まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2014年5月31日 土曜日

登園時は子どもも少ないので

0歳児、1歳児、2歳児はにじぐみの部屋で一緒に遊びます。

 

この日も朝早く登園しているお友達が部屋にいました。

DSC00453_R

いつも一人で、好きな遊びに取り組む1歳児の男の子ですが、

最近では、2歳児のお兄さんが遊んでいる姿をじっと見て、

真似して遊ぶ姿が見られたり、

お兄さんが移動すれば、着いていくことを繰り返しています。

 

そして、友達も増え、各部屋に移動した後、

この日をきっかけに男の子はずっと電車を繋げて遊ぶようになりました。

DSC00455_R

今では一番好きな遊びです。

登園して短い時間ですが、同じ空間で遊んでいくうちに

一緒に遊んでくれるお兄さんは、遊びの展開を教えてくれる

かっこいい、憧れの存在になりました。

 

1歳児の子どもは、好きな玩具を見つけて、

一人で遊ぶ子もいれば、

気の合う友達と一緒に遊ぶ子もいます。

しかし、こうやって年上の子の姿を見ることで

自分の好きな遊びにヒントを教えてくれたり、

新しい遊びの展開を見つけたり、

また、友達に広げていくこともあります。

これからも子ども達がたくさん異年齢で交流できるような環境を準備し、

「いつかはお兄さん、お姉さんたちのようになりたいな。」と

憧れや尊敬される姿になっていくことを楽しみにしています。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月31日 土曜日

そらぐみではブロック遊びが人気です。

最近ではお友だちと一緒に作る事も増えてきました。

IMG_4186_R

ブロックに動物たちをたくさん乗せて、

動物園でも作っているのでしょうか。

IMG_4187_R

二人とも真剣な表情ですね。

車の上に積み重ねて、このような物も作っています。

IMG_4199_R

以前は、一人で積み重ねて遊ぶ事が多かったそらぐみさん。

同じブロック遊びでも、想像力や表現力が豊かになると、

様々な個性溢れるものが作れます。

友達とイメージを共有して遊ぶことで言葉を交わす機会も増え、

会話ができる楽しさや、喜びもさらに増すでしょう。

今度どんな遊びの発展を見せてくれるか、これからも楽しみです。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月31日 土曜日

お散歩に行った時の光景です。

 

P1190181_R

 

 

 

 

 

 

 

3歳児がお花を摘んで来て

「い~ち、に~、さ~ん」

と、数をかぞえながら

3人で分け合っていました。

森の学校、分数の時間です。

 

お花を分けてどうするのかな~・・・

 

P1190184_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の枝を持って来て

お料理の時間がスタートしましたよ。

「わたしのごはんもいっしょにまぜましょう」

などと会話をしながら楽しんでいました。

今度は足し算です。

 

すると、そこへ・・・

 

P1190190_R

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理を作っていることに気付いた

3歳児や5歳児が

木の枝やまつぼっくりを持って来て

「これもまぜたらおいしいよ」

「ぼくのごはんもつくってほしいな」

と、たくさん集まってきました。

 

最初は一種類の花や木の枝にしか

触れていなかったけれど、

お友達の輪も広がれば

触れられる自然の数も増えてきますね。

ここから始まる。さんすうの始まり。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月30日 金曜日

4歳児、5歳児のお兄さん、お姉さんと

リトミックをしました。

はじめは緊張したのか

遠巻きに見ていたにじぐみさん・・・

DSC02529_R

大好きな ♪手をたたきましょう

いつもなら歌ったり踊ったりと

体全体で表現しているのですが

今日はピクリとも動きません・・・。

 

しかし、音楽に合わせて楽しそうに

歌ったり踊ったりしているお兄さんお姉さんを見て

体は自然に動き出しました。

DSC02541_R

かえるになったり・・・

DSC02537_R

へびになったり・・・

DSC02535_R

ちょうちょうになったり・・・

始めは先生の「かえるに変身!」の言葉を合図に

様々な動物になりきっていたお友達。

聞きなれている動物の歌だったこともあり、

先生が何も言わなくても

曲調を聴き分けて、

自然とかえる、へび、ぞう、ちょうちょうに変身していました。

 

普段から歌、音楽が大好きなお友達ですが、

この日はお兄さん、お姉さんの力も借りて

音に合わせた表現遊びが、

何倍にも広がったようです。

音に合わせて体を動かしたり、

聴き分けて次々と変身していったり、

音楽に合わせて遊ぶってこんなにも楽しいんだ!

そう実感したことは間違いないでしょう。

年齢を超えて楽しめる音の力を

これからもたくさん保育の中に取り入れていきたいです。

DSC02534_R

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月30日 金曜日

晴れた日は、体をたくさん動かして遊べるように

戸外活動の時間をたくさん用意しています。

走る、登る、ぶら下がる・・・

思い思いの遊び方で楽しんでいます。

運動遊びが大好きな子もいれば、静かに遊ぶ方が好きな子もいます。

この日も、2階のテラスで遊んでいたのですが、

しばらく経つと、日陰で座り込む子がちらほら・・・

「もっと体を動かすことを楽しんで欲しいな・・・」

そんな願いから、ある道具を使う事にしました。

CIMG0992_R

鍵盤ハーモニカです!

音楽に合わせてなら、体を動かすことが楽しくなるかもしれない・・・

いつもとは一味違う、あおぞら音楽会の始まりです!

