MENU

2015年 6月

興味と物と人をつなげる玩具

2015/06/30

子ども達は、発達の中で、

様々な「もの」に興味を持ち始める

時期があります。

 

 

引っ張って遊べる玩具。

IMG_0485_R

布を引っ張ってみると、

箱の中からどんどん布が出てくる。

これが面白いようです。

 

 

しかし、この玩具は、ただ引っ張るだけではありません。

 

自分が引っ張ってもお友だちが反対の布を持っていると

途中で止まってしまいます。

子ども達は「え?」という表情で、

不思議そうにみています。

いつもと違う。

あれ?・・・

 

 

不思議なこと

いつもと違う事

法則に気付くこと

成長していく上で、とても必要な力

不思議だな という「体験」を

もっともっと!!

 

ひろがる、ふくらむ、たのしむ

2015/06/30

子ども達が遊ぶブロックの中には、

たくさんの物語が詰まっています。

 

二人の男の子がブロックで遊んでいます。

一人は片手にブロックを持ち、もう一人はポーズを決めています。

何をしていると思いますか?

DSCF5438_R

 

 

「はい、ちーず!」

「パシャ!」

そう、ブロックをカメラに見立てて

写真撮影をしていたのです。

 

遊びを通して子どもたちはイメージを膨らませ、

またそこから広がった遊びの中から会話を楽しんだり、

相手を見つけて遊ぶ姿も多くなってきたそら組の子ども達。

 

そんな友達と楽しい時間を見つけた瞬間でした。

まねっこ

2015/06/27

真剣に見ている子どもたち・・・

 

なにがいると思いますか・・・?

DSC06357_R

その視線の先には・・・

DSC06351_R

子どもたちから大人気のカエル!

 

少し離れてカゴを見つめるひとりの男の子。

DSC06342_R

すると・・・

DSC06360_R

手と足を地面につき、ぴょん!ぴょん!

カエルのように跳び始めました。

DSC06359_R

体全身を使いカエルになりって、楽しさも倍増!

 

“なりきる”

このことで、子どもたちの表現力も

身体能力も幅が広がります。

見るから即行動へ!

この内から溢れる感情や

表現を大切にしたいですね。