MENU

みやけ保育園の取り組み

カルタをしたいな

2020/11/19

「カルタをしたいな」と思った男の子

まず、絵札を机に並べ準備します

カルタを始めようとしましたが、

お友だちがいないことに気が付き…

「一緒にしよう」と誘い掛けます

 

読み札の言葉を聞いて「これだ!」と札を取ったり

次は、何かなと耳を澄ましたり

お友だちと一緒にするカルタは賑やかですね

「やりたいな」を実現するために

どうしたらよいか考えること

実際に行動することは大切ですね

テラスから見えるもの

2020/11/18

冷たい空気がいよいよ冬がくることを感じさせる季節になってきましたが、今日も子どもたちは元気いっぱい

テラスで遊ぶ姿が多く見られます。

夕方になると人通りも多くなり、子どもたちは外の様子を気にし始めます。

空を飛ぶ飛行機の音がすれば、指を差し「あっ!」「ひこうき」とみんなに知らせます。

今日は

猫がお散歩をしていました。 「あっ!」「にゃんにゃん」

思い思いに知らせ、じっと様子を観察します。

今度は・・・

これは、なんだろう?

小学生が走らせるかっこいいラジコンでした。

興味津々、車の右往左往に合わせ、つられて近くに向かう子どもたち。

降園する年長のお姉さんが寄り道してくれたり

自転車でお迎えにくるお母さんを見つけ喜んだり

見える景色にはまいにち発見があるね。

子ども達の好奇心から起こる指差しの仕草や表情を読み取り、しっかりと応えることで

「なぜ?」「どうして?」に繋がる興味へとつなげていきたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

順番守れるかな?

2020/11/16

二歳児クラスのブリティッシュでは最近、

Erster Obstgartenというボードゲームを解禁しました。

このボードゲームにはルールがあり、

まずはそれをを知る必要があります。

保育士の話を聞く子ども達…

真剣な様子

今までは、一人でも遊べる玩具が主でしたが

このゲームは自分だけがずっと遊べるものではなく、

順番が回ってくるまで待つ必要があります。

ルールに慣れてきた頃には

ふり終わったサイコロを

友達に渡す姿が!

自分のことだけではなく、友達のことも

考えられるようになる第一歩ですね。