まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2016年3月31日 木曜日

椅子を2つ用意し・・・何を始めるのでしょうか・・・

DSC07163_R

「つぎ、うしろ~」と楽しそうな声。

DSC07165_R

お医者さんごっこが始まりました。

すると・・・

楽しそうな声に誘われ・・・・

次の患者さん役の子どもが!!!

さらにごっこ遊びは広がります。

DSC07164_R

子どもの遊びの世界は大人の介入がないからこそ、

輝くのかもしれないですね。

“子どもって面白い”を大切に・・・

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月30日 水曜日

僕も描きたい!!

IMG_1642_RIMG_1643_R

 

何を描いたか ではなく

描きたい という気持ちを

何度持てたかが大事です。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月29日 火曜日

DSCF2019_R

この四角い枠は、パズルで使っている枠です。

枠に合わせて子ども達がどんどん形を完成させていくのですが、

ふと子どもに目を向けると・・・

DSCF2018_R

枠を外して机の上でパズルだけで遊んでいました。

「枠の中で出来るようになったから、次は枠を外して遊んでみよう!」と

考えたのでしょうか、子ども達の遊びは日々進化します。

出来たら違う遊び方を見つける、そんな遊びの中での発想から

子ども達の考える力を育んでいけたらと思います。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月29日 火曜日

保育園の中には、家の中だけでは経験できないような

子ども同士の関わりがたくさん詰まっています。

ものを落とした時、そっと手を貸してくれるお友だち・・・

 

IMGP9403_R

 

 

 

危ないと思った時、手を貸してくれるお友だち・・・

 

IMGP9423_R

 

 

泣いている時、笑わせてあげようと一生懸命なお友だち・・・

 

IMGP9438_R

 

 

今日から新クラス。

ワクワクしたり、不安になったりすることもあります。

でも、友だちがいるから大丈夫。

これから、どんな助け合いが見られるのか、

わたしたちもわくわくしています。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月26日 土曜日

かるた

読み札の最初の言葉を聞いて理解し、

置いてある札を取り、その数を競う遊び。

 

そらぐみでも子ども同士でかるたを楽しんでいます。

CIMG1426_R

しかし、まだひらがなビギナーの子ども達。

よーく、耳を澄ませて聞いていると、

「かわいいお顔の〇〇」

「かわいい服の△△」

「か」が何度も出てる!!

 

自分が気になった札の絵柄のヒントを

札を読んでいるかのように言っていました。

 

分からなくても、自分で考えて読み札を作る。

日頃、色々な経験をし、

そこでたくさんの言葉を吸収して、

相手に伝えられるようになったからこそ

オリジナル が生まれます。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月25日 金曜日

子ども達が大好きなお絵描き。

普段は白い紙にカラフルな色鉛筆で、鮮やかに描くことが多いですが…。

この日子ども達は、いつも他は違う方法で楽しんでいましたよ。

IMG_1415_R

 

園庭に出来た水たまり、拾った木の枝、座った木の椅子。

おもちゃに水を入れてきたら、お絵描き開始です。

集中しているこの姿、自然いっぱいのお絵描きも良いものですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月24日 木曜日

春がやってきましたね。

保育園の園庭や畑にも綺麗な春の植物が咲き始めています。

 

 

CIMG4239_R

 

 

花を手に取るなり、この笑顔!!

保育士が用意した環境で

この素敵な笑顔が見られるとも限りません。

 

 

季節ならではの自然を取り入れながら

子どもの笑顔を引き出していきたいですね。

 

最近蜜を吸うことにはまっている子どもたちです。

 

CIMG4238_R

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月23日 水曜日

3月は

別れの季節です。

 

出会いがあれば別れがある

別れがあれば出会いがある

 

そうやって、色々な人と出会っていく

 

そうして、大人になっていく

 

 

暖かな日差しが眩しい今日この頃。

心の中にちょっぴり寂しさ

でっかいわくわく!

IMG_1651_R IMG_1650_R

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月22日 火曜日

手の動き、指先の動きは

乳幼児期に著しく発達します。

 

大きい動きから、細かい動きへ

手先をたくさん使うことで、頭脳を刺激し

考える力を育てると言われています。

 

最近では

DSC01227_R

友だちと協力してパズルをしたり

DSC01228_R

隣の友だちを気にしたり

1人遊びから友だちと一緒に遊ぶことが楽しいと思えるまでに成長しました。

パズルやシール貼りなどは、手先が発達しないと難しい遊びです。

 

「手を使うこと」が必要な時期に

たくさん手を使える環境を用意していきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年3月19日 土曜日

給食の準備、配膳、掃除、片付け、水やり・・・

保育園生活の中で子どもたちが任される仕事はたくさんあります。

そんなお手伝い活動の一つ一つも、

大人が一から教えるよりも

子ども同士で見て学び合う方が、

ずっと早く吸収します。

 

卒園、進級の時期。

別れを悲しむのではなく新しい第一歩として期待感を持ち、

年上、年下の子で関わる素敵な時間が流れています。

 

やり方を伝えるだけではなく、

その中で自然と伝わる責任や自覚。

年長児としての強い思いが受け継がれ、残っていくのですね。

DSC05871_R DSC05873_R

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について