まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2016年12月28日 水曜日

丸・四角・三角・ハート。

最近いろいろな形に興味を持ち始めたにじぐみのお友達。

積み木で遊ぶときも、一つずつ形を言いながら積んでいます。

写真のお友達は、三角の積み木を上手に重ねて四角の形を作っているようです。

img_0060_r

その上にまた三角を積むと・・・家の出来上がり。

img_0063_r

他にも丸と丸を組み合わせることでメガネに変身したり、正方形の四角をたくさん組み合わせることで異なる形になったりと

様々な形を組み合わせることで新たな形に変化します。

img_0073_rimg_0113_r

日頃遊んでいる玩具に限らず、当たり前に使っている身の回りのものを組み合わせてみると面白い発見がたくさん。

ご家庭にも様々な形が隠れているかも知れません。是非お子さんと探してみて下さい。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月27日 火曜日

園庭にたくさんの落ち葉が落ちていました。

それに気が付いたお友だちが

熊手を持ってきて掃除がスタート。

dsc03402_r

 

1人が集めて

dsc03405_r

もう1人が運びます。

dsc03406_r

少しの時間でこんなに集める事が出来ました。

「毎日遊ぶ園庭だからきれいにしないと」

子ども達から聞こえてきた一言です。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月26日 月曜日

 

先生、家が出来たよー!

もっと、大きな家を作ろうよ!

 

(2人でもくもくと続きを始める・・・)

 

先生出来たー!

 

神社だよ!

img_1466_r img_1465_r

 

確かに、神社の門によく似ていますね。「大宰府天満宮」の画像検索結果

 

目的のものとは違うものが出来上がりましたが、

子ども達はとても満足気な様子。

 

♪もういくつねると~ お正月

 

初詣に行って、思うのでしょう。

あの時、作った門とそっくりだっ!

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月24日 土曜日

「ねこさんの洋服どれがいいかなぁ~」

img_0575_r

よく見ると・・・顔・ズボン・上着の種類別に並んでいます。

その中で、似合う服を選んでいきます。

 

img_0573_r

少しずつ着脱ができるようになり、

「今日はこの服がいいな」

「こっちにしようかな」

と自ら選択する姿も見られるようになりました。

忙しい時間も、大人が選ばずに待ってあげることで、

子どもたちが考える力につながります。

考える力は、将来困難なことにあっても自ら解決しようとする力につながっていきます。

 

 

子どもたちの気持ちに寄り添いしなやかに~

img_0577_r

明日はどんな服にしようかな・・・

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月21日 水曜日

クリスマスまで、あとわずか。ある日、子ども達と一緒に、リースの製作をしました。

img_2035_r

普段お部屋に飾っている物も、自分たちの手で作り上げたものならば、

より一層子ども達の関心や興味を引き立て、それに対する注目も変わってくるものです。

子ども達が、直接関わっていけるものを提供していきながら、

さらに刺激のある、親しみやすい環境を作っていきたいと思います。

img_2088_r

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月20日 火曜日

 

自分のできないことを出来るお友達に憧れを持ち、自分もチャレンジする。

 

そして自分の「できる」が増えていく。

 

達成感を感じることで次への自信が膨らみ、違うことにもチャレンジする。

 

「できた」ことを見逃さず、共に喜びあえるよう目を向けていきたいと思います。

dscf2047_r

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月20日 火曜日

春日イーグルスの湯ノ上コーチと一緒に、4月からサッカーをしてきた子どもたち。

夏前よりも上手になってきてますよ!

楽しく遊びながらボールと友達になれるっていいですね。

 

cimg6368_r cimg6377_r cimg6261_r cimg6375_rcimg5996_r cimg5977_rcimg6270_r cimg6264_r

 

最近、園庭でサッカーをする子どもが増えてきました。

将来の夢がサッカー選手・・・子どもに大きな夢を!!

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月16日 金曜日

蛇の抜け殻を発見。

子どもたちの前に置いてみました。

dsc03426_r

触ってみて、「ボコボコしてる」。

「これなに」、「なんの蛇のものだろ」

子どもたちの会話は絶えません。

触れてみて、見てみて、話をして子どもたちは学んでいきます。

自然のもの(こと)は子どもにとって

 “最高の教科書” なのかもしれませんね

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月15日 木曜日

テラスで遊んでいたときのこと・・・

ある男の子が泣いていました。

dscn1352_r

そこへ、泣いていることに気付いたお友達が

プランターから何かを見つけ渡そうとしているようです。

dscn1355_r

そこには・・・

dscn1351_r

ハートの形をした葉っぱがありました!!

この葉っぱをもらった男の子はすぐに泣き止み

しばらくじっと葉っぱを見つめていました。

dscn1354_r

子どもの目線には、大人には想像のつかない物が見えたり

感じたりと、私達も本当に温かい気持ちになります。

これからも色々な物を子ども達と見つけ

ハートの輪を繋げていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2016年12月14日 水曜日

ともだちが使っているものが欲しい。

これじゃなくてあれが欲しい。

自分の気持ちを分かって!!!

 

そんな時期がどの子にも来ます。

取り合いになった時、「この子が使っていたからこっちなんてどう?」など誘いがちですが、

子どもの気持ちを1番に考えてあげることが、1番の援助だと考えています。

「貸してって言ってみようか?」

「あれがほしいね。」などその子の気持ちになって考えるということの繰り返しから、

ゆめ組の子にも変化が見られるようになってきました。

 

imgp6284_r

 

 

「貸して」

身振り手振りで友達に訴え、最後には貸してもらえました。

使いたいけど使えない悲しい気持ち、貸してもらって嬉しい気持ち、

たくさんの気持ちをたくさん経験してほしいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について