みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2018年7月29日 日曜日

自分で気付き、食器を正しく置こうとする子ども。

「ごはんはこっち」と言いながら、

正しく置き直すことができていました。

DSC02476_R DSC02477_R

主菜は真ん中、副菜(汁物)は右、ごはんは左。

毎日やっていることが、身に付いてきています。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月28日 土曜日

春に苗を植えたトマトが赤く色づきました。

IMG_0204_R

IMG_0206_R

今年植えたのは「桃太郎」という大玉のトマトだったんですが、、、

大きくなりきらずに赤くなってしまいました。

肥料が足らなかった?水が少なかった?

食べられるようになるまでの大変さを

子どもにも伝えられたと思います。

今年の反省をいかして来年もチャレンジしてみたいと思います。

                   Kitchen

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月27日 金曜日

机にブロックを持ってきて、

黙々と遊び始める姿が

よく見られるようになりました。

IMG_2805_R

時には、友だちを誘って一緒に。

取り合いをして

トラブルになることもありますが、

遊びの中でのやりとりを通して

互いの存在を知り、日に日に関わりが

深まっています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月27日 金曜日

お人形ゾーンでは、人形遊びのほかに

洋服を洗濯したり、干したり、畳んだり…を

遊びに取り入れています。

また、その洋服を実際に着て、楽しんでいる子どももいます。

DSC02464_RDSC02463_R

腕や頭を出す場所を考えながら、着ていきます。

「せんせい、みて~」と

着れたことを嬉しそうに見せてくれます。

着脱は大変で苦手とする子どもも多いですが

遊びの中で楽しく身に付けてほしいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月24日 火曜日

 

ルーブル組の部屋に、人形あそびをする場所があります。

今までは

人形あそびの場所で洋服を着せたり、

布団に寝せて遊んでいましたが、

 

人形を連れて、絵本を見る場所やゴロゴロする場所に行く子がいました。

 

IMG_2895_R

 

その子たちの姿を見ていると、それぞれの場所で人形と一緒に遊びだし

絵本を読んであげたり、一緒に添い寝をしたりして今までとは違った遊びをしていました。

 

IMG_2898_R IMG_2900_R

好きな遊びをしながら、いろいろな遊び方を見つけられるように、場所の配置を変えたり

新しい遊びを用意していき環境を作っていきたいと思います。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月24日 火曜日

 

おやつに夏祭りでも人気だった

キャラメルポップコーンを出しました。

IMG_0200_R

ポンポンとはじかせると

キャラメルのいい香りが広がります。

おやつの準備をする子どもたちからも

「いいにおい~」

という声が聞こえてきました。

IMG_0202_R

七夕月なので星形のクッキーも一緒に出しました。

未満児さんも以上児さんも

たくさん食べてくれたみたいで良かったです。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月22日 日曜日

砂場遊びを楽しむブリティッシュの子どもたち。

年長のお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に仲良く

遊ぶ姿が見られます。

P1000766_R

玩具の貸し借りをしたり、お店屋さんごっこで

楽しんでいました。

一人の男の子はトマトを見つけると

「このトマト色が赤くなってないよ~」と

色の変化に気付けるようになってました。

P1000763_R

子どもの気付きを大切にしてこれからも見守っていきます。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月22日 日曜日

粘土あそび。

最初は、ちぎったり、丸めたりして遊んでいましたが、

今は、何かを想像しながら作る子どもが増えてきました。

CIMG0436_R CIMG0437_R

「みて!ライオンつくった!」と嬉しそうに保育士に伝える男の子。

粘土あそびを通じて、創造力や創造性を養っています。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月21日 土曜日

今月の食育の日はスコーンでした。

スコーンはスコットランドのお菓子です。

スコットランドでは甘くないスコーンにジャムなどをつけて食べます。

それを体験してほしいなと思い、ジャムをつけました。

みんなジャムをつけ、オシャレに食べていました。

色んな体験を通して、もっと食に興味を持ってもらいたいですね。

IMG_0190_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年7月17日 火曜日

0歳児の子供たちは、個々の成長に合わせて、食べる食材や、調理法を変えています。

食べ方も、同じクラスの中でも様々です。

初めは保育士がスプーンで口まで運びますが、子どもたちに“もっと食べたい“という意欲が出てきた頃から、

自分で食べる経験も出来るようにしています。

先ずは手づかみ。それから、スプーンという道具を使って自分で食べてみる。

手や顔、テーブルも沢山汚れてしまいますが、大人に食べさせてもらうより、美味しそうな顔をして食べていますね。

何より、生きる力が身に付きます。

IMG_0734_R IMG_0732_R

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について