まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2015年2月28日 土曜日

部屋に世界地図を広げました。

 

遊び方は様々で、

国旗を調べたり、

国の名前を覚えたり、

国の場所を探したりしていました。

 

特に国旗当てゲームは人気で

子どもたちは出題者と回答者に分かれ

遊ぶ姿が見られます。

 

 

すると、男の子が虫眼鏡を持ってきました。

 

IMG_4029_R

 

何をするのか見ていると、国旗の模様を見ている様子・・・

 

細かい模様までじーっと観察しています。

 

今は、

星がある!色が似ている!など気づきはありますが

なぜ、丸なのか星が書いてあるのかなど

国旗の模様の理由を知るきっかけになればいいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月28日 土曜日

お友達に優しくしましょう。

お友達が喜ぶことをしましょう。

いわゆる、道徳的な思考は

いつ、どのようにして身に付いていくのでしょうか。

就学して、授業という場で改めて考えることも

一つの方法であると思われますが、

もっと大事なのは日常の中で起こりうる様々な場面を

体験するということなのでしょう。

IMG_0180_R

IMG_0184_R

一歳児のおやつの時間。

「いただきます」の後

机の中央に集められているお茶のコップを

自分で手元に引き寄せます。

 

しかし横に長い机の構造上、

どうしても手が届かない子もいます。

そんな子を見つけると、誰に言われた訳でもなく

「どうぞ」とコップを近づけてくれるお友達。

それは優しさが詰まった行為です。

 

もちろん、コップが届かない子には渡してあげましょう、

なんてルールは存在しません。

でもきっかけは、保育士の「どうぞってしてあげたら?」という

何気ない一言だったかもしれません。

 

保育士として、子どもと関わるうえで、

“何気ない一言”にとても意味を込めています。

誰でも自分のことを第一に考えます。

ヒトとして、当たり前のことでしょう。

ましてや、自我が芽生え自分というものを知り

自分を表現できるようになった一歳児のこの時期に、

いきなり相手の気持ちを考えましょう、

なんて言うのはとても難しいことだと思います。

 

それでも、どうしたらお友達が喜ぶかな?

どうしたら仲良く遊べるかな?

そんな想いを伝いていくことで、子ども達も応えてくれます。

相手の為にとか、喜ぶ為にとか、

難しいことを考えなくてもいいのです。

お友達が困っているから助けてあげる。

 

そんなシンプルな優しさが、

実は人と関わる上で重要なポイントであり、

自然と行動に移している子ども達の姿こそが

生涯続くべき道徳観の在り方なのでしょう。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月28日 土曜日

先日ブログで紹介した、パン屋さん。

毎日子ども達に人気のゾーンです。

 

パン屋さんがOPENする際に、

レジはあるものの、お金等は準備していませんでした。

 

ここからが、子ども達の発想の宝庫の出番です。

「お金がない。」

その一人の一言から

ペットボトルのキャップをお金に見立てたり

お金を折り紙で作ったり

CIMG1988_R

 

お財布を作ったり

CIMG1987_R

 

世界に一店舗のオリジナルパン屋さんが出来てきていますよ。

全ての環境を十分にして提供するのでなく、

あえて不十分にすることで世界に一つだけの物を作ってみませんか?

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月27日 金曜日

 子育て真っ最中の保護者の皆様へ

いつもお仕事をしながら、子育てに家事とご苦労さまです。

少し頑張りすぎている皆様へある本の言葉を借りてお伝えしたいと思います。

親も子も上手に出来なくて当たり前。

子育てに正解なんてないんだよ。

どんなに素晴らしい人でも

子育てで悩まないなんてことないもの。

自分が完璧じゃないことに落ち込まないで

子育ては一人でするものじゃない

みんなでするものだから。

でもね、

ただ一つだけ忘れてはいけないことがある。

それは、あなたの子どもは

いつもあなたを求めているということ。

いくつになっても、どんなときも。

誰もあなたと

代わることはできないのだから。

子ども達と共に成長していきましょう

DSC02926_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月27日 金曜日

子ども達が好きで、何度か読んでいる絵本があります。

その絵本は、

“夜、月を見て、お父さんに「お月様と一緒に遊びたい」という話をして、

お父さんが長い長い梯子を用意してお月様を取りに行く”という内容です。

a

ある日、子ども達がブロックを高く積み重ねていました。

「これでお月様を取りに行くんだよ。」

P1080425_R

 

そんなことを言いながら出来るだけ長くすると、

後ろを振り向きガラスに貼ってる太陽のシールを月に見立ててツンツン

P1080431_R

 

「届いた!お月様触れた!」

まるで絵本の中から飛び出したかのように登場人物になりきって

お月様を取りに行っているようでした。

実はこの日、この絵本を読み聞かせしてはいませんでした。

子ども達が大好きな絵本だからこそ思い出して

遊んでいたのでしょうね。

今回の子ども達が遊んでみようと思ったように

いろいろな絵本に触れ、

心に残るようなお気に入りの一冊を見つけてもらえたらと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月26日 木曜日

