MENU

2015年 3月

走り出そう!

2015/03/28

この1ヶ月間、2歳児は3,4,5歳児と

たくさん関わってきました。

1日の生活のほとんどを以上児クラスで過ごし、

お世話してもらったり、自分で出来ることは見守ってもらったり、

優しい気持ちで接してもらいました。

初めは慣れない環境に戸惑いを感じ、

不安になったり嫌がってみたりした2歳児さんも、

少しずつ気持ちが打ち解け、安心感や期待感を持てるようになってきました。

DSC04744_R DSC04745_R

ある日の2歳児と3歳児のお散歩では、

一人が興味を持った“虫”に、“なになに?”と集まってくるお友達。

その姿からは、2歳児と3歳児の垣根なんて感じられず、

ごく自然に楽しさを共有しているようでした。

きっとそれは日々の積み重ねから生まれた姿でしょう。

毎日の生活の中でお兄さん、お姉さんの優しさはもちろん、

笑ったり泣いたり怒ったりする姿から親近感さえ覚え、

自分の仲間である安心感から信頼関係を築いているのです。

でも本当のスタートはこれから。

もっと互いのことを知り、ぶつかり、受け入れることで

成長した姿と共に、仲間との強い絆が育まれていくことでしょう。

 

もうすぐ、新年度という“未来”が走り出そうとしています。

DSC04748_R

ペアという異年齢

2015/03/28

まみぃ保育園では、

年上の子どもが、生活面で年下の子どものことを

お手伝いをするペアがあります。

4月不安で泣いていた時慰めてくれたのは、ペアのお友だち。

困った時に助けてくれたのも、ペアのお友だち。

もしかしたら、時には厳しく注意されたこともあったかもしれません。

 

しかし、その困難が子どもたちの絆を強くします。

今では、自然とペアのお友だちと一緒に遊びを楽しむお友だちです。

ペアという異年齢 (1)_R

ペアという異年齢 (2)_R

ペアという異年齢 (3)_R

 

美しい子どもの姿ですね。

 

 

たいせつなともだち

2015/03/28

長い長い人生の中で

出会う人は限られています。

 

 

その中で同じ時間を過ごせる友達は宝物です。

同じことに興味を持ち、

共感することが出来る時間はもっと宝物です。

 

だからこそ、友達の意見を聞いたり

自分の意見を言ったりすることが大切です。

 

もちろん、意見の食い違いから

ぶつかり合うこともありますが、

その中から本物の絆が生まれます。

 

同じ時間を共有できた友達をずっとずっと覚えていて欲しいと思います。

 

 

 

DSC01525_RDSC01615_R