西都保育園|福岡県福岡市|社会福祉法人 親和会
園の取り組み
2015年7月9日 木曜日

 

スイカを見つけた子ども達。でも小さい実は、スイカのイメージではないようで、

「大きいのがスイカ」と話す子どももいましたが、

小さくてもスイカのしま模様があるのを見て

「小さくてもスイカ」と気づいて、小さい実もさがしていました。

むし3_R

 

他にも、園の周りの野菜畑にはこんな野菜が。

 

むし5_R

ズッキーニです。

ズッキーニはキュウリに似ていますが、別名つるなしかぼちゃといってかぼちゃの仲間です。

茎と茎の間に大きな黄色の花が咲いた後、実が大きくなるのですが、

株も大きくなるので間を開けて育てるそうです。

キュウリのようになるのかと思っていましたが、違いました。

 

園の周りは、今夏野菜や果物が育っていますが、

散歩に行ってながめていると、

地域の方が「これは〇〇よ」と、

野菜や果物の名前や育て方、花の名前などを話してくださいます。

子どもたちも保育者もいろんなことを学ぶことができ、ありがたいと思っています。

地域の方に見守られて、子ども達は毎日のびのびと過ごしています。

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年7月7日 火曜日

 

7月7日(火) たなばた

福岡はあいにくの雨・・・

ですが、今年も笹の葉をご近所の方からいただき、

笹に短冊や飾りをつけました。

 

今日は英会話の日でもあり、「短冊に願いごとを書きませんか?」と声をかけると、

「七夕は知っているけど、願いごと書くのは初めて」

と喜んで書かれていた先生。

1_R

 

飾りをみて「かわいい」「すごい」と話され、自分の短冊を飾って記念撮影。

日本の行事に触れてもらいました。

これからも子ども達には、いろんな日本の行事を経験してほしいと思います。

IMG_0502_R

 

IMG_1360_R  IMG_0481_R

 

IMG_0477_R

IMG_0472_R

DSCN1712_R

DSCN1715_R   IMG_0485_R

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年7月7日 火曜日

6月20日(土)は保育園周辺の田んぼの

田植えでした。田植え機の動く音に誘われてベランダへ。

むし2_R

 

機械が苗を1本ずつ「カチッカチッ」と音を立てながら植えていく様子に興味津々。

そばにおじさんが来ると「がんばって」「じょうずね」と声をかけ

おじさんも「ありがとう」とにっこり。

短い時間でしたが、地域の方とふれあうことができました。

カテゴリー: 園の取り組み
2015年7月7日 火曜日

 

ここにはいろんな昆虫が「こんにちは」と訪れます。

今回は、この虫がやってきて・・。

意外に大きく定規を当ててみると6㎝。

「カミキリムシ?」「いや大きすぎるよ」と保育士の声。

さてさて、お客さんのお名前は??

 

むし1_R

子ども達が早速図鑑で調べました。

園にある図鑑のどれにも載っていません。

パソコンで調べると国内最大級といわれる

しろすじカミキリムシ”でした。

 

子ども達に知らせると「すごいね。やっぱり大きいもん」

「このひげ、長くてかっこいい」と大絶賛でした。

でも樹木や樹液を食べ物としているので、

すぐに自然に帰すことにしました。

自然の中にいる昆虫などを見たり触れたり

できる体験を大切にしたいですね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2015年7月7日 火曜日

 

芋2_R

 

さぁ、今日は畑へ出発!!

右、左を見て手をあげて、自分の目で確かめて道路を渡ります。

 

芋3_R  芋1_R

 

あひるぐみ(1歳児)も、土がやわらかいので、上手に穴に植え込むことが出来ました。

 

うさぎ組(2歳児)も苗をもらい、上手に細い道を歩きます。

「穴の中にいれてごらん」と声をかけると自分で穴を探し、植え込んでいました。

芋4_R

3.4.5歳児は、経験していたこともあり、苗をもらうと次々に穴を見つけて植え込みます。

「どのくらい大きくなるかな?」

「芋ほりたのしみね」

「5本植えたから5個お芋なるよ」

など会話も弾んでいました。

秋の収穫が楽しみです。

 

芋6_R

最後に

先生たちがデザインした看板も紹介させていただきまーす。

大きいお芋が出来ることを願って!

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について