まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2015年1月31日 土曜日

 

以上児の部屋には

ビー玉が入った箱があります。

CIMG1851_R

ビー玉を部屋に置くときに

29個という数字がきりが悪いので4個減らし25個にするか

保育士同士で話しがでました。

 

しかし、きりの良い数字が子どもにとって分かりやすいのか?

それは、大人の考えではないか?と話しになり

ビー玉は29個のまま玩具として部屋に置きました。

 

ある日のこと、子どもが

「ビー玉が27個しかない、2個足りないと。」

と言いつつカレンダーを指差しました。

 

「ん?何故カレンダー?」とカレンダーを見ると

すぐに謎はとけました。

 

CIMG1850_R

 

 

その子はカレンダーの数字を使って

ビー玉の数を数えていたのです。

 

どうしても、子どもと日々一緒にいると

大人の固定概念で子どもたちに物を言ってしまうことがあります。

しかし、それが本当に正しいことなのか自分を疑ってみる事で

また新しい発見が生まれてくるのかもしれませんね。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月31日 土曜日

雨上がりの園庭には楽しいことがたくさんあります。

 

ある日・・・

4歳の女の子たちが水溜りを使って遊び始めました。

IMG_3729_R

IMG_3726_R

水溜りを使った幅跳びのようです。

飛べると更に大きい水溜りに挑戦です。

 

成功するとみんなから拍手が。

拍手がもらえる度に最高の笑みがこぼれていました。

 

次の日・・・

5歳の子たちは発見しました。

水はけをしている先生の横に来て、

 

水が流れてるー!川みたい。

 

そこで、葉っぱを浮かべて競争しようと提案し始まった

葉っぱ船競争!!

IMG_3792_R

子どもたちは各々、葉っぱを集めてきて

よーい、どん。

 

IMG_3790_R

結果は、全部の船が浅いところで止まってしまい同着でした。

しかし、子どもたちは満足気に何度も船を浮かべていました。

 

一つのものでも年齢によって

視点が違い、遊び方も様々です。

 

年齢が上がるにつれ、知識も増えていき

興味を引く難易度も上がっていきます。

 

疑問の難易度も上がっていきます。

 

それが勉学へと繋がっていくのだと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月31日 土曜日

ある日の園庭の様子。

そこには、綱で作られたトンネルに挑む

何人ものにじぐみさんの姿がありました。

DSC03199_R

次々と続いていく子どもたちの列を見ていると、

自分も挑戦してみようと居ても立ってもいられなくなったのだな、と

想像することが出来ます。

 

一歩踏み出すと、そこは足場の悪い綱の上。

網目に上手く足を引っかけて、

滑りそうになりながらも、

上へ上へとゴールを目指します。

出口にたどり着いた子どもたちは、

自然と続く子を応援してくれました。

もうだめだ・・・と諦めたくなる瞬間ももちろんあります。

でも何よりも、仲間たちの声援が背中を押してくれるのです。

そうして、この時挑戦していた子は全て

最後まで登りきることが出来ました。

 

このトンネルを通して、

挑戦すること、

仲間を応援すること、

諦めないこと、

やり遂げること、

言葉では言い表せないようなたくさんの経験をすることが出来ました。

 

