まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2017年10月31日 火曜日

スプーンの玩具に興味津々の子どもたち

椅子に座り集中して行っています

IMG_1711_R

遊びの中で正しい持ち方を伝えることで

給食の時には「こうやって持つ?」と

自然と意識する子の姿も見えてきました

IMG_1715_R

無理に行うのではなく、遊びを通して自然と

身に付くことができるようにしていきたいと思います

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月30日 月曜日

CIMG1698_R

これはそらぐみのお部屋に置いてあるシールです。

 

シールと言えば貼るものですが・・・

今回は違うようですよ。

 

いつもは捨ててしまう部分を見つけ

CIMG1699_R

何か思いついたようです。

 

CIMG1697_R

切れ目を入れたら・・・

CIMG1694_R

たこさんの完成!!

 

 

(中には、ままごとにあるタコさんウィンナーを持ってきて

「一緒だよ」と教えてくれるお友達もいましたよ。)

CIMG1702_R

 

大人が捨ててしまいそうなものも

新しいものに変えることができる。

子どもの想像力は豊かですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月30日 月曜日

椅子の片付けを変えてみました。

りす、すいか、かばなどの絵を貼り

しりとりの順番に片付けるようにしましたよ。

P1020183_R

以前はバラバラの状態が多く見られましたが

今では子ども達が自ら気付き、

しりとりをしながら楽しく片付けてくれています。

朝から椅子が綺麗な状態で片付けてあるのを見ると

とても清々しい気持ちになります。

「来たときよりも美しく」

子ども達が楽しみながら片付けが出来るよう

子ども達の姿をヒントに、日々ステップアップをしていきながら

関わっていきたいと思ます。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月30日 月曜日

そらぐみでは、最近給食の時間に、「セミバイキング」を始めました。

自分の欲しい量の給食を相手に伝え、配膳してもらいます。

 

以前は量の多い少ないの区別がつかず、

目の前にある給食を取ることが多かったそらぐみのお友だちですが、

最近では多い少ないを理解して、自ら「多いのください」「スープ少なくして下さい」と

相手に伝えることができるようになりましたよ。

IMG_5797_R IMG_5799_R

日によって苦手なものがあると「ちょっと」とほんの一口になってしまうこともありますが、

子どもが主張した量を尊重しています。

 

セミバイキングを通して、料理一つひとつを直接目で確認したり、

どれくらい食べられるかを自己判断したりすることで、

子ども達の食への意識も更に高まりました。

また、自分で選んだという責任も同時に生まれ、全て食べることにも繋がっているようです。

 

食べる量を強制されたり、押しつけられたりしているわけではない為、

楽しい気持ちで食べることができますよね。

 

今は「保育者」が配膳し、「子ども達」が選ぶという「大人と子ども」の関係ですが、

配膳のお手伝いをすることなどを通して、給食との関わり方を段階を追って

発展していくよう工夫していきたいです。

「子どもと子ども」という子ども同士の関わりに繋がり、

子ども同士での選択・主張が育まれるような環境を作っていきたいと思います。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月27日 金曜日

そらぐみさんがテラスで栽培しているピーマン。

にじぐみの子どもたちもちょこっとおすそ分けしてもらいました。

DSCN1050_R

DSCN1056_R

DSCN1057_R

モグモグ・・・・・ゆっくりと噛みしめると・・・・

「に、にがい・・・」と固まる子。

「うええ」と言って咄嗟に口から出す子。

そして、中には「もっとちょうだい」のポーズする子も!

普段は料理として出来上がったものを見ることが多く、

野菜の元々の形や色を実際に見たり触れたりする機会も

少なくなっているような気がします。

このような体験をすることで野菜に興味を持つことから始まり、

好き嫌いを乗り越えられるいいきっかけになればいいですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月26日 木曜日

給食の時間のことです。

ご飯のあつまれが出来ないと困っている年少のお友達に

年中さんのお兄ちゃんが自ら手を差しのべ、、、、

あつまれと言いながら、あつまれのやり方を教えてあげる姿が見られました。

P1020058_R

 

こうやってやるんだよ?ほら、もうたべれるでしょ?

と、問いかけてあげています。

P1020057_R

給食中でも、異年齢児の関わりを大切にし

お箸の持ち方・座り方など、大人からの声掛けだけでなく、

お兄ちゃんお姉ちゃんから教わることで、こうやったらいいんだ!と

すぐに覚える事が出来るのではないかと思います。

 

教える事は、ただ学ぶ事よりも、確実に自分の力として学ぶ事もできます。

異年齢児の子ども達の日常生活には、教えて学ぶやり取りが繰り返されていきます。

日常の場面で、お兄さんお姉さん的役割を自然と培い、

協調性やおもいやりが育てられていきます。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月26日 木曜日

園庭で遊んでいるある日、

子ども達があるものを見つけました。

『こっち来てみて』 『いいものがあるよ』

子ども達から声が聞こえます。

DSC04918_R

なんだろうとのぞいてみると、それは小さなキノコでした。

DSC04920_R

 

指を差しながらする会話は、子どもが共感を求めている証拠です。

このサインを見逃すと子どもとの信頼関係はどうなるのでしょう。

子どもの行動一つ一つが大切なサインです。

一つ一つのサインを見逃さないようにしていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月25日 水曜日

私の世界・・・

2歳になり、自分でやってみたい!これが好き!あれがすき!

と意思を持ち行動をするような姿が多く見られるようになりました。

 

そのひとつとして、

子どもたちの

 

線と線が繋がり、丸になり

丸と丸が合わさり、顔になる。

DSCN0474_R

only oneの絵が出来上がりました!

DSCN0476_R

“私の世界は、わたしが広げる!!”

 

子どもたちの世界は豊かですね!

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月24日 火曜日

雨の日に園内探索に行ったときのことです。

いつもは先生と手を繋ぐことが多いお友だち。

今回はお友だち同士で手を繋ぐことに挑戦しました。

「おてて、ぎゅってしてね。」と声を掛けると

しっかり手を繋いで歩くことができましたよ。

DSC01680_R

そして水槽の前に来ると魚に興味津々。

指を指して教えてくれたり、じっと見つめてみたりする様子が見られました。

DSC01683_R

 

お部屋でもお友だちの真似をすることが増え、お友だちに興味を示す子どもたち。

お友だちと一緒にいろいろなも物を見たり触れたりして

楽しみや喜びを共有できる時間を大切にしていきたいですね。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年10月23日 月曜日

子ども達はいつも、豆が潰れて皮がむけた手の平を

満面の笑みで見せてくれます。

P1010851_R 

小さいとき鉄棒やうんてい、登り棒など

上手に出来るようになりたくて、

何回も何回も挑戦したことを思い出しますね。

 P1010760_R

豆が出来ると痛いけど、なぜか嬉しくなって誰かに見せたくなります。

 

 

小さな手の平に出来た豆や皮が向けた痕は

子ども達の大きな大きな頑張りの証ですね。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について