MENU

2018年 11月

★ドリームアドベンチャーランド★

2018/11/30

めろでぃのお部屋にドリームアドベンチャーランドを用意し、子どもたちと遊びに行きました。

やまになっているマットやトンネルをハイハイで進んだり、

トランポリンでは先生の真似をしてジャンプしようとしたり・・・

たくさん体を動かしましたよ!

DSC04682_RDSC04693_RDSC04695_R

今のゆめぐみさんの中でもよく見られる動き「ハイハイ」

実は成長する過程でとても大切な動きの1つだとご存知ですか?

ハイハイを沢山することで、歩行するための踏ん張る力がつき

大きくなった時に転びにくい体の基礎の基礎ができると言われています。

動き一つひとつが発達に繋がることばかりですね。

乳児期だけでなく全身運動として大切な動きを

普段の遊びの中に取り入れていきたいです。

だーれだ!?

2018/11/29

お兄さん、お姉さんと一緒に給食を食べたそらぐみのお友だち。

初めは緊張したのか、お互いじーっと見つめ合っている姿も・・・

しかし、時間が経つにつれて、ご飯の集まれをお願いしてみたり

お兄さんお姉さんのお名前を聞いたりと、楽しい時間になっていました。

IMG_4627

年上のお友だちの姿を見て、真似をする姿も見られ

また、一段と成長したように感じました。

学年や年齢関係なく子どもたちの関わりを大切にし、

「見て学ぶ」を深めていきたいものです。

ぎゅっ!

2018/11/27

最近、テラスに出ると鉄棒に走っていき、『ぎゅっ!』と握り、

ブラブラして遊ぶ姿が見られるようになりました。

IMG_3083_RIMG_3085_R

今回は、『握る力』にポイントを置いてみましょう。

そもそも、赤ちゃんって『握る力』はいつからあると思いますか?

正解は、、、、、、、、

生まれる前からで、触ったものを握ろうとするのが原始反射です。

しかし、握ることよりも離すことの方が難しいと言われています。

まず『握る』ことは運動能力を高め、脳の発育にも大きな影響を及ぼします。

そのため、0~6才の幼少期の運動の量で大きく変わることもあります。

公園など行かれた際は、ぜひ

鉄棒などに掴まったり、運動をしてみてくださいね!