まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2015年4月30日 木曜日

お日様ががでていてぽかぽかといいきもち。

外は、風も心地よく吹いていています。

 

シャボン玉を吹いてみると・・・

DSCN5878_R

「わ!」

「ふわふわー」

ゆらゆらと不規則に動く不思議な物体に

子ども達の目は釘づけ!

 

これはなんだろう・・・?

さわってみよう!

あれ?なかなかさわれないぞ・・・

 

風にのって飛んでいるシャボン玉は中々捕まえられません。

どうやったら触れるのか?子どもたちなりに試行錯誤します。

何度も何度も追いかけてようやく・・・パチン!

「やった~!」

 

「せんせーい」

そう言ってやってきたお友達。

自分で捕まえたよ!と言わんばかりに

シャボン玉を捕まえた手を、嬉しそうに見せてくれました。

 

この笑顔が全てを物語っていますね。

DSCN5875_R

 

この笑顔に勝るものはありません!

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月30日 木曜日

公園にお散歩に出掛けたそら組の子ども達。

一人の男の子が斜面を見つけ、すべり台のように遊んでいました。

DSCF5015_R

その様子を見ていた他の子ども達も一緒に登ったり、降りたり

何度も繰り返し楽しんでいました。

DSCF5012_R

子ども達にとって、公園にある滑り台や、ブランコだけが

遊べる遊具なのではなく、

斜面や段差、木や葉っぱなど全てが遊び場なのです。

そして自分で発見した遊びは他の子ども達にも自然と伝わります。

友達が楽しそうに遊ぶ姿を見て、

「なにか楽しそうだな。」と思う場所に自然と体が動きます。

「友達と一緒だから楽しい。」という気持ちが、

少しずつ芽生え始めたそらぐみの子ども達。

次はどんなことを友達との関わりから学んでいくのでしょう。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月29日 水曜日

 

“〇〇ようびはレディースデー

〇〇ようびはメンズデー”

 

街角でよく目にする光景だと思います。

そこで、部屋の中にも取り入れてみました。

 

IMG_5053_R

絵本ゾーンの一角にある新刊が並んでいるところです。

 

 

IMG_5055_R

 

曜日を固定することで今日が何曜日なのか考え、

行動しています。

 

水曜日には

『女の子、絵本読んで良いよー。』

と知らせてくれる姿も。

 

いつも読めない本が読めるという特別な日に

今日も子どもたちの心はわくわくしています。

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月28日 火曜日

プランターから水滴が落ちている事を発見。

CIMG0316_R

 

じょうろの穴は小さいので左右上下に動かし、

微調整を重ね、

ついに”じょうろ”の中に ポチャン・・・!!

 

水滴をよく観察し

水滴の落ちる位置を把握する

水滴の性質を感じる

水滴を利用する

観察から様々なことが発見できます。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月28日 火曜日

テラスで、花や野菜を育てています。

そこには、雑草が沢山生えます。

子ども達は、綺麗な花を触ったり、時には抜いてしまう事もあります。

花は抜いてほしくはないけれど、

雑草なら・・・ということで

テラスに生えている雑草を抜いて、綺麗にしてみました。

 

バケツの中には、たくさんの雑草が入っています。

DSCF5007_R

”面白そう”と思ったのか、

雑草を見たり、触ったり

バケツを持って重さを確かめたりと

興味津々に見つめています。

 

”知りたい”という意欲を大切にし、

たくさんの物に触れて、

色んなことを学んでほしいと思います。

 

雑草を抜くなら一石二鳥!

そんな大人の発想の転換も大切ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月25日 土曜日

テラスには鉄棒があり、いつでも遊べるようになっています。

鉄棒の高さが、低・中・高と3種類あるため

子どもたちは自分に合った鉄棒を選んで遊ぶことが出来ます。

 

P1220169_R

 

 

 

1歳になってくると腕の力が少しずつついてきます。

グリップがしっかりしてくるので

握りやすい棒や鉄棒にぶら下がることをとても好みます。

 

 

P1220172_R

 

 

 

今は1秒~3秒くらいしかぶら下がることが出来ない1歳児ですが

辛いと思う前に、「降ろして」というサインを見逃さず

5秒、8秒、10秒と次の目標を持ちながら

少しずつ腕の力をつけていきたいと思います。

 

 

P1220170_R

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月25日 土曜日

とても気持ちの良い、晴れた園庭で

子ども達が夢中になって、砂場に穴を掘っています。

IMG_6698_R

 

『もっと、もっと』 『いっぱいほってー!』

そんな会話を弾ませながら、みんな忙しそうにスコップを動かします。

どんどん深く掘っていくと・・・

『でてきたー!!』

大きな歓声が聞こえてきました。

IMG_6701_R

 

覗いてみると、そこにはほんの少しの水たまり。

『ねーねー!みすがでてきたよー』

新しい発見に、周りのお友だちや先生に表情を輝かせながら、知らせてくれました。

いつもなら、掘っても掘っても出てこない水。

でもこの日は前日に雨がたくさん降っていて、砂場には湿り気があったのです。

同じ園庭でも天候が変われば、、それに応じて園庭の姿も少しずつ変化していきます。

自然の恵みを感じられる、その時だからこそ出来る遊びを

これからも、もっと体験して欲しいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月24日 金曜日

DSCF5034_RDSCF5041_R

 

季節を感じ、今だからできる遊びを存分に楽しむ

子ども達の姿はキラキラと輝いています。

新しい環境にも慣れ、日々ワクワクする気持ちを

暖かなおひさまが溶かし、優しい風にのり

笑顔も広がっている毎日です。

DSCF5038_R

この日は 一つ年上のお姉さんがお水やりをしてくれていました。

その中で、不思議な水滴が・・・!

DSCF5049_R

 

プランターの底の部分から、水が一定のペースで

ぽつん、ぽつんと落ちていくのを発見していたのです。

子ども達が見つけるものには、大人には見えない世界があり

逆に私たちが、様々なことを学ぶことがあります。

また、身近な自然の中に見つけた発見を

驚いたり楽しんだりする子どもの表情を見ると、

心の中にかけがいのない物が、やどっていることを感じます。

 

この日は暖かい風の中で、自然に触れましたが

子ども達の目にはどんな風に見えていたのでしょうね。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月23日 木曜日

この日は雨でしたが、いつも遊んでいるテラスに

雨が降っている様子を見に行ってみることにしました。

DSCF1310_R

濡れているテラスに少し足をつけてみると、

「冷たいね」と友だちと顔を合わせて話をしたり

足の裏から直接伝わる感覚を感じていました。

靴とは違い裸足が子ども達に感じさせてくれることがたくさんあります。

靴とは違った肌から感じる砂の感触や石の痛さなど

子ども達が過ごす中で様々な感触を発見してみようと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年4月23日 木曜日

 

ごっご遊びをしているお友だちは、

今から何をするのかな?

DSCN5762_R

お友だちに優しくお布団を掛けてあげました。

 

きっと、お家でお母さんやお父さんに

こんな風にしてもらえたことを思い出して

お友だちにしてあげているのでしょうね。

 

DSCN5761_R

 

 

「おやすみ。」

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について