたち。

相手のペースに合わせて歩いたり

靴が脱げると履けるまで待ってあげたり

転ぶと「だいじょうぶ?」と優しく声を掛けてあげたりする姿が見られるようになってきました。

DSC09972_R   DSC09966_R

友だちと手をつないで散歩に行くことで

友だちの優しさや思いやり

そして、友だちといることの心地よさを感じてほしいと思います。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月18日 日曜日

ハイハイは腕や脚、腰や背中など

全身の筋肉を使う全身運動です。

ハイハイを続けることによって

つかまり立ちなどでは鍛えることができない腹筋、背筋が自然とつくようになります。

プラドのお友だちは、どんどん自分で動ける範囲が広がり

様々なものに好奇心を持ち始めています。

子どもの好奇心を引き出していける環境作りをしていきたいと思います。

IMG_9890_R IMG_9893_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月17日 土曜日

“ 取り合い ”

一度は誰もが経験するでしょう。

今日もまた取り合いが起こっています。

しかしこれを繰り返すことで

取られて悔しいという感情が芽生えたり

お友だちに譲ることを覚えたり

様々な個々の感情を知っていくいい経験です。

保育士が勝手に仲介し

勝手に解決させるのではなく

自然に子ども自ら

「はい、どうぞ」

「ごめんなさい」

が言える日を待っていようと思います。

IMG_5525_R

カテゴリー: 園の取り組み
2017年6月16日 金曜日

 

 

DSC09516

ここは、一人遊びゾーンです。

日々の遊びの中で、

子ども自身が”自分の好きな遊びを見つける”ということは

簡単なようで、難しくもあります。

興味があるもの、得意なことなど、

子ども自身が自分のことを知るために、

一人でいろいろなことを試すことができる場所になっています。

 

DSC09517

DSC09514

DSC09513

このゾーンで一人で集中して遊びながら、

自分の好きな遊びを見つけていって欲しいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について