まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2016年6月30日 木曜日

園庭である物を発見。

 

「先生、これなぁに?」

「中を見てみたら分かるかも?」

 

 

IMG_0135_R IMG_0141_R

 

 

IMG_0150_R

 

 

自分達の力で、中を見る事ができました。

「食べれそうだね」「おいしそうだね」と興味を持っていましたよ。

きっかけは興味から。

これなに?という言葉を大切にしていきたいと思います。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月29日 水曜日

グループでカプラに挑戦。

協力して完成させてほしいという願いから

この活動をしました。

DSC02154_R

カプラを持ってくる子、組み立てる子

子どもたちは自分たちで役割を決めて作っていました。

DSC02162_R

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月28日 火曜日

最近積み木を高く積んで遊ぶことが好きな子どもたち。

違うもので積み木と同じように遊べるおもちゃはないかと考え、

試しに紙コップを出してみると、、、。

P1020167_RP1020170_R

 

積み木のように高く積み上げて遊ぶ子どももいれば、今度は積み上げたものを壊して倒れる瞬間や

音を楽しむ子どももいました。

P1020172_RP1020181_R

他にも紙コップ一つひとつの色を言いながら重ねる子どもや、紙コップの中に他のおもちゃを入れて食べ物や飲み物に見立てて遊ぶ子どもの姿が見られました。

子ども一人ひとりにとって遊び方は様々。こちらが何も言わなくても子どもは自分で遊び方を考えています。

紙コップひとつでいろんな遊びに発展させる子どもの発想力は無限大ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月27日 月曜日

3人の男の子たちが乗り物のカードゲームで遊んでいました。

DSCF2064_R

子どもたちの会話に耳を傾けると・・・

読み手の子は「救急車!」「次はヘリコプター!」

カードを相手に取られると「もー!」という声や、

「〇〇君の勝ちー!」など

3人の会話から様々な気持ちが聞こえます。

遊びの中で友達の気持ちを知ったり、自分の思った気持ちをぶつけてみたり

会話を通して聞くこと、伝えることが自然と成り立っています。

子ども同士のこのような会話から

どんな場面に遭遇したときにも、聞く力、自分から話をする力が身に付いていくのかもしれませんね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月24日 金曜日

大好きなおやつの時間。

P1010428_R

自ら、手を伸ばし食べる事が増えてきたゆめぐみのお友だち。

P1010439_R

 

10ヵ月ごろになると、指先を使って小さなものを掴めるようになってきます。

以前は手のひらで、一生懸命口に運んでいたこどもたち。

今では、自らの意思でスムーズに口に入れる事ができるようになってきました。

手先を使うことは、脳の発達にも良いとされています。

それは食事面だけではありません。

活動の中で、子どもたちの興味のあることをみつけ、

自ら触ってみたいと思える環境をつくっていきたいですね。

IMGP9788_RIMGP9793_R

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月21日 火曜日

お茶をコップに注ぐ際、

子どもたちは一列に並び、順番を守ろうとします。

 

その中で、順番を守れず、先頭に入ろうとする子どもがいました。

すると・・・・・・

 

CIMG5161_R

 

責めることも無く、みんなのコップを置いて、注いであげる子どもがでてきました。

順番に一列に並ばなくても、これならみんなで一緒に注ぐことができますね。

互いに思いやり、考える力がついていることを感じた一場面でした。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月21日 火曜日

 

園庭の隣りにある畑から

♪げこげこげこ げろげろげろ

 

IMG_1934_R

 

IMG_1930_R

 

園庭からは

♪かえるのうたが~・・・げろげろげろげろ ぐわぐわぐわ

 

どっちが大きいかな?

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月20日 月曜日

1歳児の子どもたちだって、こんな事しているんですよ。

IMG_1730_R

 

泣いているお友達を見つけては、あの手この手で

なんとかなだめようと、懸命にあやしていますね。

僕が笑顔になれば、泣いている子だって、きっと笑顔になるはず...。

誰かのために何かをする姿、子どもたちから見習うこともあるかもしれませんね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月17日 金曜日

あるおやつの時・・・自分で選んだドーナツを

落としてしまいました。

悲しそうにしているお友達を見て・・・

DSC07526_R

「ほかのもあるよ。」と言わんばかりに

新しいドーナツを差し出してくれました。

その優しさで、涙が笑顔へとかわっていきました。

お友達の力を借りて子どもたちがどんどん

心も体も大きくなっていきますね。

子ども同士のかかわりを大切に・・・

カテゴリー: 園の取り組み
2016年6月16日 木曜日

公園で見つけたあんずの実。

DSCN0508_RDSCN0509_R

「良いにおいがするね~」

「食べられないのかな~」

拾ってきた後、給食室の先生に持って行きました。

そんな子ども達の一言であんずの実はジャムへと大変身!!

DSCN0562_R

公園で拾った実だということを伝えると、子ども達は驚いていましたが

みんなで美味しく頂きました。

DSCN0563_R

ちょっとした子どもの気付きや何気ない一言を聞くと

こんな捉え方があるのだと感心する毎日です。

自然の物が、様々な形に変えられる子ども達の順応性は

本当に素晴らしいですね。

私たち大人は子どもの新しい面を見逃さないよう

次のステップへ向けて働きかけていきたいと思います。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について