MENU

西都保育園の取り組み

夏の思い出 来客編

2015/09/28

今年の夏も、クワガタムシやカブトムシが「こんにちは」と飛んできた西都保育園。

でも今年は、つばめも巣を作り、えさを運ぶ親ツバメやヒナをみることが子ども達だけで

なく私たち大人も日課となりました。

ヒナがかわいいだけでなく、休むことなくえさを運んだり、飛び方を教える親ツバメの姿に

送迎時の親子の会話が弾んでいました。

IMG_0278_R
巣作りを始めたツバメ。

 

IMG_0696_RIMG_0707_R
 えさを運ぶ親ツバメ。                             こんなに大きくなりました。

 

卵を温めている時は、少し遠くから見守るお父さん。

えさやりも、お互いに順番を待ち交互にヒナに与えます。

飛び方を見せるものの、自分で飛び出そうとするのを

じっと待つ親ツバメ、子どもの力を信じて

見守ることの大切さを改めて学んだ気がします。

IMG_0704_RIMG_0826_R
「こうやって飛ぶのよ」と飛び方を見せる親ツバメ。                   少しずつ距離が伸び電線で休憩しています。  

 

愛情をいっぱい受けて育ったヒナは8月に入り、元気に飛び立っていきました。

保育園の子ども達もいろんなことに挑戦し、たくましく育ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

実りの夏はもう間近

2015/07/09

 

スイカを見つけた子ども達。でも小さい実は、スイカのイメージではないようで、

「大きいのがスイカ」と話す子どももいましたが、

小さくてもスイカのしま模様があるのを見て

「小さくてもスイカ」と気づいて、小さい実もさがしていました。

むし3_R

 

他にも、園の周りの野菜畑にはこんな野菜が。

 

むし5_R

ズッキーニです。

ズッキーニはキュウリに似ていますが、別名つるなしかぼちゃといってかぼちゃの仲間です。

茎と茎の間に大きな黄色の花が咲いた後、実が大きくなるのですが、

株も大きくなるので間を開けて育てるそうです。

キュウリのようになるのかと思っていましたが、違いました。

 

園の周りは、今夏野菜や果物が育っていますが、

散歩に行ってながめていると、

地域の方が「これは〇〇よ」と、

野菜や果物の名前や育て方、花の名前などを話してくださいます。

子どもたちも保育者もいろんなことを学ぶことができ、ありがたいと思っています。

地域の方に見守られて、子ども達は毎日のびのびと過ごしています。

 

 

 

七夕(写真追加しました!)

2015/07/07

 

7月7日(火) たなばた

福岡はあいにくの雨・・・

ですが、今年も笹の葉をご近所の方からいただき、

笹に短冊や飾りをつけました。

 

今日は英会話の日でもあり、「短冊に願いごとを書きませんか?」と声をかけると、

「七夕は知っているけど、願いごと書くのは初めて」

と喜んで書かれていた先生。

1_R

 

飾りをみて「かわいい」「すごい」と話され、自分の短冊を飾って記念撮影。

日本の行事に触れてもらいました。

これからも子ども達には、いろんな日本の行事を経験してほしいと思います。

IMG_0502_R

 

IMG_1360_R  IMG_0481_R

 

IMG_0477_R

IMG_0472_R

DSCN1712_R

DSCN1715_R   IMG_0485_R