みやけ保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2018年2月19日 月曜日

最近、お友だちの名前を呼んでいるような姿が見られるようになった

プラドのお友達!!

しっかりと相手の顔を見ながら「〇〇くん!」と呼び、

関わり合おうとする姿が見られたため

保育士が「これを〇〇くんに渡してくれるかなー?」とお願いしてみると

大きくうなずいて届けてくれました。

自分だけでなく他児の存在を意識することができてくると

自分以外の人、物に

思いやりの気持ちや興味を持ちはじめます。

例えば、自分の近くで遊んでいるお友だちの存在を意識できてくると

あの子は今から何をして遊ぶのかを考えたり

走るときも他の人にぶつからないように考え、

その考えや気持ちが思いやりや優しさに繋がってきます。

大人がまず周りの人を意識して生活することが大切ですね。

 IMG_0091_RIMG_0169_R

人と人との関わり。

簡単なようで難しいものです。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年2月8日 木曜日

先日、神社にお散歩に行きました。

その神社に行ったことのあるお友達、初めて行くお友達といましたが、

子ども達皆で一緒に行くことは初めてなので、

「どんな神社なんだろう」と楽しみにしながら歩いて行きました。

神社のすぐそばまで来ると、長い階段が見え

子ども達は少し緊張している様子でした。

神社まで着き、お参りの仕方を保育士が伝え

子ども達は思い思いに願い事を心の中でお願いしました。

 DSCN1342_RDSCN1343_R

帰り道、

「何のお願い事した?」

「”私は、大きくなったらケーキ屋さんになりたい”ってお願いしたよ」

「僕は警察官になりたいって言った」と

嬉しそうにお友達と話す姿は目がとても輝いていました。

子ども達の将来に繋がる基礎作りを

日々の保育で実践していきたいと改めて感じるお散歩でした。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年2月6日 火曜日

IMG_0341_R IMG_0361_R

一人から二人

二人から三人・・・

一人で遊ぶのも楽しい

二人で遊ぶのも楽しい

たくさんのお友達と遊ぶのも楽しい

お友達と遊んでいると楽しいことばかりじゃなくて

トラブルも起こります

 

トラブルは学びの最大のチャンスです

「なんでだろう?」「どうしよう?」と

考える力が養われ、他者への関心にも繋がり

思いを言葉で伝えようとします

 

大人がすぐに介入することより

子どもの力を信じることが大事なことだと日々気付かされます

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年2月5日 月曜日

カーテンにかくれて、いないいないばぁ

棚にかくれて、いないいないばぁ

わらべうたにあわせて、いないいないばぁ

「いないいないばぁ」が大好きなプラドのお友達

以前までは、対 保育士で遊んでいた「いないいないばぁ」も

最近では子どもたち同士で遊ぶ姿もよく見られます。

「出てくるの、知ってるぞー!

もうすぐ出てくる・・・

出てくる・・・

出たー!」

脳が発達し、予測する力や期待する気持ちが培われたからこそ楽しめる遊び

それをお友達と一緒に共有して、声を出して笑い合っている姿に成長を感じます。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月31日 水曜日

♪たこたこあがれ 風よくうけて

DSC00544_R DSC00543_R

雲まであがれ 天まであがれ

DSC00538_R DSC00542_R

園庭で凧あげをしました。

DSC00539_R    DSC00540_RDSC00541_R

最近は、とても寒く冷え込みますが

「子どもは風の子」元気いっぱい走りまわって遊んでいます。

からだを動かして遊ぶことで体温も上がって体力がつき

ウィルスや菌にも負けない強いからだに育ちます。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月30日 火曜日

お友達と一緒に絵本を見たりブロックを組み立てたりして遊んでいるとき。

お友達と一緒に何か新たなことを発見したとき。

お友達と一緒に食べ終わった食器を片付けに行くとき、、。

最近ルーブルさんではお友達との関わりが増え、共感し合う姿が

多く見られるようになってきました。

楽しい!面白い!難しい!悔しい!

色々な思いを人と共有することって嬉しいことですよね。

「思いを共有すること」は

「相手の気持ちを考えること」

思いやりの心が芽生えている証拠です。

やったね、良かったね、難しいね、違うよ、

こうするんだよ、やってあげようか、ありがとう、

大人が介入し、解決することは簡単ですし、

思いを受け止めることももちろん必要ですが

ぐっと抑えて一歩下がって見守ることで

子ども同士の関わりを尊重することができます。

それはきっと子ども達自身の成長に繋がります。

これからもっともっと子ども同士のやりとりが増え、

協力し、助け合う心が生まれていくといいですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月29日 月曜日

 

ある日絵本棚の前で

二人の女の子が遊んでいました。

IMG_0477_R IMG_0252_R IMG_0255_R

よく見ると二人は絵本の写真を見ながら

食べさせ合いっこをしていました。

まるで大人やお友だちの真似をして

見立て遊びをしているようでした。

私たちが何気なくしていることが

子ども達にとっては新しい発見となり遊びに繋がります。

子どもたちが遊びが十分に満足でき、発展できるように

人的環境・物的環境を用意していきたいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月23日 火曜日

簡単な言葉を使って

自分の思いを伝えようとしたり

子ども同士での会話のやりとりが成立したりする姿が

見られるようになってきたルーブルの子どもたち。

一人で絵本を読んでいるときは

ページをめくるたび

覚えている内容を言葉にしています。

IMG_0335_R IMG_0336_R

日常生活に必要な言葉が分かるようになると

絵本や物語への興味が更に深まるとともに

言葉を交わして友だちや保育士と心を通わせる喜びを

味わうようになります。

IMG_0339_R

言葉は自分以外の人とコミュニケーションを取っていくうえで

大切になってくるものです。

大きくなっていく上で

自分の気持ちや考えを言葉にしていかなければなりません。

大きくなって子どもたちが困らないよう今から

言葉に親しむことのできる環境を整えていきたいと思っています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月22日 月曜日

シール貼りが大好きなプラドのお友だち。

大きな模造紙にシールを貼ろうとすると

シールが手にくっつき、

持ちかえた手にももちろんくっつき、

なかなか手から離れません。

手を振ってみたり、口を使ってみたりする姿が見られたため

シールが貼れた!という達成感や爽快感を体験できるように

初めは保育士が少し手を添えて貼るようにすると

子どもたちも嬉しそうな表情を浮かべ、

集中して取り組む姿が見られました。

小さいころから指先を使う活動を行っていくと、

以上児になって上着のチャックの開け閉めや、

はさみ、ピアニーでの指先の使い方がうまくなっていきます。

今後も楽しみながら手先の発達を促す活動を考えていきたいです。

IMG_0216_R IMG_0219_R IMG_0232_R IMG_0233_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月20日 土曜日

ティッシュを使って上手に鼻をかむ子どもの姿が増えてきました。

DSC00532_R

鼻水は、反対側の鼻を押さえて口から息を吸い、

優しく、片方ずつかみます。

間違ったやり方をしていると、鼻血が出たり

耳が痛くなったりすることがありますよね。

 

正しいやり方を身に付け、健康に過ごせるように

今後も温かく見守りながら伝えていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について