まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2014年9月30日 火曜日

もうすぐ運動会です。

競技に使う道具を準備中・・・

 

IMG_1736_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人が始めると、「わたしもしたい。」

と何人もの子が、やってきました。

 

大人が全て道具を準備するのではなく、

子どもも巻き込んで準備をします。

それは、運動会や競技に興味を持ってほしいからです。

 

IMG_1738_R

 

 

 

 

 

 

 

 

4歳、5歳の子が紐を作っています。

三つ編みをしている様子を見て、

3歳児の子がやってきました。

「わたし、ピンクがいい。」

年上の子の様に上手くは出来ませんでしたが、

これがどんな道具に変わっていくのか

興味は持ってくれたはずです。

運動会だけでなく、

子ども達も遊びの中で手先を動かすので、

集中していました。

自分たちの作った道具で、

笑顔の運動会をつくっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月30日 火曜日

 

園庭のロッククライミングに挑戦しようとしているお友達。

DSCN2862_R登るにはコツが必要なようで、中々登ることができません。

そして、

どうしたらいいのかわかわず、

女の子は立ち竦んでしまいました。

DSCN2868_R

傍ではコツをつかんだ男の子がスイスイと登り始めました。

DSCN2869_R

「わたしも のぼりたい!」そんなことを呟くと

「がんばって! ぜったい のぼれるよ」

男の子の上から応援していました。

DSCN2866_R

そう声を掛けられた女の子は、

隣の男の子と一緒に諦めずに挑戦し出しました。

「うーん できない」「もういっかい!」

何度も何度も繰り返して

そしてついに・・・一段登ることが出来ました。

「やったー! のぼれたよ!」

「みてみて!」と言う女の子。

そんな嬉しい気持ちはお友達にもよく伝わったようです。

DSCN2867_R遊びに満足すると女の子は、

男の子たちに「また しようね」と言っていました。

DSCN2873_R

その後、ロッククライミングに挑戦し続けている男の子の

落とした帽子を拾い、熱い視線で見守ってあげるという

やさしい思いやりの心も見られましたよ。

ああ

「出来ないから」と思ったりせずに

挑戦しようとすることが

新しい自分になれるチャンスなのですね。

どんなことでも

小さな一歩を踏み出すことで、

大きな前進につながることや一生懸命することの大切さや

子どもに教えてもらえた瞬間でした。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月30日 火曜日

にじぐみのお友達は給食の時間が大好きです。

今までは、自分で食べることができない時は

保育者が食べるお手伝いをしていました。

 

しかし、最近は・・・

食器に広がったおかずを集める、最後の仕上げを友達に頼む姿や、

それを快く受け入れてくれるお友達や

「あつまれしてあげようか?」 「うん、ありがとう。」と

子ども同士の会話が聞こえてくる日もあります。

DSC01276_R

 

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとう。」 と 「ごめんね。」という言葉。

私たち大人はよく使っている言葉だと思いますが、

子どもたちにとって、お友達にその言葉を伝えることは難しいです。

なぜ、ありがとう。ごめんね。と言う言葉が必要なのか、私たちはその意味も伝えています。

お部屋の中でその言葉が自然に飛び交う時、子ども達は今よりも笑顔が増え、

お友達に対して思いやりを持って関わっていくことができるようになるでしょうね。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月30日 火曜日

DSC02636_R

なになに、楽しそう・・・!

DSC02638_R

どんどん集まってきます。

DSC02640_R

わ!こんなところに!!

 

毎日楽しい発見で溢れている子ども達。

発見は快感です。

その喜びは、発見した瞬間、

そしてその発見を共有することで、

心を、脳を刺激し、満ち足りた気持ちにさせます。

私たちもその歓喜を一緒に味わっていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月29日 月曜日

 

 

毎日子どもの往来を事務室より眺めていると、

窓枠から頭一つ伸びたかな?と思うのは、夏の盛りが過ぎた頃。

エネルギーがみなぎる時期にたくさん遊び、食べて、

子どもたちの体の成長には、目を見張るほどです。

清々しい風が通り抜けるようになった9月、

子どもたちが事務室前を通る空気も、今まで以上に颯爽としています。

また、成長をしているのは子どもだけではないようです。

ホームページの開設と同時にブログを始めて半年。

保育理念の方向性が真っ直ぐ同じように向いていけるようにと、

この目標を置いて、日々保育の発信をしています。

今まで受身だったような先生たちも

(なかなか発言するには遠慮がちな、大和なでしこの様な先生ばかり!?)

