MENU

2017年 12月

学び合う

2017/12/28

この2枚の写真は、トラブル後に子どもの同士で話し合いをしている様子です。

P1020495_RP1020434_R

 

 

友だちと関わる日常の中で、トラベル・喧嘩はつきものです。

遊ぶ時間が長いことや友だちがたくさんいるからこそ当たり前に起こる喧嘩。

その喧嘩の中でも、子どもたちは「子ども同士の関わり方」を学び、

喧嘩から多くのことを得ているのです。

 

「こうされてイヤだった」「こんなこといわれてかなしかった」

ぶつかってしまったときに何が嫌だったのか、なぜぶつかってしまったのかを

しっかりと言葉とし伝える経験を積み重ねていきます。

また、その時に「ごめんね」と伝えられる、相手を想う気持ちの大切さも学ぶことができます。

 

保育者が介入するのではなく子ども同士で話し合う場を作り、解決できるまで考え、向き合い続け仲直りをします。

 

どんなトラブル・喧嘩も、大切な関わりのひとつなのです。

 

 

 

初めてのくだもの

2017/12/27

スウィーティーというグレープフルーツの仲間の果物を知っていますか?

まみぃ果樹園に今年もたくさんのスウィーティがなりました。

 

そらぐみのお友達にもいくつかおすそ分け。

CIMG0639

不思議そうに見つめる子ども達。

果物に触れた子どもたちの反応は「固いね」「重たいね」といった声が多く

また、「なにかいい匂いがするね」と

匂いをかぐ姿もありました。

CIMG0629

匂いをかいだ子どもたちの中には「みかんの匂い」「おいしそうな匂い」と

様々な想いを伝えに来てくれました。

″初めて″に興味津々のそらぐみさん。

CIMG0638

小さな出会いも大切に、大きく成長していってほしいものです。

身近なものに触れる楽しさ。

2017/12/25

 

新聞紙って大きくて様々な形に変化するので一枚で遊びが広がりますよね。

ある日、新聞紙でボールを作り遊んだあと、新聞紙をずっと離さないお友だちがいました。

新聞紙を丸めた後は力いっぱい広げて手のアイロンをかけていましたよ。

すると…

DSCF5926_R DSCF5931_R

スカートやベビータオルなどに変化していました!!

1つの物での遊びの広がり発想は大人の発想を超え驚かせてくれる子どもたち。

さまざまな素材遊びが出来るよう環境を工夫していきたいです。