MENU

みやけ保育園の取り組み

毎日の日課

2020/07/10

 

保育室に子ども達の興味ある事や、遊びの中で数に興味を引き出す仕掛けを用意。

そのひとつとして「日めくりカレンダー」を飾ってみました。

年長さんの一人の男の子が「日めくりカレンダー」に興味を持ち、

破ったカレンダーを毎日集め出しました。(お道具箱に入れています)

男の子から「7がないんだけど知らない?」か聞かれたり

「あと、1は持ってない・・・」と言ってきたり・・・

「僕が休みの時は先生預かっててくれない?」

収集することを楽しんでいるのと、数字に対して興味津々のようです。

生活の中で、自然に数字に慣れ親しむ仕掛けを他にも用意してみようと思います。

ぱきっぱきっ!なんの音?

2020/07/09

じめじめとした蒸し暑い日が続いていますね。

子どもたちは暑さに負けずに伸び伸びと身体を動かし遊んでいます。

プラド組のお友だちは寝返りをして遊んでいるお友だちや、ずり這いや這い這い、つかまり立ちをして保育室を探索しているお友だちなど様々です。

今回は子どもたちの発達を促すために感触マットを作って保育室に置いてみました。

すると子どもたちは「なんだろう?」と少し不思議そうに近づきながらも、マットの上を這い這いしてみると、

ふわふわな感触や、つるつる、ざらざら、ぷちぷち・・・など

色々な感触に少し驚きながらも楽しそうに這い這いしていました。

人気は卵パックのマットです。

卵パックの上を這い這いすると「ぱきっぱきっ」と音が鳴り、最初は驚いた様子でしたが、音が心地よくなってきたのか、何度も這い這いをして踏みながら音や感触を楽しんでいましたよ。

様々な感触に触れ味わい、マットの上を這い這いすることが楽しいと思えるようにすることで這い這いを促しています。

これからも子ども達の発達に合った玩具や、子どもたちの発達を促していく玩具作りに取り組んでいきます。

 

 

カプラと子どもの想像力

2020/07/08

メトロポリタンで人気の玩具の中に

「カプラ」という積み木があります。

横に長く繋げたり、上に高く積んだりして遊ぶことが多いです。

もっと遊びを発展させたいと思い、

まずは保育士が、小さいこんなものを作りました。

小さいですが、電車です。

これを何も言わずカプラゾーンに

いくつか置いておくと・・・

 

あっというまに線路ができて、

トンネルまでできて、

線路はカプラゾーンのぎりぎりまでつづいていました。

子どもの発想力は素晴らしいですね。