今、お部屋にはパン屋さんがあります。

店員さんになれる人数が決まっているのですが

この日は、5歳児の女の子が3人交代しながら

店員さんとお客さんを楽しんでいました。

 

 

しかし、途中で納得いかないことが起こり

少し言い合いが始まりました。

 

5歳児は喧嘩をするわけではなく

自分たちで話し合いを始め

3人がそれぞれ納得いくまで

話しをしていました。

 

P1210662_R

 

 

 

その様子を最初から最後まで、目を離すことなく

じーっと見ていた2歳児の女の子たち。

 

5歳児が話し合いを終え、再び遊び始めたとき

2歳児も見ることをやめ、遊び始めました。

 

じーっと見ていた数分間。

どんなことを思いながら

どんなことを考えながら

5歳児のことを見ていたのでしょうか・・・

 

 

こういった年上の姿を見ていくことで

1年後、2年後の成長に繋がっていって欲しいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月26日 木曜日

少しずつ少しずつ

自分のことができるようになってきたにじ組の子ども達。

自分のことが出来る様になると

今度は周りの困っている友達の姿を見つけ

自然と手伝いを一緒にしてくれます。

「ズボンの履き方はね・・」

「ここに座って・・」

「足をこっにち入れて・・」と

自分の知っている言葉や身振り手振りを使って、

優しく履き方を教えてくれる女の子。

 

 

 

DSCF1195_R

遊びの中での関わりだけでなく、

身の回りのことでも、自ら気付いてお世話をする関わりが見られるようになりました。

DSCF1194_R

今度はどんな子ども達の優しい気付きが見られるのか楽しみです。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月26日 木曜日

ある日の製作ゾーン。

いつものように、白い紙にささっと絵を描いて

席を立とうとしている子がいたので

新しい遊び方を提案してみました。

 

CIMG2505_R CIMG2506_R

そう、こすり絵です!

紙の下に画用紙を置いて・・・

こすってみよう!

しゃかしゃかしゃか・・・

 

CIMG2504_R

「あ!おほしさまでてきた!」

絵が浮き出る不思議を、存分に楽しんでいましたよ。

 

鉛筆で色を塗るのは意外と難しいですよね。

手先が発達し、鉛筆の使い方が上手になったからこそ

新しい遊び方が楽しめるようになったのだと思います。

 

子ども達には常に、新しいことにチャレンジして欲しいですね!

そのチャレンジが、自信や意欲につながることを信じて・・・。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月25日 水曜日

みんながいつも見ている数字。

にじぐみのお部屋にもたくさんの数字があります。

DSC02406_R

みんなが大好きな「はらぺこあおむし」の絵本に出る果物。

DSC02405_R

 

いつも見ている時計。

あらゆるところに数字が出ています。

 

そして、子ども達と一緒に数えることもします。

「1、2、3、4、5・・・」 「もういいかーい?」という

やり取もよくして、数字に触れる機会も多いです。

 

ある日、二人のお友達がブロックのペンギンを並べて数えていました。

DSC02402_R

 

「1、2、4、5、・・・?」

「違うよ!1、2、3、4、5、6、7・・・」と言い合っていました。

二人とも正確に数えることは難しい様子でしたが、

一生懸命数えている姿が見られましたよ。

 

いつも見ている数字や保育者が話している数字を聞いて

子どもたちは覚えています。

無理矢理伝えるのではなく、遊びや環境の一部として

子ども達に伝えていくようにしています。

1歳児では難しいと思われがちですが、

子ども達は数字を指さして疑問に思ったり、理解しようとする姿も見られますよ。

読めないから掲示しないのではなく、”どう読むのだろう?” ”どんな意味だろう?”と

たくさん興味を持ってくれるお友達に育ってほしいですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年2月25日 水曜日

そらぐみのお部屋にこのような

玩具を置いてみました。

DSCN5071_R

この玩具には色々な仕組みのカギが取り付けられています。

 

さっそく、子ども達が「これは なに?」と言いながら遊び始めました。

DSCN5073_R

カギを解くと

「あいたよ!」と言いながら

とても楽しそうです。

 

DSCN5076_R

「こっちも あいたよ」と

指をさすお友達・・・

 

すると!

「あ!」

うん?どうしたのかな?

 

DSCN5083_R「むこうが みえるよー」

DSCN5082_R「ほんとだ!」「こっちもみえるよ。」

中を覗くと向こう側が見えていることに気づき、

「こんにちは」とあいさつを交わしていました。

そしてしばらくの間、二人はおしゃべりを楽しんでいましたよ。

 

このボックスを通して、どこかの扉を開けた気分になったのでしょう。

玩具を使ってこんな遊びも出来るんですね。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について