MENU

まみぃ保育園の取り組み

うしろから

2014/06/05

 

 

CIMG0170_R

 

 

 

 

 

 

 

 

保育室の植物の土が

乾いていることに気付き

自ら水やりをしている男の子

でしたが・・・

 

 

 

 

CIMG0171_R

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?異変に気付きました

ジョーロから水がこぼれていたのです。

 

CIMG0167_R

 

 

 

 

 

 

 

 

その後ろを、お友達が雑巾を片手に

ずっと付いて来てくれていました。

 

植物のために

お友達のために

誰かのために何か行動をおこす。

簡単なようでとても難しいことだと思います。

 

人と人との

素敵な繋がりや、気付き合う優しい気持ちを

大切にしていきたいですね。

 

あたたかい気持ち

2014/06/04

この日は、年中・年長児のお友達が

にじ組の部屋に遊びに来てくれました。

お昼寝する前の時間帯です。

絵本を読んでいるお姉さんの隣に何気なく座りに来たにじ組の女の子。

IMGP3461_R

年中の女の子は絵本を手に取ると、読み聞かせを始めてくれました。

側にいたにじ組の女の子は隣でじっと見ています。

IMGP3460_R

誰からお願いされたわけではなく、

絵本を自然と小さいお友達に読んであげようと思う気持ち・・・

様子を見ているこちらも、とても心が温かくなる一面でした。

大きいお友達は小さいお友達と関わることで、

「〇〇してあげたい。」という思いやりの気持ちが芽生えます。

今度はそれを受けたお友達は、優しくしてもらったことで

面倒見の良い年上の子への憧れを持ち、

誰かに親切にすることで感謝される側になり、自尊心が育ちます。

子ども達同士の関わりから生まれるあたたかな気持ちの交換は、

今後、少年期・青年期に迎える、逆風に耐えられる心のしなやかさとして

必ずやその糧になるものだと信じています。

Let’s ☆music

2014/06/04

 

音楽が大好きな子ども達。

手拍子をしたり、

マイクを持って歌ったり、

毎日音楽に触れています。

IMG_0558_R

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、手作りのピアノです。

実はこのピアノは、鍵盤ハーモニカでできているのです。

足で空気を送り込み、

音を鳴らす仕組みになっています。

手も足も同時に動かすことは、結構難しいですよね。

 

IMG_0569_R

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、子ども達は、難しいものほど

挑戦しようとする意欲につながるようです。

年長の子がしている様子を

年下の子が真剣に見ていますね。

 

IMG_0568_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年上の子の演奏を聴いて、

年下の子がカスタネットで参加してきましたよ。

一つの音から、二つの音へ。

二つの音から更にたくさんの音色が集まったら、

もっと笑顔が広がりますね。

輝け☆笑顔と音色のコラボレーション。