MENU

2014年 11月

あたたかい きもち

2014/11/29

 

以前にも紹介した「取り合い」の場面。

この日、お互い興味のある玩具を取り合っていました。

DSCF6171_R

今までは、お互い一方通行で

保育士が代弁することがほとんどでしたが

この日は少し変わった場面が見られました。

 

様子を見ること数分・・・

保育士がお互いの気持ちが分かるように

少し言葉掛けをしました。

 

すると、一方の男の子は玩具を譲り

受け取った男の子は「ありがとう」とお辞儀をしていました。

その後、受け取った男の子は、譲ってくれた男の子に

別の玩具を渡し、お互い納得し、再び遊びはじめました。

 

「かして」と言われた後に「かす」ということは難しく

子ども達にとって「自分」が中心なのは当たり前です。

 

取り合いをすることも一つの大切な経験であり

その中から優しさ、思いやりの気持ちも芽生えます。

これからも、やり取りを通して「かしてもらえて良かった」

と互いに感じられるような関わりをしていきたいと思います。

遊びと学び

2014/11/29

 

 

 

お部屋の図鑑のあるゾーンから

何やら男の子二人の楽しそうな会話が・・・

 

CIMG1276_R

「この恐竜しっぽが長いね。」

「何と言う恐竜なのかな?」

2人は食い入るように図鑑を見ていました。

 

普段は外で虫探しや走って遊ぶことが大好きなお友だちも

室内では、また違う表情を私たちに見せてくれます。

 

「教育」と言う枠組みにすると、

難しく考えてしまいます。

しかし、遊びの環境に知識を得るための材料を準備することで

子どもたちの学びに繋がっていきます。

 

子ども達が出来るだけ多くのことに興味を持ち、

たくさんの物を見ることができるように

考えていきたいです。

次はどんな環境を準備しようか・・・

考えるとわくわくします。

 

CIMG1278_R

 

 

小さなお兄さん、お姉さん

2014/11/28

半年前に比べ、子ども達の成長も著しく伸びてきました。

高月齢のお友達はにじぐみのお友達と一緒に遊んだり、給食を食べたり

少しずつお兄さん、お姉さんに向かっています。

 

この日は、眠たくなって横になっているお友達を見つけてラックを動かし、

笑顔であやしてくれるお友達がいました。

DSC01965_R

今までは、あやしてもらっていた男の子ですが、

最近は周りのお友達が気になって仕方ありません。

少しずつお友達の存在を意識するようになってきました。

 

保育園では一番年下のクラス同士ですが、

お世話をしたいという気持ちは、年長さんと変わりません。

 

同じクラスのお友達でも小さいお友達をみつけると

そっと寄り沿ってあげたり、よしよしと頭を撫でる姿が多く見られますよ。

近い将来、まみぃ保育園の鏡となる

大きいお兄さん、お姉さんになると思うと、とても楽しみですね。