MENU

2016年 11月

競う心

2016/11/30

競争心は、だいたい4歳頃から芽生えてくると言われています。

結果より過程が大事と言われることも多くなってきましたが、

現状は結果が伴わなければいけないことも多いです。

 

 

 

好きなこと(もの)に対しては、

自分が欲しい、勝ちたいなどの意欲が結びつきやすいです。

子どもたちは好きな遊びの中で、

欲しい、勝ちたいなどの欲を感じ競争心を獲得しています。

 

 

img_1344_rimg_1347_r

広がる思考・膨らむ思考

2016/11/29

0~6歳までが脳を大きくするのに最適な時期だと

言われています。

さて、どうしたら脳を大きくできるのでしょうか・・・。

 

様々な方法はありますが、

思考を張り巡らして考えること。

 

遊びの中でも

「あれを作りたい!」と思ったら

どう作るかを考える。

そのことがとても大事。

 

出来栄えを褒めるのでなく、そこまでの過程を褒める。

そのことで子どもたち自身も

「また次やってみよう!」など意欲も増しますよね!

ぜひ、今日から 褒め名人になりましょう。

dsc08112_r

dsc08113_r

 

もう大丈夫!

2016/11/28

新しいお友だちがクラスに入ってきました。

お母さんと離れて寂しくなって、泣いてしまう事もあります。

そんな時は...。

img_2007_r

お友だちがティッシュを取ってきて、溢れる涙をそっと拭いてあげます。

4月は大泣きしていた子どもたちも、周りのお友だちに励まされながら過ごし、

今となっては、自分がしてもらったのと同じように、

周りのお友だちを気遣ってくれるようになりました。

今は悲しくても、温かいお友だちがいるから大丈夫。

人の優しさを感じられる子どもたちが育つためには、

子ども同士の関わりが何よりも大切ですね。