まみぃ保育園|福岡県春日市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2017年8月22日 火曜日

ままごとあそびが人気で、お皿に盛りつけをして食べる真似をしたり、

それぞれの遊び方を楽しんでいました。

ままごと遊びの中で、

「いただきます。」「ごちそうさまでした。」

「これ貸して。」「はい、どうぞ」と

言葉のやりとりが聞こえてきました。

DSC01515_R

友達同士の関わりが増え、言葉でのコミュニケーションも上手になってきました。

子ども達にとって毎日が言葉の発見です。

友達から聞こえる新しい言葉、お兄さん、お姉さん達から掛けてもらう優しい言葉。

そこから聞こえた言葉一つ一つが子ども達の心に残り、

話をする楽しさを覚えていく事でしょう。

DSC01536_R

子ども達に心地よく残る言葉を大切にし、

子ども達同士で、いろんな話が出来る日を楽しみにしています。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月22日 火曜日

靴下を手に取りじっと見つめたまま何やら考えています。

IMG_1150_R

 

どうするかな?と見守っていると、靴下を履こうとし始めました。

IMG_1152_R

小さな手を使い自分で履こうと集中している姿に

がんばれ!と心の中で応援し見守ることで

子どもの集中力も養われるのだと感じます。

 

自分で興味を持ったとき

その瞬間が一番のチャンスです!

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月21日 月曜日

「絵の具ってたくさんの色を混ぜたらどうなるの?」

「手で触ったら気持ちいいのかな?」

絵の具遊びを行った時にお友だちが呟きました。

「じゃあ、実際にやってみようか」という声のもと、始まったのが “ボディペインティング”

 

あるお友だちは、筆で様々な色を使って模造紙に絵を描いて、色の変化を楽しみ、

あるお友だちは、手や足に絵の具をつけて、感触を楽しんでいました。

IMG_2125_R IMG_2142_R IMG_2138_R

絵の具遊びは、様々な色を見たり混ぜたりすることで、色彩感覚や想像力を育てます。

また、筆の感触や力の入れ具合を自然と学び、手先を使うことにも繋がります。

 

いつもは机に座って静かに行う絵の具遊び。

時には、ダイナミックな遊びを体験することで

表現することの楽しさ、心地よさを知ることができます。

 

今回の活動を終えて、次に絵の具を使う時

子ども達はどんな表現をするのでしょうね。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月18日 金曜日

新たなクラスになってあっという間に4カ月が経ちました…。

最近では子どもたちの成長を感じることが増えてきました。

DSCN0642_R

DSCN0639_R

DSCN0640_R

1歳児クラスの子どもたちはトイレに行った後

自分でズボンを穿こうと頑張っているところです。

よいしょよいしょと小さい体を一生懸命に動かして

時間をかけてズボンを穿きます。

なかなか穿けず、悔し泣きをする姿も…

手を貸したい!でも、ここはぐっと我慢です。

頑張れ!と見守っていると、

できた!という声が聞こえてきましたよ。

自分でできたという達成感を味わうと子どもたちは次もやってみようと

挑戦する意欲を身につけることができます。

子どもたちの”できた”を共に喜びながら

さらなる一歩を見守っていきたいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月16日 水曜日

DSCN0372_R

子どもたち一人一人の特性を見抜き、

適切な援助を行う。

時には、子どもたちと思い切り関わる。

 

離れて見守るからこそ、見える姿

関わり見守るから見える姿

 

様々な姿を発見するためにも

大人にも必要な「見守る」

 

さぁ、今日はどんな「見守る」に出会えるのでしょうか・・・。

 

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月15日 火曜日

DSC01371_R DSC01372_R

ぬいぐるみ用のお布団に寝転ぶ子どもと、

その子の背中をトントンするお友だち。

この光景、お昼寝の時によく見る光景です。

 

私たち大人にとっては何気ない日常の一部分ですが、

子どもはそんな一部分を見逃さずしっかり見ています。

また、年上のお兄さんやお姉さんにしてもらったことなども覚えています。

そして、見たことしてもらったことを真似しながら成長し

社会性を身につけていきます。

 

先生やお友だち、おうちの方、色々な人との関わりの中で

「真似をする」という経験を大切にしていきたいです。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月14日 月曜日

P8101051

子ども達が、環境に応じて自発的な集団を

つくれるようにすることこそ、

″見守る保育″なのです。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月14日 月曜日

積み木ゾーンをふと見ると

子ども達の身長よりはるかに高い

タワーが建設されていました。

CIMG7080_R

 

5歳児のお兄さんお姉さん達が力を合わせ作っていました。

そのタワーを年下のお友達が興味津々に見ています。

CIMG7081_R

このように5歳児の遊んでいる姿を見ることで

色々な遊びを知っていくのだと思いました。

今後もたくさんの遊びを教えてもらい

今の3歳児が5歳児になったとき、受け継いで欲しいですね。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月11日 金曜日

呼んだ絵本は片付けましょう!

1歳児の部屋にもたくさんの絵本が置いてあります。

上手に片付けることが出来るでしょうか?

 

CIMG7575_R

うーん、なんか少し違うな・・・

CIMG7577_R

よいしょ。よいしょ。

あー、引っ掛かっちゃったー。

次はどうするのかな?

CIMG7578_R

前からが駄目なら、上から入れてみよう!

何で入らないの?

どうして?

CIMG7580_R

今回はこうなりましたが、何回も挑戦して片付けようとしたこと

自分なりに考えて試行錯誤したことを

たくさんたくさん褒めてあげましたよ。

カテゴリー: 園の取り組み
2017年8月10日 木曜日

いま、ほくとのお部屋では積み木が人気遊びのひとつです。

その中でのエピソードを紹介したいと思います。

『せんせい!みて、ぼくくるまをつくったよ!』と教えてくれた男の子。

P1010435_R

しかし、周りで遊んでいた友達が『〇〇くんがつくったおうちとぼくのおうちいっしょだね!』と、、、、

言われたその子、最初納得のいかない表情でしたが、少ししてから

『そうだね。いっしょだね!』と話しをしていました。

P1010434_R

家を作っていたけれど、気付けば高いビルになっていることや、

周りの友達が作ったものと合体し大きなお城が完成したりと、

積み木を通して創造力・コミュニケーション力が培えています。

これぞまさに、積みゅにけーしょん(ツミュニケーション)です!!

 

明日は、どんなツミュニケーションがあるのか楽しみです。

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について