MENU

2016年 12月

経験したことを・・。

2016/12/28

1歳の子がパズルをしていると、そっと近づき、”ここだよ”と

教えてあげる2歳の男の子。”ひとりでしたい”という思いも

お兄さんが教えてくれると一緒に遊ぶ楽しさに変わります。

img_0733 img_0732

”来年は、酉年”と干支の話を聞いたあと、

図鑑を開き、「これが、にわとり?」と

図鑑の鳥を指さしながら、保育士に尋ねる2歳の男の子。

img_0737

お料理しているのをそばで見ているのでしょう。

コンロに食べ物を準備し、お玉を持って

今から炒めものを始めそうな1歳の女の子。

img_0736

子ども達は、見たり聞いたりしたことを

今まで経験したことを生かしながら

自分なりに表現していきます。

子どもが生活や遊びの中で、

自分で考え、やってみようとすることは、

「生きる力」の基礎につながります。

 

 

 

 

 

観察中・・。

2016/12/28

川エビがいる水槽を0.1.2歳児が覗いています。

img_0752

姿を見つけて指さしをしたり、エビが遠くへ行くと、「おーい」と声をかけて呼んだり・・。

img_0728 img_0730

上から覗いたり、じっとエビの動きを見つめていたり・・。

ひとりひとり、観察のしかたは違いますが、興味や関心を深めているようです。

img_0731 img_0749

これからも親しみある小動物に興味、関心を持ち、その成長や変化に気づき、

生き物への優しい気持ちが育まれるように、小動物への関わり方などを

伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ブロック遊び・・。

2016/12/27

きりん組に遊びに行った0歳児。

すぐにブロックを掴んだり、

作品に手を伸ばしたり・・。

どんどん出来上がっていく作品にも興味津々・・。

img_4683

 

img_4692

 

img_4694

きりんぐみの子ども達も「こうやってするんだよ」

「ここにつなげようね」と声をかけながら

一緒に作っていきます。

小さい子ができることを考え、教えていく・・。

大きい子から遊び方を学んでいく・・。

そんな子ども達の関わりの時間を

大切にしていきたいと思います。