MENU

まみぃ保育園の取り組み

セミバイキング始めました

2017/10/30

そらぐみでは、最近給食の時間に、「セミバイキング」を始めました。

自分の欲しい量の給食を相手に伝え、配膳してもらいます。

 

以前は量の多い少ないの区別がつかず、

目の前にある給食を取ることが多かったそらぐみのお友だちですが、

最近では多い少ないを理解して、自ら「多いのください」「スープ少なくして下さい」と

相手に伝えることができるようになりましたよ。

IMG_5797_R IMG_5799_R

日によって苦手なものがあると「ちょっと」とほんの一口になってしまうこともありますが、

子どもが主張した量を尊重しています。

 

セミバイキングを通して、料理一つひとつを直接目で確認したり、

どれくらい食べられるかを自己判断したりすることで、

子ども達の食への意識も更に高まりました。

また、自分で選んだという責任も同時に生まれ、全て食べることにも繋がっているようです。

 

食べる量を強制されたり、押しつけられたりしているわけではない為、

楽しい気持ちで食べることができますよね。

 

今は「保育者」が配膳し、「子ども達」が選ぶという「大人と子ども」の関係ですが、

配膳のお手伝いをすることなどを通して、給食との関わり方を段階を追って

発展していくよう工夫していきたいです。

「子どもと子ども」という子ども同士の関わりに繋がり、

子ども同士での選択・主張が育まれるような環境を作っていきたいと思います。