MENU

2014年 6月

+α

2014/06/28

CIMG0348_R

 

 

園庭のテーブルから

不思議な手がにょき!

回りこみ、横から見てみると・・・

CIMG0347_R

帽子をかぶった男の子。

「何してるの?」

と尋ねると

「ブルドーザーの真似。」

何でブルドーザーの真似?と疑問に思いますよね?

CIMG0355_R

帽子の後ろ”安全第一”の文字。

日頃、帽子を忘れた子は日射病防止の為

基本的に戸外で遊べないルールになっています。

この日、男の子は園庭で遊びたい葛藤の末

表現ゾーンにある帽子を持ってきたとの事でした。

元々は保育室で使うために準備した環境も

子どもの知恵が加わることで

園庭での新しい遊びに発展した瞬間でした。

広がる可能性

2014/06/28

園庭に行ってみると、以上児のお兄さんお姉さんの

体育教室が行われていました。

始めは大好きな砂場遊びに夢中になっていたお友達ですが・・・

「よろしくおねがいします!!」

という大きな挨拶の声が聞こえると

何だろう?と、一気に釘付けになりました。

IMGP3773_R

IMGP3772_R

「いち、に、さん、し・・・」

元気な体操の号令が聞こえます。

お茶を飲みながらも視線をはなすことはありません。

IMGP3774_R

次に始まったのは鉄棒。

にじぐみのお友達で鉄棒遊びをする時は

ぶら下がって遊ぶことがほとんどでした。

お兄さんお姉さんが前回りや逆上がりをするのを見て、

始めてみる遊び方に驚いたのでしょう。

鉄棒の技を繰り広げていくお兄さん達の姿は、

すごく新鮮で、格好良くて、尊敬できて、

ひと時も見逃すまいと、邪魔することも無くじっと見つめています。

 

お兄さん、お姉さんのようにすぐには出来ないかもしれません。

それでも、今まで自分が知っていた

鉄棒遊びとは違う遊び方を知り、

何年後という近い将来

自分もこんな姿になるんだと期待を持ち、

鉄棒という遊具を通して、

幾通りにも可能性が広がっていきます。

以上児のお兄さん、お姉さんから学んだ自分の可能性は

にじぐみのお友達にとって、大きな収穫となりました。

これからは自分の可能性を信じ、

一味違う鉄棒遊びを楽しめることでしょう。

シールで数、形遊び

2014/06/28

先日の活動時間

「シール楽しかった!」「もっとしたい」

「ぺったんぺったん またしたい!」

このような会話をしているお友達がいました。

日頃の活動時間に〈シール遊び〉をするお友達も増え

子ども達の興味はシールにも向きつつあるようです。

子ども達の様子をのぞいてみましょう

DSCN1094_R

椅子に姿勢良く座り

集中して取り組んでいます。

「どんな形がすき?」そう聞いてみると

「まる!」「さんかく!」「しかく!」

それぞれ好きな形を答えてくれました。

子ども達はどんな用紙に

シールを貼っているのでしょうか?

    DSCN1096_R  DSCN1056_R

〇・△・口の形や

△と口で出来たお家、または

縦列、横列を意識して作成した用紙。

枠内に貼れる子も、そうでない子も

お友達は何度も楽しそうにシール貼りをしていました。

他には数字に興味を持ち、数の認知に繋がるように

サイコロ風に作成した用紙もあります。

DSCN1095_R

色々ある中で今回一番人気だったのは

シンプルに「丸〇」の用紙でした。

形を見分けたり

数字や数の認知力を高めたり、

手、指先の発達を促す為に

このような環境に整えました。

ああ

日々、子ども達と関わりながら、

子ども達を見守り、観察して

子ども達にとって必要なものは何なのか

考えてより良い保育をしていきたいと思います。