MENU

2018年 11月

ふむふむ。

2018/11/13

まるで家で新聞紙を読むお父さんの姿と一緒。

難しい漢字とにらめっこしているお友達。

CIMG1599_R

きっと何を書いてあるかはまだわからないでしょうね。

それでも、真剣な眼差しでじーっと見つめているその姿に、

子どもにとって世の中にある全てのものは輝いて見えているのかもしれない…

そう感じました。

遊びを通して色々なことを知っていく。

大人も子ども心を忘れずに向き合っていきたいものです!

発達段階に合わせた絵~ぐるぐるぐる~

2018/11/12

子どもの絵には発達段階というものがあります。

DSC00425_R DSC00284_R DSC00283_R

成長すると共に体の動く範囲が広がってきます。

手首が動くと点・横線や縦線が引けるようになります。

ひじが動くと半円の往復線・・・

肩が動くとぐるぐると円が描けるといったように・・・

十分になぐり描きさせることで描ける線が増えていきます。

 

今回はぐるぐると〇を描く経験をさせたいと思います。

DSC00078_R

大人が真ん中に点を打つことで、

描き始めしやすくなります。

DSC00079_R

子ども達はその点の周りをぐるぐるぐる・・・

と円を描いていました。

色を変えてみると、また一層味わい深くなります。

DSC00082_R DSC00072_R DSC00073_RDSC00075_RDSC00283_R DSC00284_R DSC00425_R

今年の製作などで  たくさん経験させていきたいので

楽しみにしてください!!

DSC00083_R

白い線

2018/11/10

始めは泣いて泣いて抱っこを求めていたお友達...

公園では木の枝を見つけ、少し落ち着き

木を握ったまま帰ることに…

 

その帰り道

年上のお友達が腕を握り

「白から出ないよ」と一言。

IMG_4490_RIMG_4489_R

すると白線に興味を持ったのか、白線の上を

歩こうとする姿が見られました。

いつの間にか涙も乾き

そのまま自分の足で園に帰り着くことができました。

 

年上のお友達の自然でさりげないフォロー、素敵ですね!