MENU

2015年 8月

世界に一つだけの色

2015/08/29

子ども達が大好きな絵の具遊び。

今日は色を作って遊ぶことにしました。

用意したのは赤・青・黄の三色。

色の基本である三つの色を使えば、出来上がる色も無限に広がります。

 

赤と黄色、混ぜるとどんな色が出来る?

次はどれを混ぜてみたい?

混ぜる量を変えてみる?

 

そんな会話を楽しみながら、驚き歓声を上げ作った色は、

子ども達にとって唯一無二の、世界に一つだけの色になりました。

そんな色で描いた絵も、また特別な作品です。

DSC05111_R

体験して学ぶこと

2015/08/29

手作りこまのゾーンについては、以前も説明しました。

実際に子ども達が作ったこまがこちら。

DSC05105_R

毎日遊んでいるので年季も入っていますね。

また見比べて分かるように、柄の書き方も変わってきました。

左側はこま作りが始まった頃のもの。右側は最近の作品です。

どちらも中央から外側に向かって色を塗っていますが、

より美しく見せる為に規則正しく描くようになりました。

回してみると・・・

DSC05106_R DSC05108_R

 

 

描かれた規則性は、こまの魅力を引き出していますが・・・。

もっと美しく見せる工夫が出来そうですね。

さて、次はどんな体験をして

楽しくなるための発見をするでしょうか。

表現も十人十色

2015/08/28

お片付け

DSCF3075_R

給食前の準備、支度

DSCF3063_R

言葉の理解し、声を掛けると

次は何をする時間なのか

行動で示すことができるようになりました。

動作と言葉の繋がりが分かってきたからこそ、このような姿が見られます。

その中でも

「貸して」の動作。

両手を添えて表現する子もいれば

自分なりの言葉、仕草で表現する子もいます。

伝え方、表現や子ども達の成長は一つだけでは無く

本当に一人として同じではありません。

あの子の表現はこうなんだな、

言葉で伝えるのは難しいからこそ

このような動作をしていることなど

一人ひとりの成長を理解し、子ども達の気持ちも受け入れていきたいと思います。

DSCF3067_R