MENU

2014年 7月

“やさしさ”

2014/07/31

CIMG0517_R

ゆめぐみのお友達は周りのお兄さん、お姉さん達からの

暖かな優しい気持ちの中で日々成長しています。

泣いているとすぐ側に駆けつけてくれ、頭を撫でてくれたり

ハイハイで移動をしていると頑張れと言って応援してくれたり・・・

ここには書ききれないほど、お兄さんお姉さん達から

いつも暖かな気持ちを受け取っています。

ゆめぐみのお友達もその暖かな気持ちを受け取っているせいか

最近では泣いているお友達の側に行き様子を伺ったり

ゆめぐみの中での“小さなお友達”に対する関わりに

少しずつ変化が見られはじめています。

子ども達の中でも芽生えてきた“やさしさ”

その気持ちを大切にしていきたいと思います。IMG_2889_RIMG_2904_R

 

素敵な言葉

2014/07/31

絵本の読み聞かせをしていると

「せんせーい、わたしがよんであげる」

と、5歳児の女の子が声を掛けてくれました。

その姿を見ていた4歳児が

「じゃあ、わたしお手伝いするー」

P1190809_R

 

 

2人で皆に大型絵本の読み聞かせをしてくれました。

5歳児は読み手をし、4歳児はページをめくる

お手伝いをしてくれていました。

P1190808_R

 

 

他のお友だちは5歳児が読んでくれる絵本に夢中です。

読み聞かせが終わった後4歳児が

「私も皆に絵本読んであげたい、かっこよかったなー」

と話している声を耳にしました。

年上のお友だちに憧れて、真似をし、

それが成長につながります。

最後に、5歳児はお手伝いをしてくれた4歳児に

「お手伝いしてくれてありがとう」

と言っていました。

「ありがとう」

心を温める言葉を伝える素晴らしさが、

子ども達同士、育て合っていると感じたひと時でした。

 

星屑

2014/07/31

P1070259_R色とりどりの星。

何で出来ていると思いますか?

答えは、寒天です。

先日、みんなで作った寒天が完成したので遊ぶことにしました。

初めは手に乗せたり、タライに出したりしていました。

P1070261_R

次第に、つるんとした感触を楽しんだり、

ギュッと握った時にさくっと割れる感触を楽しんだりしているうちに、

寒天は星屑のように小さな粒になっていきました。

P1070263_R

ここからは、ままごとの始まりはじまり~

カップに同じ色だけ入れてみたり、

色んな色を入れたり・・・

「デザートどうぞ」というようないつもの会話の中に、

「かわいいね」

「きれいだね」と

友達が作った物を一緒に喜ぶ姿が見られました。

友達に共感してもらえると嬉しいですよね。

その嬉しい気持ちを友達に分けられるようになって欲しいです。

P1070260_R