心の成長が著しいこの時期に、

我慢をしたり、諦めずに取り組んだり、

相手に譲ったり、自分の責任を知ったり、

葛藤する場面はたくさんあることでしょう。

でもそんな時、仲間の励ましや言葉や存在があるだけで、

きっと前を向いて頑張れるはずです。

毎日の生活を共にしている仲間だからこそ、

喜怒哀楽を分かち合っている仲間だからこそ、

生まれる信頼や友情や絆を励みに、

これからも勇往邁進してしてほしいものです。

DSC03202_R

DSC03200_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月30日 金曜日

1歳を過ぎたころから少しずつ出始める自我。

自分の足で立って、

よちよちと歩き始めたのに加え、

自己主張・ダダこね・かんしゃく”が出揃ったら、

もう赤ちゃんを卒業した証拠です。

自己主張の楽しみを覚えた子どもたちですが、

自分勝手に好きなだけスピードを出したり、

反対車線を走ったりしていたら、

たちまち事故が起こりますよね

それを防ぐために、世の中には交通ルールや運転マナーがあります

こうしたルールやマナーを身につけて、

やっと子ども達は自由に心置きなく

世の中を走り回ることができるのです

正しい規則は、自由をもたらします

子ども達が道路にでて自由に運転できるようになるためには、

まず、自動車教習所に通ってもらう必要があります

自動車教習所は家庭です

教習の先生は親です

心の運転免許所を手にした子ども達は、

いよいよ子ども社会に出て行って、

自由に楽しく動きまわる子ども達にとっての燃料は何でしょう…

それは、親からもらう安心感です

どんなに遠くに行っても、

帰る場所があり、

帰ってくるとその都度、

たくさんの愛情で心を満たしてくれる存在

しっかりと今子どもに寄り添いながら

心のアクセルとブレーキ(良いことと悪いこと)を教えていきましょう

7308405302_f1df3aaeba_o_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月30日 金曜日

以前ブログで紹介したそらぐみの桃太郎のきびだんご作りのお話。

この遊びの中にはもうひとつエピソードがありました。

おだんごを作り始めたのは一人の女の子。

IMG_6026_R

先生に見せてくれた時の表情は、とても輝いていて得意気な様子でした。

a

そして、そこから『もーもたろさん・・・♪』と

うたから始まったきびだんご作りは、周りのお友だちにもどんどん広がりましたが

中には、思うようにきびだんごが作れないお友だちも・・・

a

『せんせい できなーい。』と言ってきたところ

“〇〇ちゃんが作るの上手みたいだよ”と先生が伝えると

そのお友だちは、きびだんご作りが得意な女の子の元へ。

IMG_6031_R   IMG_6025_R

一緒に作り、見る事でどうやらコツを掴んだようです。 

その後は得意な女の子が中心となってきびだんご作りをしていました。

子ども達の好きな事、得意な事はその子ども達それぞれです。

今回はこの女の子の得意な事が一番に輝き、周りに伝わっていったのでしょう。

ここまで遊びが広がったのは桃太郎という大好きな物語があった事もそうですが、

この中に“きびだんご作りの名人”がいたという事も大きかったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月29日 木曜日

最近、にじ組の子どもたちは

泣いている友達や、こけてしまった友達を見ると、

「大丈夫?」や「どうしたの?」など

側に寄り優しい言葉をかける姿が見られます。

まだ自分の気持ちを全部言葉で伝えることは難しいけれど、

毎日を一緒に過ごす友達の変化に気付いて

自然と優しい言葉が出てくるにじ組の子どもたち。

心も沢山成長している姿を見ることが出来ました。

友達との関わりの中では楽しいこともあれば、

時には気持ちが上手く伝わらず喧嘩をしてしまうこともあります。

しかし、その繰り返しの中で子どもたちの中では色んな気持ちが生まれ、

相手を想いあったり、周りのことを気にしていくようになるのかもしれませんね。

CIMG0302_R

いつまでもこの気持ちが続くように、

子どもたちの心の成長に寄り沿っていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月29日 木曜日

 

「せんせい 手遊び するね」と言い

手遊びを始めた女の子。

DSCN4606_R

 

「トントントントン あんぱんまん♪」

その楽しそうなこと♪

こちらまで楽しくなってしまいます。

 

すると、その様子を見た周りのお友達が

「いっしょに したい」と集まってきました。

 

クラスのお友達がすることで

夢中でしているようです。

DSCN4610_R

そのお友達が絵を見て、想い描いた物語を

その子なりの言葉や表情で伝えていきます。

 

いつもの本の物語と違っていても

子ども達は楽しんでいましたよ!

