まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2018年1月19日 金曜日

手を洗う際に洋服の袖が濡れてしまうことがありますよね。

「袖をまくろうね」と教えているのですが、

「まくる」という言葉だけでは、伝わりづらいときもあります。

そんな時は、「お袖ギュッギュッしてみようね」と

子どもたちにも分かりやすい言葉を使います。

普段何気なく使っている“オノマトペ”ですが、

実はコミュニケーションにとても役立っているのです!

「お袖ギュッギュッ」は浸透力抜群!

最近では自分で「ギュッギュッ」とつぶやきながら

袖をまくる姿が多く見られるようになりました。

つい忘れてしまっているお友達がいても、近くの子が

「お袖ギュッギュッだよ」と教えてあげる姿も見られます。

子ども達の『できる』は日々増えてきていますね

お家でも袖が汚れてしまいそうな際には

ぜひ「お袖ギュッギュッ」使ってみてください。

IMG_2371_R

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月18日 木曜日

DSC02903_R

「さぁ、みんな絵本を読みますよ!」

こうして始まった絵本の読み聞かせ

その子は頑張って先生の真似をしながら一生懸命読んでいます。

お友達も集中して聞いています。

DSC02905_R

絵本を読み上げた後、

「ねぇ、どうだった?」と聞かれたので

「上手だったよ!」と伝えると

嬉しそうに「また読みたい!」と言っていました。

 

些細なことでも、挑戦したことを「認める」ことで自信に繋がります。

その自信が、次の活動の活力となるのでしょうね。

さらに、認められた子は、誰かを「認める」ことができるようになります。

自分も相手も大切にできる、そんな大人に育ってくれることを願っています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月17日 水曜日

そらぐみでは現在、自分で布団を畳むことに挑戦しています。

自分よりも大きい布団を目の前に

「どうやってするの?難しい」と苦戦することもありますが

最近では諦めずに試行錯誤する姿も多く見られます。

CIMG0676

周りの友達の影響も大きいのだと思います。

1人では諦めてしまいそうなことも

「友達が頑張っているから自分も頑張ろう」

「友達のやり方を真似してみよう」

と思うものですよね。

さらに、困っている友達がいたら

「助けてあげたい」という気持ちも芽生えるかもしれません。

子ども同士の関わりは子どもたち自身の成長に繋がります。

子どもたちを信じ、一歩後ろに下がって見守ってみませんか?

いつもと違う子どもの姿が見えてくるかもしれませんよ。

CIMG0678

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月16日 火曜日

 

1歳児クラスの子がふと始めた遊び。

それはお掃除?!

お人形さん用に置いてあった枕で床をふきふき。

横にずらして拭いてみたり、縦にずらして拭いてみたり。

左手にしっかり重心を置いて、右手で拭くことができています。

お兄ちゃんお姉ちゃんが雑巾がけしているところを見たからかな?

先生が掃除しているところを見たのかな?

子どもが何かを始めるきっかけは、様々な場所に存在するのでしょう。

CIMG7856_R

興味を持った時がチャンス!

子ども用の小さい雑巾を準備してみると、

より満足する活動ができるのかもしれません。

掃除が「楽しいもの」として身に付いてくれると嬉しいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月15日 月曜日

思いやりの心とは、相手の立場にたって、相手の気持ちを感じたり、

相手に共感できることと言われています。

では、「思いやりの心」とはそもそもどのようにして育っていくものだと思いますか?

 

日々生活する中で“自分一人”が多かったことが、

次第に周りに興味を持ち、二人、三人と人との関わりに変化している子ども達。

笑い合って仲良く遊んでいるかと思いきや喧嘩し始め、

時には泣きながらでも自分の言いたいことを伝える、、、。

IMG_6566_R

そのようなことが日常茶飯事の日々ですが、

自分以外の他者との様々なやり取りを行う中で、

相手の気持ちや欲求が自分の異なることが分かり始めます。

 

そして、自分の気持ちとは異なった他者の気持ちを理解し、

共感や思いやりのある行動ができるようになっていきます。

IMG_6621_R

お互いが笑顔の時もあれば、気持ちの行き違いで言い合ったり、

涙したりする時だってあります。

しかし、その一つひとつが「思いやる心」に繋がっているのです。

 

これからも子ども達同士の関わりを通して、

沢山の思いやりが増えると良いですね・・・!