心の内を表明できる材料が出来たとたん、職員同士でも保育観が伝わりやすくなり、

お互いにそれを認め合うので、大変生き生きとしてきたように思えます。

1

この10年間、職員の交代が著しく、(なにせ綺麗どころが集まっているので、結婚退職が続くんです・・・)

各々の保育の取り組みを尊重していたため、個性が光り、特色のある保育を毎年工夫していましたが、

どうしても担任が替わると連続性や連携が弱くなることに気づきます。

「伝承」と「習慣」の区別を勘違いしていたり、

ひとつ前の反省点は生かされていても、

そこに至った経緯まで把握できている職員が少なく、

再構築を繰り返すなどの紆余曲折がありました。

1

そこに理念発信のHP作成の話を頂き、ドキドキしながら始めてから早半年。

漠然とイメージしていた方針や理念が具現化され、

皆が同じ幹になってしっかり大地につけたように思えます。

1

この幹が次第に深く根を張り、「しなやかな」枝を伸ばす大樹になれるよう、

私たちは日々子ども達と共に、育ち合いたいと思います。

2013060720393059a_R

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月27日 土曜日

 

 

CIMG0923_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少しで運動会

今日はかけっこ遊びをしました。

 

かけっこをしていると

傍からは「頑張れ。」と声援が聞こえてきました。

いきいきしたこの表情。

 

もちろん保育士が促したわけではありません。

子どもたち自ら声援を送っていました。

 

自分の事のみでなく

相手の事も自分事の様に楽しみ、応援する気持ち

人との関わり合いを作る中で大切なことだと思います。

 

この気持ちを育むことが出来る育ちを大切にしていきたいですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月27日 土曜日

まっすぐ見つめる視線の先にあるのは・・・

たいよう組のお姉さん達です。

先生に変わって手遊びをしてくれました。

DSCN5783_RDSCN5785_R

その後は紙芝居の読み聞かせもしてくれました。

紙芝居が始まると・・・

子ども達は自然とお姉さん達の側に集まってきました。

 

DSCN5781_R

DSCN5788_R

自分達の為に手遊びをしてくれる。

紙芝居を読んでくれる。

一緒に遊んでくれる。

自分の為を思ってしてもらったことは、

きっとにじ組の子ども達の心の中に

嬉しい、ありがとうの気持ちとなって残ります。

これからもたくさんの人たちとの関わりから生まれる気持ちを

大切にしていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月27日 土曜日

そらぐみのベランダでせんたく遊びを行いました。

CIMG1820_R CIMG1814_R

人形の服やままごとのバッグなど

普段自分たちが使っているものだからなのか

子ども達は大はりきり!

和気あいあいと、洗濯を楽しんでいたのですが・・・

ここで一つ、職員が仕掛けを施しました。

CIMG1821_R

「あ!!よごれてる!」

洗濯物の一つに、あえて分かりやすい汚れをつけてみました。

子ども達は黒い汚れにびっくり!

初めは戸惑っていたものの

「きれいにあらってあげる!」

と力を合わせてゴシゴシと汚れを落としてくれました。

CIMG1822_R CIMG1824_R

丁寧に泡を落としたら、元通りキレイに!

子ども達は泡だらけの手で汗をぬぐい、にっこり満面の笑顔。

目に見える違いに、達成感が何倍にも膨らんだことでしょう。

洗濯機も便利ですが、手で洗う経験をすると

もむ、しぼる、干すなどの動作を覚えると同時に

洗濯の大変さや、キレイにすることの楽しさを

身を持って知ることができますね。

「生活」と「遊び」は色んな所でつながることができます。

遊びながら生活習慣を身に付けられたら・・・

子ども達にとって最高の学びになるでしょう。

最後に子ども達が一言・・・

「せっけんのいいにおいがするね!」

CIMG1829_R

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月26日 金曜日

 

IMG_2428_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の絵を描いているのかな?

と覗いてみると、

 

 

ド、ㇾ、ミ、ファ・・・

 

IMG_2427_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こうすれば、いつでも練習できるよ。」

 

女の子は嬉しそうに答えてくれました。

 

 

年長は昼に鍵盤ハーモニカのレッスンをしています。

もちろん、部屋には実物も準備しているのですが、

数に限りがあり、使いたい時に必ず使えるわけではありません。

 

順番を待つ間、少しでも練習が出来るようにと

考えた結果だったのでしょう。

 

 

「ない」からしない、「ある」からする。

 

ではなく、

 

「ない」ならつくる。

 

 

0(ゼロ)を1(いち)に出来る子たちが増えることで

生きる力をたくさん持った子が増えていくと思います。

 

 

将来は発明家・・・という子も出てくるかも!?

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年9月26日 金曜日

片付けの時間になり、子ども達が片付けを始めました。

そんな中、電車で遊んでいたお友達の様子を見ていると

なにやら揉めているようです。

P1070662_R

 「かたづけだよ」

「いやだ~」

「でも、かたづけだもん」

「いやだぁ~」

「・・・」

説得を試みたお友達でしたが、仕方なく諦めて、

他の片付けのお手伝いを始めてしまいました。

すると、泣きながらその様子を見ていた男の子は、

自然と泣き止み、自分から片付けを始めました。

P1070663_R

初めは、お友達の言葉に納得がいかなかったのかもしれませんが、

そのことでお友達がどう思うのか、

自分はどうしないといけなかったのかが分かったのかもしれません。

時には喧嘩をすることもありますが、

子ども同士の関わりから、心の成長がうかがえたワンシーンでした。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について