MENU

まみぃ保育園の取り組み

はじめて触れるもの

2019/06/10

子ども達は、発達の中で、

様々な「もの」に興味を持ち始める時期があります。

引っ張って遊べる玩具。

鏡に写る自分の姿。

葉っぱに興味をもち土に触れ、感触を楽しむ姿。

ふわふわしたクッションに触れる姿。

DSC06473_R DSC06560_R DSC06567_R DSC06577_R

初めて触れるものに、子ども達は「え?」という表情で、

不思議そうにみています。

いつもと違う。

あれ?・・・

不思議なこと、、

いつもと違うこと、、

法則に気付くこと、、

成長していく上で、とても必要な力

不思議だな という「体験」を

もっともっと!!

変わりゆく時代

2019/06/06

”平和”から”令和”に変わったように

変わりゆく時代の中で、

変わらず楽しい遊びと言ったら

DSCN2225_R

DSCN2224_R

草相撲!

どんな力を加えたら、負けるか勝つことができるのか

力の入れ方や駆け引き

そんな学びは昔の時代から引き継がれたもの。

時代の中で生きる私たちはそんな昔遊びにも

目を向けていきたいですね・・・!

 

おおきいの、ちいさいの

2019/06/05

まみぃ保育園では、おやつや給食など食事の際に

自分で量を選ぶようにしています。

そうすることでその日の体調や好みによって

「今日は多いのを食べよう」「これは苦手だから少ないのにしよう」

と自分で考えて調整ができるようになります。

そらぐみのお部屋でも、少しずつ自分で量を選べるようになってきました。

IMG_5483_R

苦手なものを無理に食べさせようとすると、食事の時間が嫌なものになり

食べ物に対する意欲が無くなってしまう可能性があります。

一方、自分で選んだものを完食することで達成感を感じることができ、

自身を持って楽しく食べられるようになります。

「選ぶ」というのは簡単なようで

なかなか難しくもあります。

IMG_5485_R

視覚的に量が多い・少ないが分かる掲示を作り

どのくらいの量なのかイメージがつきやすくしました。

少しずつ、自分の気持ちを伝えられるように

ゆっくりと見守りたいと思います。

ご家庭でも

目標を持って完食できるように

「自分で食事の量を選べる日」があると

面白いかもしれませんね。