MENU

まみぃ保育園の取り組み

今日は私がお姉さん!

2020/09/16

なんだかニコニコ笑顔でお散歩のほし組さんとひかり組さん・・・

今日は初めて一緒にお散歩に行く日です!

先生に言われなくても、道路側の道をひかり組さんが

ほし組さんを守るようにして歩いてくれています。

いつもはたいよう組のお兄さん、お姉さんがしていることをよく見ているようです。

公園に着くと、ひかり組さんの持っていた図鑑を一緒に見ながら

虫やどんぐり、色々な色の落ち葉探しをしました。

ほし組さんが図鑑を持っていないことに気が付いたひかり組さんが

「見ていいよ」「一緒に探そう」と優しく声を掛けてくれます。

先生が何も言わなくても子ども達はお互いの姿を見合いながら

自然とお兄さん、お姉さんになっていっているんですね。

 

どんな名前にする?

2020/09/15

 

子ども達が園庭でみつけたイモムシを生き物ゾーンで育ててみることに!!

子ども達に紹介すると・・・

「何を食べるのか」「何に変身するのか」「メス?オス?」

疑問は深まるばかり。

「名前を付けよう」 と男の子が一言。

学年それぞれで話し合い名前の候補を持ち寄りましたが

一番時間がかかってしまったのは ‶たいようさん”

たいようさんは意見がたくさん出た分、時間がかかったようです。

結局まとまることなく、ほしさん・ひかりさんの決めた名前で多数決!!

イモムシさんの名前は「みに」になりました。

今回、たいようさんの意見は反映されませんでしたが・・・

マイナスな言葉が聞こえることはなかったですよ。

考え・言葉の引き出しが多いからこそ

時間がかかってしまった ‶たいようさん”

その中で年下の子の意見を受け止めるということも学べましたね。

いつもみんなをリードしてくれるたいようさんも時には

受け皿となり意見をまとめてくれることもありますよ。

意見を述べることも・受け止めることも

「話し合う」ということは大切ですね。

 

 

 

友達とは、、、

2020/09/14

子どもにとって「ヒト」とは

「友達」「先生」「お母さん」「お父さん」

と様々な視点から捉えることができます。

保育園では特に「友達」の関わりを大切にしています。

「友達」とたくさん関わり

少しずつ相手のことを受け止めながら

関わりの輪を広げています。

子ども同士の中で

学びながら楽しく過ごすことができる

そんな空間を大切に。