まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2015年8月29日 土曜日

子ども達が大好きな絵の具遊び。

今日は色を作って遊ぶことにしました。

用意したのは赤・青・黄の三色。

色の基本である三つの色を使えば、出来上がる色も無限に広がります。

 

赤と黄色、混ぜるとどんな色が出来る?

次はどれを混ぜてみたい?

混ぜる量を変えてみる?

 

そんな会話を楽しみながら、驚き歓声を上げ作った色は、

子ども達にとって唯一無二の、世界に一つだけの色になりました。

そんな色で描いた絵も、また特別な作品です。

DSC05111_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月29日 土曜日

手作りこまのゾーンについては、以前も説明しました。

実際に子ども達が作ったこまがこちら。

DSC05105_R

毎日遊んでいるので年季も入っていますね。

また見比べて分かるように、柄の書き方も変わってきました。

左側はこま作りが始まった頃のもの。右側は最近の作品です。

どちらも中央から外側に向かって色を塗っていますが、

より美しく見せる為に規則正しく描くようになりました。

回してみると・・・

DSC05106_R DSC05108_R

 

 

描かれた規則性は、こまの魅力を引き出していますが・・・。

もっと美しく見せる工夫が出来そうですね。

さて、次はどんな体験をして

楽しくなるための発見をするでしょうか。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月28日 金曜日

お片付け

DSCF3075_R

給食前の準備、支度

DSCF3063_R

言葉の理解し、声を掛けると

次は何をする時間なのか

行動で示すことができるようになりました。

動作と言葉の繋がりが分かってきたからこそ、このような姿が見られます。

その中でも

「貸して」の動作。

両手を添えて表現する子もいれば

自分なりの言葉、仕草で表現する子もいます。

伝え方、表現や子ども達の成長は一つだけでは無く

本当に一人として同じではありません。

あの子の表現はこうなんだな、

言葉で伝えるのは難しいからこそ

このような動作をしていることなど

一人ひとりの成長を理解し、子ども達の気持ちも受け入れていきたいと思います。

DSCF3067_R

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月27日 木曜日

泣いている人を見つけると、大人も心配に思いますよね。

子どもたちもその気持ちは同じ。

DSC06589_R

泣いているゆめ組のお友達に寄り添います。

そして同じ目線になって見つめ、「どうしたのかな」「なんで泣いているの」と考えます。

 

相手の立場や状況を考える為、同じ目線で見つめてみる

このことは人間関係を形成していくために必要なこと。

DSC06588_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月26日 水曜日

保育室にある表現ゾーン。

ステージに上がることができるのは

3人までになっています。

 

先日ステージにいる人は3人だったのですが

ステージわきにもう一人・・・

CIMG0125_R

 

司会の人がいました。

 

 

3人という人数はもちろん数えつつ、考え工夫をする子どもの姿。

保育士が1つ人数を決めるという工夫を行うことで

子ども達は保育士の更に上の工夫を重ねていくんですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月25日 火曜日

好きな物、苦手な物、食べたことがなく不安なものがたくさんあります。

毎日毎日、給食の先生が食材や栄養素を考えています。

DSCF3037_R

 

 

”食べてみようかな”

”でもあまり美味しそうには見えないな”

そんなとき、大人が口にいれようとしても口を開けない時もあります。

 

「これ、おいしいよ」

「がんばれ」

年の近いお姉さんが声を掛ければ・・・

 

DSCF3039_R

 

 

 

口を大きく開けて、パクッと食べました。

年が近いぶん、子ども同士の方が気持ちがよく分かります。

このお姉さんも言っているし、食べれるかな。

そんな気持ちでいっぱいなことでしょう。

家庭だけではできない経験が、保育園の中にはあふれています。

自らしてみたい!そんな気持ちをたくさんみつけていきたいですね。

DSCF3040_R

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月25日 火曜日

P1020608_R

「うわー!お空みてみて!」

男の子の呼びかけにみんなが空を見上げました。

P1020609_R

空には伸びていく飛行機雲。

 

すごいね、綺麗だね

 

子ども達の心の中で様々な感動がありました。

 

綺麗なもの、美しいものと

 

出会う

感動する

それを友だちと共感する

そうした経験は子ども一人ひとりの感性を育てます。

 

子ども達の目に止まるものは美しいもので溢れています。

P1020604_R

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月22日 土曜日

ままごとを楽しんでいる子ども達。

 

おいしそうなケーキは大人気なので、

時には取り合いになってしまうこともあります。

DSC06536_R

 

まだまだ練習中ですが、

少しずつ言葉でやり取りができるようになってきました。

今回も、「かして」と交渉し

しばらくすると…

DSC06538_R

相手の子も「どうぞ」とケーキを全て渡し始め、お皿は空っぽ。

 

・・・見てください、この表情!

DSC06541_R

お友だちに渡すことが出来て気持ちよかったのでしょうか。

相手が喜んでくれると、なんだか誇らしい気持ちにもなりますよね。

 

にじ組の子どもたち

「どうぞ」とお友だちに譲る気持ちも少しずつ芽生え中・・・!

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月22日 土曜日

好きなことと得意なことは

似てるようで違うものです。

しかし好きなものだからこそ、興味のあるものだからこそ、

より上を目指してその腕にも磨きがかかることでしょう。

DSC05089_R

ブロックが好きな子は、

毎日どこかの時間でブロックに触れています。

そんな中で積み上げるものから、空間を作るものに。

違う形に。新しいイメージに。

日々の変化を見つめていくと、

少しずつ名人への道が近付いているようですよ。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年8月21日 金曜日

子どもたちの成長はとても速いものです。

IMG_0116_R IMG_0111_R IMG_0065_R IMG_0013_R

 

 

まだ寝ていることが多かった子どもたちも、

前に進めるようになり、

掴まり立ちをするようになり、

挑戦をして、できることが増えています。

 

”あの箱の中に入ってみたいな”

”大きなプールの中に入りたいな”

子ども達の心の中は、願望がいっぱいです。

あれしてみたい

これしてみたいという気持ちは

生まれたばかりの子にも存在します。

自ら何かに挑戦するために・・・

子ども1人1人の様子を見て、

心の声をキャッチしながら

意欲あふれる空間を作っていきたいですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について