音を鳴らすと、それぞれで遊んでいた子ども達が集まってきました。

まずは手遊びから。

次は広いテラスを使ってのびのびと体を動かしてみました。

「さんぽ」に合わせて行進したり、

CIMG0998_R CIMG0995_R

「かえるのうた」に合わせてジャンプをしたり。

CIMG0993_R

陽気なリズムと仲良しの友達が一緒なら

体を動かすことがどんどん楽しくなります。

最後に音楽に合わせてみんなで体操をしました。

CIMG0999_R

「こうやって遊ばなければならない」なんて決まりはありません。

遊びのバリエーションは無限にあります。

子ども達が自分たちで自由に遊ぶのも良いですが、

子ども達の遊びが、より楽しく、より豊かになるように

一つのきっかけを、作っていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月30日 金曜日

いよいよ5月も終わり梅雨時期に入りますね。

気温も高くなってきて暑い日が続いていますが

まみぃ保育園のお友達は

毎日元気よく外で遊んでいます。

 

散歩で白水大池公園に行ったときのことです。

 

これはなにしている写真だとおもいますか?

P1190185_R
公園に来ていた地域の方に

駆け寄って大きな声で「こんにちは」と

挨拶をしている瞬間です。

 

普段から散歩ですれ違う人には

挨拶をしている事は多いですが、

自分から駆け寄って挨拶をする姿は

あまり見たことがありませんでした。

にこやかに挨拶を返してもらい、

朗らかな空気に包まれていました。

 

挨拶は人と人を結ぶ大切なものです。

心と心が繋がる瞬間にもなります。

 

周りのお友達にも、

自ら進んで挨拶をする連鎖が

広がっていってほしいな、と思いました。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月29日 木曜日

 

 

 

掃除をしている保育士に興味深々のお友達。

5分ほど保育士の姿を見ていたので

CIMG0204_R

保育士が「お手伝いする?」と誘うと

満面の笑みで「うん。」と答えました

CIMG0208_R

一緒に掃除するのは真剣な表情・・・

そのあとお友達は

CIMG0211_R

満足して園庭に駈け出していきました。

何かを達成すること、それは何とも言えない爽快感です。

達成感を多く味わうことが出来ると、

次に向かって頑張ることができます。

何とも言えない爽快感が、子どもの笑顔からも伝わってきますね。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月29日 木曜日

気持ちのいい晴天の日、みんなでお散歩に行きました。

IMG_4166_R

 

『バスを見にいこう!』

この日は近くの公園ではなく、園周辺を散歩しました。

『きゅうきゅうしゃ見たい!』 『パトカー見たい!』

そんな会話が自然と広がります。

みんな、期待に胸を膨らませているようですね。

信号を曲がると、すぐそこには…。

IMG_4169_R

『あっ!!』

IMG_4168_R

みんなが楽しみに待っていたバスの登場です。

目を輝かせて、一斉に手を振るお友だち。

優しいバスの運転手さんが、手を振り返してくれました。

それがとっても嬉しかったのでしょうね。

バスが見えなくなるまで、いつまでも手を振っているそらぐみさんでした。

子ども達が大好きな乗り物。

絵本や写真で見る事もあるけれど、本物を実際に自分の目で見る。

一番子ども達の目が輝くのは、この瞬間です。

今回は救急車やパトカーは見つけられませんでしたが、

もしかしたら、バスの運転手になりたい!

なんて夢への第1歩が芽生えたかもしれませんね。

また今度のお散歩で、大好きな乗り物に出会えるといいな。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月29日 木曜日

最近友達と遊びを共有して楽しむ姿が

たくさん見られるようになったにじ組さん。

この日もクーゲルバーンというボールころがしの玩具を使って

2人で繰り返し楽しんでいました。

DSCF0876_R

ボールがコロコロ転がって落ちるたびに

女の子と男の子は顔を見合わせて笑っていました。

保育園の中で生活を共にするお友達は

遊び方を教えてくれたり、時には喧嘩をして我慢をすることも教えてくれます。

そしてこの人間関係は1歳児のにじ組の子ども同士の関わりからも

生まれているのです。

DSCF0875_R

遊びを通して相手の心を知り、自然と人間関係を学びます。

また、楽しそうにしているところに他のお友達が集まります。

今までは保育士が仲立ちをしたきっかけで

友達との関わり合いを持つことが多かったにじ組さんですが、

これからは自分の意思で作りあげていく人間関係を重視し、

しっかり見守っていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年5月28日 水曜日

給食できたかな~?

とランチルームに向かうゆめぐみさん。

離乳食の子は、一足早く食事が始まります。

IMG_1736_R

離乳食は初期・中期・後期の3段階に分けて、月齢に合わせて食べています。

初期食・中期食の段階の子は援助が必要なため、大人の高さと同じ高い椅子に座り、

自分でコップを持って口に運んだり、

スプーンを握る練習をしながら食事します。

IMG_1871_R

後期食の子は、足のつく高さの椅子に座って食べます。

このお友達はおかずを自分でスプーンを使って食べた後、

少し残ったお汁をどうしたのだと思いますか?

CIMG2967_R

  ・・・綺麗におかずを食べた後、食器を持ってお汁を飲んでいました!

CIMG2969_R

私達職員はもちろんのこと、給食室の先生も喜ぶだけでなく

最後まで綺麗に食べることが出来たと、本人が一番大喜びですね。

この日のメニュー、お花を型取ったにんじんも入っていたんです。

CIMG2979_R

給食の先生の、一手間の工夫。

目にも美味しく、食欲も増しますね。

ゆめぐみは、月齢に合わせ、ひとりひとりの健康状態を把握し

そしゃく具合や消化できているか等を確認しながら進めています。

今後も、自ら食べようとする意欲を大切にし、

必要な時には手を添えていきながら、

満足感が味わえるようにしていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について