MENU

2014年 4月

つながる積み木

2014/04/30

この日は積み木で遊びました。

一人の男の子は積み木をそろえて並べています。

IMGP3170_R

それを見て女の子も積み木をそろえて並べ始めました。

IMGP3167_R

一見単純な遊びでも、友達と一緒にすると単純ではなくなります。

模倣遊びによって周囲の人への関心が深まり、目を向けるようになります。

相手に自分の存在を認められたことで、自尊感情が育ち、

乳幼児期に、共感し合ったり、認めてもらう行為が沢山あればあるほど

物事が起きて、立ち直れるポジティブな人格が形成されていきます。

まみぃ保育園の子達は、毎日すくすくと伸びやかに育つ

仲間関係がたくさん溢れています。

 

優しさは無限大!

2014/04/30

IMG_0152_R

おやおや、小さいお友達が泣いているようですよ。

どうやら、玩具をお友達に取られたようです。

 

 

IMG_0154_R

泣いている友達に気づいた年上のお友達。

自分が使っていた玩具を、「はい、どうぞ。」

すると・・・・

 

IMG_0155_R

 

泣きやむのをやめて、遊び始めましたよ。

「おにいちゃん、ありがとう」

子ども同士の関わりの中で、

思いやりと、優しさが広がっていることに嬉しく感じます。

Hard To Say I’m Sorry. ~素直になれなくて~

2014/04/29

晴れの日もあれば、雨の日もあるように

たくさんのお友達と過ごす中で

仲良く遊ぶこともあれば

些細なきっかけで、喧嘩してしまうこともあります。

今回も、些細なことが原因で

喧嘩してしまった二人。

子ども同士で解決するのが難しいときは

お互いの気持ちを聴き、代弁します。

「ごめんなさいをして仲直りしよう?」

ここで解決、かと思ったら・・・

素直になれなかったのか、

一人の子が首を横に振りました。

そこで、自分で納得して仲直りできるまで

そっとしておくことにしました。

仲直りしたい気持ちと

納得したくない気持ちで葛藤し

我慢していた涙がポロリ。

すると、もう一人の子がやってきて

ティッシュで涙を拭き

「だいじょうぶ?」と声を掛けてあげました。

DSC05104_R

さっきまで喧嘩をしていたけど

優しくされると、気持ちがほぐれたようです。

その後無事に仲直りし、

笑顔で手をつないで遊びに行く二人の姿が見られました。

ついネガティブにとらえてしまいがちですが

喧嘩することで育つ社会性はたくさんあります。

自分の気持ちを伝えること

相手の気持ちを考えること

自分の失敗を認めること

相手を思いやること

まだ子ども同士で解決することは難しいですが

時には子どもたちに任せて見守ることで

子どもたちの世界は無限に広がっていくのかもしれません。