 

絵本といえば、文章を読んで物語をきちんとに届けようとしがちですが、

想像力豊かな子ども達にとっては、こんな方法もあるのです。

 

 

絵本の魅力は、その時々で多いに変化します。

子ども達にとって絵本などの読み物が

いつまでも興味のそそられるものであってほしいと願います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月29日 木曜日

カプラという木の玩具を使って遊びました。

 

<海>

 

というテーマを持って作ることにしました。

作品を作っていたのは3、4、5歳の異年齢児です。

 

P1210502_R

 

 

これは魚です。

床と平行にカプラを置き形を作り上げ

目だけカプラを立てて置いていました。

 

P1210504_R

 

 

これはタコです。

今度はカプラを横向きに立てて置き、

形を作って目と口は魚と同じように縦に立てて置いています。

 

P1210503_R

 

 

これは船です。

床と平行に置き、たくさん積み重ねて

作り上げていました。

 

縦向きに置いたり、横向きに置いたり

平行に置いたり、立てて置いたり

置き方によって見え方も変わってきます。

 

子どもたちが様々な視点から物事を考えて

素晴らしい作品を作り上げるように

私たち保育者も様々な視点から柔軟に物事を考えていき

楽しい日々を子どもたちと一緒に過ごしていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月28日 水曜日

小さい頃、地面に絵を描いて遊んだ

そんな懐かしい記憶はありませんか?

 

その遊び方は、誰から教わったのでしょうか。

・・・きっと、両親や兄弟と遊ぶ中で、自然と伝承されてきたのだと思います。

 

ある日の公園。

先生が地面に絵を描き始めると・・・

CIMG2418_R

興味を持った子ども達が集まってきました。

ふむふむ・・・なるほど、棒を使って描くんだな。

そんな声が聞こえてきそうなほど見入っています。

 

後日・・・

CIMG2428_R CIMG2427_R

 

今度は子ども達だけで、地面に絵を描く姿が!

先生から子どもへ、遊びが伝承されたようですね。

 

紙が貴重で、今のように好きなように使えなかった時代・・・

そんな時代の子ども達が、「地面に描く」という遊びを見つけたのかもしれませんね。

物に不自由しない昨今。望めば、ある程度の物は手に入ります。

しかし、便利であるがゆえに

発想の自由さや適応力が、乏しくなっている気がします。

 

本来子どもたちは、自由で発想豊かな存在。

豊かな今の時代だからこそ

大人たちが、如何に引き出すかが大切ですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年1月28日 水曜日

これまでブログの中でも異年齢児の記事を

いくつか紹介してきました。

にじぐみのお友達が、お兄ちゃんやお姉ちゃんからお手伝いしてもらったり、

逆にゆめぐみのお友達のお世話をしたりと、沢山の交流が見られてきましたね。

 

最近も、ゆめぐみのお友達と同じ空間で

好きな玩具を見つけて遊んでいます。

ある日、にじぐみの男の子がブロックをしていると

そこへゆめぐみの女の子が興味を持ち近づいてきました。

男の子がブロックを重ねていると女の子も重ね、

重ねたブロックをはずすと真似をしてはずして・・・

繰り返し真似をして遊んでいましたよ。

DSC02276_R

 

 

にじぐみのお友達も、お兄ちゃんやお姉ちゃんの姿を真似して

学んでいますが、今では真似をされる存在にもなってきました。

大人が伝えることはとても簡単なことですが、真似をして(見て)学ぶこと、

真似をされて(見られて)学ぶ事も多くあると思います。

自分の行動が危険を伴うものであったり、一緒に遊ぶ中で

遊び方を自然と伝える事ができたりと、相手に対してだけではなく

自分の行動を振り返られる、いい場面でもあります。

真似をされて”今のは危なかったかな。覚えてくれてよかったな。”と思えることで

お兄ちゃん、お姉ちゃんへと一歩前進していきます。

今は、難しいことだと思いますが、お友達や保育者の真似をして遊ぶことを楽しみ

少しずつでも小さいお友達に伝えていけたらと感じます。

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について