MENU

まみぃ保育園の取り組み

隠れた宝物!

2020/07/29

今日は白水大池公園にお散歩です。

何やら先生の背中には大きくて重たそうなリュックが・・・

子ども達も「何が入ってるの?」と興味津々です。

芝生広場について早速リュックを開けてみると・・・

大きくて重たい氷が入っていました!!

子ども達も「触ってみたい!!!」と大興奮です。

「冷たくて持てないよ」「外が暑かったから気持ちいいね」ととても嬉しそうな子ども達です。

お兄さんお姉さんたちは、氷を持っていないほし組さんにも「触ってみて!」と優しく持たせてくれます。

氷をじっと見つめていた子ども達が「あ!」と何かに気付きました。

氷の中には園庭に咲いていたクローバーやシロツメクサなどの植物が入っていたのです。

だんだんと溶けていく氷を見ながら「ずっと持っていたい」「このまま持って帰りたい」と

宝物のように大切に持っている子ども達・・・

子どもたちの目には、園庭などでよく目にするような植物でも宝物のように見えていたようです。

当たり前のようにあるものでも、少しの工夫でいつも見ている何倍も輝いて見えるんですね!