MENU

まみぃ保育園の取り組み

どんな名前にする?

2020/09/15

 

子ども達が園庭でみつけたイモムシを生き物ゾーンで育ててみることに!!

子ども達に紹介すると・・・

「何を食べるのか」「何に変身するのか」「メス?オス?」

疑問は深まるばかり。

「名前を付けよう」 と男の子が一言。

学年それぞれで話し合い名前の候補を持ち寄りましたが

一番時間がかかってしまったのは ‶たいようさん”

たいようさんは意見がたくさん出た分、時間がかかったようです。

結局まとまることなく、ほしさん・ひかりさんの決めた名前で多数決!!

イモムシさんの名前は「みに」になりました。

今回、たいようさんの意見は反映されませんでしたが・・・

マイナスな言葉が聞こえることはなかったですよ。

考え・言葉の引き出しが多いからこそ

時間がかかってしまった ‶たいようさん”

その中で年下の子の意見を受け止めるということも学べましたね。

いつもみんなをリードしてくれるたいようさんも時には

受け皿となり意見をまとめてくれることもありますよ。

意見を述べることも・受け止めることも

「話し合う」ということは大切ですね。