 

その為にも私達保育者は、

子ども同士の関わりが持てる活動や環境を日々考え、

サポートしていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月15日 月曜日

ぎんがの部屋にあるステージ。

そこでは、絵本の読み聞かせをしたり

紙芝居を見たり、子ども達の発想によって

様々なステージに変化します。

 

動物のカードを近くに置いてみると

そのカードを動かしながら

オリジナルストーリーを作り上げていました。

DSC05312_R DSC05313_R

 

ストーリーを作り上げる事は、様々な絵本や話に触れ

想像することができるようになった証拠なのかもしれませんね。

 

お客さんとなってみていたお友だちも

真剣に見ていました。

『次は自分がみんなに聞かせるぞ』

と未来の自分を想像していたようでした。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月12日 金曜日

DSC02112_RDSC02114_RDSC02115_R

折り紙をちぎって遊ぶ子どもたちの様子です。

みんな真剣な顔をしていますね!

 

ビリビリとちぎる動作は私たち大人にとって簡単な動作ですが、

実は左右で異なる動作をするため子どもにとっては難しいのです。

 

今回はあらかじめ少しだけ切れ目を入れて子どもに渡すと

ビリビリという音を楽しみながら上手にちぎることができましたよ。

 

遊びの中で楽しみながら「できた!」という達成感が生まれたときは

私たち保育士も嬉しいものです。

 

子ども達がちぎった折り紙はお正月の製作で使用しますので、

掲示を楽しみにお待ちくださいね。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月11日 木曜日

自由画帳に色画用紙を切って貼り

好きなものを作りました。

CIMG7442_RCIMG7443_R

すると想像力を膨らませ

個性あふれる作品がたくさん完成しました。

画用紙を四角に切り貼り方を工夫する子もいれば

四角だけでなく三角に切ったり、丸く切ったりと

切り方を工夫する子もいました。

今回は色画用紙のみを使い作品を作ったのですが

それだけでも子ども達は想像を膨らませ

作品を作ることが出来ます。

子どもの想像力には日々驚かされてばかりです。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月10日 水曜日

園庭にある、とある遊具での出来事です!

高いアスレチックに登るまでは良かったのですが・・・

 

CIMG2230_R

 

降りることが出来なくなってしまいました。

 

「怖い!怖い!」

 

その声を聞いていた周りのお友達が

 

CIMG2233_R

 

「こうやって降りるんだよ」と言葉で教えてくれますが、

難しいようで、まだ降りることはできません。

 

今度は手や足を使い、教えてみるようです。

 

CIMG2231_R

すると・・・

CIMG2234_R

 

慎重に、

 

CIMG2235_R

 

一歩一歩

 

CIMG2236_R

 

降りることができたようです!

 

それから降り方のコツを掴んだようで、

 

CIMG2240_R

 

CIMG2241_R

 

何度も降りることに挑戦していましたよ。

 

 

CIMG2243_R

よほど嬉しかったのでしょうね。

得意げな表情を見せてくれました。

 

子ども達同士でも相手の気持ちを考え、

その子どもに合わせ、関わったり、話したりする。

まるで、私達保育士のようですね。

そのような姿を日々、見守っています。

カテゴリー: 園の取り組み
2018年1月8日 月曜日

あけましておめでとうございます。

 

2018年、戌年

pixta_6030370_L-min-1-1024x776_R

 

 

戌年は、”一途でまじめ

と言われています。

 

一途でまじめ・・・

 

まさに、子どもたち一人ひとり!!!

何事にも真剣に

IMG_2074_R

時には友達と協力しあいながら

DSCN0087_R

遊びを通して学んでいます。

 

遊びは子どもたちを成長させ、

子ども同士の関わりは、

更なる発展した遊び(学び)に繋がります。

 

子どもたちと共に、

一途でまじめに何事にも

挑戦していきたいですね!

その為にも・・・子どもたちを信じ

見守っていきましょう!!

IMG_2298_R

子どもたち、保護者の皆様にとって

実りのある1年になりますように・・・!!

カテゴリー: 園の取り組み