MENU

西都保育園の取り組み

夏の思い出 お手伝い編

2015/10/10

給食準備のお手伝い。

夏の野菜、トモロコシの皮むきを年長児がしています。

皮付きトウモロコシは知っている様子。

机に置いてあるトウモロコシを見て

「これ?全部?」

「みんなの給食やもん、いっぱいよ。」

などと話しながら早速始めた子ども達。

IMG_0919_R
おしゃべりもせずに皮むきに夢中です。

一枚ずつちぎったり、バナナの皮むきの

ようにはがしたり・・。

皮の枚数を数えている子もいました。

トウモロコシの黄色の粒が見えてくると

「出てきた。出てきた。」

「ここ色が違う。」

「つぶつぶの大きさが違う。」と

いろいろな発見がありました。

皮むきが終わり、給食の先生に

「ありがとう」と言われ嬉しそうな子どもたち。

IMG_0932_R
きれいに皮むきできたトウモロコシがボールいっぱいになっていきます。  

給食の時、ゆであがったトウモロコシをみて

「僕たちが作ったトウモロコシ」???

「あっ色が違う」

「これとこれを合わせたらさっきの大きいのになるかな?」と

トウモロコシ話は続いていました。

今回は、トウモロコシという野菜を観察し、様々なことを想像し

いろんなことを学んだようです。

観たり、触れたりする経験って大切ですね。

 

 

 

 

 

 

夏の思い出  水遊び編

2015/09/29

子ども達の大好きな水遊び。

大きなプールにもすぐに慣れ、水の中に座ったり、

カメさんのように歩いたりと楽しんでいます。

IMG_0828_R

そして別の日、ボディソープを入れて泡を作ってみました。

そこに水遊びに出てきたスティーブン先生に

「これ、何かわかる?」

「あわあわよ。」

「さわってみる?」

「ふわふわよ」と自分が感じたことを話しています。

経験したことや感じたことを言葉で伝えることが

上手になってきました。

子ども達の言葉にゆっくりと耳を傾け、楽しさだけでなく

いろんな思いを共有していきたいですね。

DSCN1779_R
DSCN1776_R

泡だけすくうにはどうすればいいのかな?

「あーまたお水も入っちゃった」

何度も何度も挑戦し、やっとバケツいっぱいになりました。

「ほら見て、ソフトクリームよ。」と満足げな顔。

挑戦し達成感を味わった子ども達。また違う場面でも

自分なりの遊びを見つけて楽しむことができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

夏の思い出 来客編

2015/09/28

今年の夏も、クワガタムシやカブトムシが「こんにちは」と飛んできた西都保育園。

でも今年は、つばめも巣を作り、えさを運ぶ親ツバメやヒナをみることが子ども達だけで

なく私たち大人も日課となりました。

ヒナがかわいいだけでなく、休むことなくえさを運んだり、飛び方を教える親ツバメの姿に

送迎時の親子の会話が弾んでいました。

IMG_0278_R
巣作りを始めたツバメ。

 

IMG_0696_RIMG_0707_R
 えさを運ぶ親ツバメ。                             こんなに大きくなりました。

 

卵を温めている時は、少し遠くから見守るお父さん。

えさやりも、お互いに順番を待ち交互にヒナに与えます。

飛び方を見せるものの、自分で飛び出そうとするのを

じっと待つ親ツバメ、子どもの力を信じて

見守ることの大切さを改めて学んだ気がします。

IMG_0704_RIMG_0826_R
「こうやって飛ぶのよ」と飛び方を見せる親ツバメ。                   少しずつ距離が伸び電線で休憩しています。  

 

愛情をいっぱい受けて育ったヒナは8月に入り、元気に飛び立っていきました。

保育園の子ども達もいろんなことに挑戦し、たくましく育ってほしいと思います。