MENU

2017年 7月

「どうして?」の気持ちを大切に

2017/07/31

「冷たい!」

水遊びで氷をさりげなくプールに入れてみると、

あるお友達が氷に気付いて触り始めました。

その様子を見ていた周りのお友だちも近寄ってきて

じっと眺めたり触ったり、、、。

IMG_2015_RIMG_2016_R

「氷が小さくなってる。なんでだろう?」

お友だちが形の変化に気付きました。

このように、実物を見たり触れたりすることで、

“すごい!不思議!”と身の回りのことに驚く経験につながります。

その後、じっくりと観察する時間があると

「どうしてだろう?」と考える力や想像力が育まれていきます。

 

日々の生活の中で、些細なことにも興味を持ち、

「やってみたい」という気持ちを大切に、

遊びを通して科学する心を豊かにしていきたいと思います。

工夫

2017/07/31

保育室にある表現ゾーン。

DSC01888_R

年長のお友達が棚の上に飾っていた

木の玩具を手に取り、突然劇が始まりました。

次に、「せんせい、おんがくかけてよー!」という要望があり

音楽をかけてみたところ、子どもたちオリジナルのミュージカルが始まりました

DSC01890_RDSC01871_R

気付けば周りには、お客さんでいっぱいです!

演者もお客さんも、みんな笑顔であふれていました。

DSC01875_R DSC01882_R

 

 飾ってあった木の玩具を使って、考え工夫をする子どもの姿。

保育士が1つ工夫を行うことで、

子ども達は保育士の更に上の工夫を重ねていくんですね。

異年齢の関わり

2017/07/28

今、そらぐみの子どもたちは給食とおやつ後に

鏡を見ながら口のまわりの汚れを綺麗に落としています。

DSCN0495_R DSCN0494_R

この写真は、にじぐみさん。

そらぐみさんの様子を見てそれを真似しているみたいですね。

誰も教えていないはずのことをできています。

子どもたち同士の関わり、特に異年齢の関わりは、

何でもできるお兄さん、お姉さんの姿を見て刺激されて

挑戦しようとする意欲にも繋がっています。

「異年齢のかかわり」これからも大切にしていきたいです。