MENU

2017年 5月

小さいアリさんぐらいの、のり

2017/05/31

のりはベタベタして気持ち良い!

 

CIMG1102_R

 

と、つい楽しくなり、多く使いすぎてしまうこともあります。

 

のりの使う量を

”少し”ではなく

”小さいアリさんぐらい”

と伝えてみたところ・・・

 

指先でのりを取り

 

CIMG1100_R

「小さいアリさんってこのくらい?」

 

 

CIMG1103_R

「小さいアリさんできたよ!」

 

 

生き物を観察したり、絵本を見たりする中で、

身近になっていた虫がこんなところに現れるとは・・・!

声掛けもひと工夫でぐっと子ども達の世界に近づきますね。

CIMG1101_R

 

伝える

2017/05/30

CIMG7283_R

一冊の絵本を真ん中に置いて、会話を楽しんでいます。

左にいる子は、絵本に出てきたクジラの大きさを友達に伝えようとしています。

その話を一生懸命聞いて    「すごーい!」

 

CIMG7289_R

次はタコの説明を始めました。

色や形、動き方の話をしています。

 

文字はまだ読めない2歳児でも、一冊の絵本を友達と一緒に見る事ができます。

考えたことや思い浮かべたことを、誰かに伝えようとすると

脳の刺激にもなり、会話力にも繋がります。

 

将来、堂々とたくさんの人の前で発言できる人物像を想像して・・・

 

枝豆日記①

2017/05/29

5歳児の子どもたちは、自分の鉢で枝豆を育て始めました。

CIMG2030_R

石を集めて、

CIMG2020_R

土を入れ、

CIMG2023_R

種を植えました。

 

子ども達は毎日枝豆の世話をし、

早く育たないかとわくわくしながら待っています。

 

「育てる」という行為は

思いやりと根気が必要になります。

頑張っても上手くいかない時もあるでしょう。

しかし、その分育った時の喜びも大きくなります。

「かわいい」「いとおしい」という気持ちも芽生えます。

 

慈しむ心

はこうして育っていくのでしょうね。