MENU

まみぃ保育園の取り組み

四十の研究者

2014/04/27

保育室の外から楽しそうな声が聞こえたので

ふとベランダの子どもの様子を見てみると

子ども達が真剣に何かをみています・・・

P1300556_R

視線の先には・・・

P1300559_R

一匹のカエルが隣の田んぼから遊びに来ていました。

子ども達の会話をそっと聞いてみると

「カエルはなんて鳴くの?」

「ゲロゲロって鳴くと思うよ。」

「どこから来たのかな?」

「隣の田んぼから来たんじゃない。」

など様々な会話が弾んでいました。

1人1人の知識が集まれば、

百科事典にも勝る情報交換です。

お絵描きのあとは・・・

2014/04/27

色鉛筆を使って絵を描くことが

上手になってきた今日この頃。

今日もたくさん絵を描いて・・・

「そろそろお片付けしようか」

みんなでお片付けが始まりました。

机が汚れないように机に敷いていた、制作用のクロス。

一枚目を先生が畳んで棚に片付けました。

すると、もう一枚を同じようにして畳もうとしている子が!

a

でも、テーブルクロスは大きくて一人ではなかなか畳めません。

大人がするとすぐ終わってしまう作業ですが、

子どもにとっては重労働!

保育者が手伝う、という選択肢もありましたが、

今回はお友達に手伝ってもらうことにしました。

DSC05079_R

「他のお友達に手伝ってもらったら?」

「うん。〇〇くん、手伝って!」

その呼びかけにすぐに反応したお友達と

今度は二人がかりでお片付け。

DSC05080_R

保育園の生活の中で

大人の手伝いが必要なこともありますが、

「自分でできそうなことにチャレンジする」

「難しいときは他の人に協力を求める」

そのことに子どもたちが自分で気が付き、

練習できるような環境を作っていきたいと思います。

会話が生まれる環境

2014/04/27

遊ぶスペースと食事のスペースを区切っている

パーテーションを抜け出して、

何やら楽しそうに盛り上がっている2人。

せっかくなので、

椅子を用意してみると・・・

DSC02243_R DSC02244_R

壁の木目を指さしたり、指で追ったり、

まるで会話を弾ませているかのようです。

月齢が近い子との関わりが多かった友達関係から、

ちょっと月齢の離れている子との関わりも

見られるようになりました。

そんな中で気の合う友達を見つけては、

言葉を真似したり、

子ども同士で通じる会話が生まれたりと、

言葉の表現も様々です。

生まれて、ハイハイをして、掴まり立ちをする。

次第に歩けるようになって、

子ども達の世界はどんどん広がります。

それと共に人間関係も広がります。

まみぃ保育園では、子どもの成長過程に合わせた環境を、

これからも大切にしていきます。